スポンサードリンク

« PCL2012 第17節 ベガルタ仙台レディース 3-0 パルセイロ・レディース | メイン | 第14回JFL第26節 横河武蔵野FC 1-1 AC長野パルセイロ »

第14回JFL第25節 V・ファーレン長崎 2-2 AC長野パルセイロ

 第14回JFL第25節(長崎市総合運動公園かきどまり陸上競技場/観客:2818人)
 V・ファーレン長崎 2-2 AC長野パルセイロ

 台風16号の接近で直前まで開催が危ぶまれていたJFL首位決戦,予定されていたイベントの類は中止になったものの試合自体は無事開催されました。

 私は今日も留守番組で,急遽仕事が入ってしまった為に試合中は速報を追う事も出来ず。ちょうど試合が終わった頃に仕事が片付き結果を確認すると2-2の引き分けで『あー,勝てなかったか…』とちょっとがっかりしていましたが,改めて試合展開を追うと終了間際の後半ATに同点ゴールで追い付いて引き分けとの事。こりゃ気分は完全に勝ち試合だな,さぞ盛り上がっただろうなと途端に現地組&リアルタイム速報組が羨ましくなります。

 試合は前半を0-0で終え,後半に入って48分に長崎が先制。62分に有永選手のゴールで一旦は追い付くも終盤86分に痛恨の失点で勝ち越され,このまま敗戦かと思われた後半AT,90+4分に小川選手の同点ゴールが決まり敵地で勝ち点1ゲット。このゴールがパルセイロのJFL通算100ゴールとなるオマケ付きでした。

 ところでこのゴール,どうもこぼれ球にパルセイロの3選手が詰めて押し込んだらしく試合後しばらくの間JFL公式サイトでは藤井選手,JFL公式モバイルでは寺田選手,クラブ公式twitterでは小川選手のゴールと情報が錯綜。JFL通算100ゴール企画との絡みもあって注目されていただけに留守番組twitter陣の混乱ぶりがちょっと面白かったです。

 次節は9/22にアウェイで横河武蔵野FCと対戦。来月の天皇杯3回戦でも当たりますがまずはリーグ戦,目の前の試合を1試合1試合応援しましょう!


このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連コンテンツ(Powered by Google)