スポンサードリンク

« 2013年08月 | メイン | 2013年10月 »

2013年09月 アーカイブ

2013年09月01日

a000765

PCL2013 第19節 パルセイロ・レディース 0-3 JFAアカデミー福島

 プレナスチャレンジリーグ2013 第19節(佐久総合運動公園陸上競技場/観客:327人)
 AC長野パルセイロ・レディース 0-3 JFAアカデミー福島

 JFAアカデミー福島を迎えて
 JFAアカデミー福島を迎えて

 パルセイロ・レディースのホームゲーム最終戦。対戦相手のJFAアカデミー福島は過去3年で8回対戦しパルセイロ・レディースの1分7敗という強豪ですが,今年はうちも随分強くなったしどこまで差を縮められたかな?という期待もあります。

 風下になった前半は互角の立ち上がりでシュートまで行ける場面もあり『おお,これは去年までとは一味違うぞ』と期待が高まります。しかし14分に失点するとやはりテクニック・スピード共に相手が1枚上手という状況が見えてきました。30分を過ぎた辺りから天候が悪化し41分には遂に雷雨となって試合中断,30分後に再開となりましたが再開直後に濱垣選手が2枚目のイエローカードで退場となってしまいます。
 0-1で迎えた後半を1人少ない状態で戦わねばならずこれはもう相当に厳しい結果になるかと覚悟しましたが,むしろこの後半の方が選手達の気迫が伝わって来る良いゲームでした。結局75分・89分と失点し0-3の敗戦,佐久初勝利はまたもお預けとなったものの,この後半の運動量と諦めない気持ちがあればもっと強くなれるし来シーズン早々に佐久初勝利が見られると思います。

 チャレンジリーグも大詰めで残るは2試合。次節は9/8,アウェイで静岡産業大学磐田ボニータと対戦です。

 ※2013シーズン日程・結果表を更新しました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年09月08日

a000766

PCL2013 第20節 静岡産業大学磐田ボニータ 4-1 パルセイロ・レディース

 プレナスチャレンジリーグ2013 第20節(エコパスタジアム/観客:208人)
 静岡産業大学磐田ボニータ 4-1 AC長野パルセイロ・レディース

 チャレンジリーグもいよいよ終盤,今日の試合を含めあと2節となりました。トップチームの天皇杯日程とダダ被りだった為今日の試合は完全に公式記録のみでの確認。7分にオウンゴールで先制するも11分,18分,31分と失点し前半だけでハットトリックを献上,後半は無失点で凌いでいたもののラストの90+2分に失点し1-4での敗戦。1試合を残し9勝1分11敗と残念ながらシーズン負け越しが決定しました。

 順位は現在9位で,残り試合や他チームの成績次第で最終順位は11位以上8位以下まで可能性があります。最終節は9/22,アウェイでJAPANサッカーカレッジレディースとの対戦です。最後は勝って1つでも上の順位でリーグを終えましょう!

 ※2013シーズン日程・結果表を更新しました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
a000767

第93回天皇杯2回戦 名古屋グランパス 0-2 AC長野パルセイロ

 第93回天皇杯全日本サッカー選手権大会2回戦(名古屋市港サッカー場/観客:3134人)
 名古屋グランパス 0-2 AC長野パルセイロ

 天皇杯2回戦
 天皇杯2回戦 vs名古屋グランパス

 天皇杯2回戦,いよいよJ1名古屋グランパスに挑戦です。普段なかなかアウェイには行けないのですが今回ばかりは諸々都合を付けてバスツアーに参加しました。ついでに写真も大きめに。名古屋市港サッカー場は立派なメインスタンドと電光掲示板の整った素晴らしい会場で今日はメインスタンドから応援。バックスタンドとゴール裏は芝生席ですが結構な傾斜があるのでこちらも観戦しやすそうでした。

 インタビュー
 会場に入ると宇野沢選手がインタビューを受けていました。どこの局だったんだろう。

 パルセイロゴール裏
 J1との対戦,それも比較的近場の名古屋での開催と言う事でパルセイロサポーターも大勢駆け付けました。声出し一発目から明らかにいつもと声量が違うので気合の入り具合が判ります。

 名古屋側バックスタンド
 名古屋サポーターさんはゴール裏ではなくバックスタンドに陣取ります。今日はパルサポ気合入ってるな,なんて思っていたらピッチ内練習時に人数も声量も段違いの応援を見せ付けられます。これがJ1か。

 さて,試合です。圧倒的に押されながらもなんとか凌いでカウンター,という展開を予想していたのですが立ち上がりからなんとか互角に…というか結構戦えています。すると13分に高野選手からパスを受けた佐藤選手がドリブルで持ち込み右足一閃,シュートはゴール左隅に突き刺さりなんとパルセイロが先制!まさかの展開にスタンドは狂喜乱舞,応援のボルテージも一気に上がります。その後もパルセイロが波状攻撃を仕掛ける場面すらあり41分には有永選手のシュートがGK楢崎選手に弾かれるものの有永選手がそのまま詰めてヘディングでゴール!2-0でパルセイロリードと全く予想していなかった展開で前半を終えます。

 後半に入ると名古屋はストイコビッチ監督が『今日は休ませる予定だった』と言う玉田選手,小川選手を投入しパルセイロは立ち上がりから防戦一方になる厳しい展開に。58分に名古屋の石櫃選手がファウルを受けた後の報復行為(?)で一発退場しパルセイロ有利になるかと思ったのですが,名古屋が怒涛の攻撃を仕掛ける厳しい展開は変わらず。パルセイロ側はゴール裏だけでなくスタンドも総立ち状態で絶叫に近い声援を送ります。試合はこのまま長い長い残り時間とこれまた長いATを無失点で凌いで2-0でパルセイロの勝利。2年連続のJ1撃破で3回戦進出となりました。

 試合終了
 勝った!勝った!

 試合後挨拶
 試合後の挨拶

 
 最近ラインダンスの動画しか撮ってないぬけがらチャンネルですが,やっぱり今日のラインダンスも撮っておきたかったので。

 試合終了後『これで明日の新聞1面は貰った!』と思っていたら明日は新聞休刊日。しかも今日は東京五輪決定という超ビッグニュースがあったので報道の扱いもきっと大きくないんだろうな,というなんともパルセイロらしい状況です。まあそんなちょっと『持ってない』ところも含めてこのクラブが好きですw

 3回戦の相手はJ2ギラヴァンツ北九州となりましたが日時・会場共に正式発表が無いのでアナウンスがあり次第日程表を更新します。いづれにせよ天皇杯は来月まで無く来週からはリーグ戦が再開。次節は9/15にいきなり首位決戦,アウェイでカマタマーレ讃岐との対戦です。天皇杯の勢いそのままに讃岐を倒して首位奪還と行きましょう!

 ■トーナメント表(1回戦~3回戦)
トーナメント表(1回戦~3回戦)

 ※2013シーズン日程・結果表を更新しました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年09月12日

a000768

第93回天皇杯3回戦 会場・日時決定

 天皇杯3回戦,ギラヴァンツ北九州戦の会場と日時が発表されました。
 名古屋市瑞穂公園陸上競技場にて10月13日(日)15:00キックオフです。

 去年はJリーグ勢の順当勝ちを想定して予め3回戦まで会場を決定していたら2回戦でジャイアントキリングが相次ぎ【讃岐vs浦和@佐賀】とか【今治vs町田@広島一球】とか【長野vs武蔵野@札幌厚別】なんてとんでもない組み合わせになった事もあってか今年は2回戦終了後に3回戦会場を決定する方式に。で,今日発表されたのが【長野vs北九州@瑞穂陸】…って去年の反省が全然生かされてねえw

 どうも複数会場を押さえておいて2回戦の結果が出てから最終決定したみたいなんですが,このカード用に押さえていたのが瑞穂陸ととりスタだったなんて話もあり。まあパルサポとしてはとりスタより瑞穂陸の方がずっと近いのでこれはこれで良かったのかな。去年果たせなかった4回戦進出目指して皆で応援に行きましょう!

 ■トーナメント表(1回戦~3回戦)
トーナメント表(1回戦~3回戦)

 ※2013シーズン日程・結果表を更新しました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
a000769

AFF女子選手権2013 GL#1 フィリピン女子代表 1-4 日本女子選抜

 東南アジア女子サッカー選手権2013 グループリーグ第1戦 (@Youth Training Centre[ミャンマー/ヤンゴン])
 フィリピン女子代表 1-4 日本女子選抜

 【得点者】
  4分 田中真理子(スフィーダ世田谷FC)
 21分 高橋美夕紀(新潟医療福祉大学)
 45分 橋浦さつき(AC長野パルセイロ・レディース)
 79分 今井晴香(INAC神戸レオネッサ)
 85分 Heather Cooke[フィリピン女子代表]

 パルセイロ・レディースの橋浦選手が日本女子選抜のメンバーに選ばれてミャンマー遠征に参加する,というビッグニュースが先月末にありました。フル代表(いわゆるなでしこジャパン)では無いものの日の丸を背負って代表ユニで戦う初のパルセイロ所属選手と言う事でブログにどう書こうか悩んでいる内に大会が始まってしまいました。

 でも大会が始まったって日本じゃ殆ど情報が入ってこないだろうな…なんて思っていたら現地ミャンマーのサッカー情報を伝えるtwitterfacebookで試合速報をリアルタイムに確認できる事が判明。すげえ!インターネットすげえ!しかも橋浦選手がゴール決めてる!

 …で,そもそもAFF女子選手権って何よ?という話なんですが『東南アジア女子サッカー選手権』という東南アジア各国のナショナルチームによる女子サッカー国際大会だそうで。今回の日本女子選抜の様に東南アジア以外の招待国が参加する事もある様です。今回は総勢10ヶ国が参加,5ヶ国ずつ2グループに分かれてグループリーグを行い各グループ上位2ヶ国で準決勝・決勝(と3位決定戦)を行うとの事。日本女子選抜はチャレンジリーグの選手を中心に学生やなでしこリーグの若手選手を加えた編成。メンバー詳細や試合日程はJFAのサイトに掲載されています。

 ※なんて調べ物をしながら書いてたら今日の写真が!うわ本当に代表ユニ着てる!うわー!すげー!うわー!(橋浦選手は今大会#9を付けています)

このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年09月14日

a000770

第35回皇后杯北信越1回戦 パルセイロ・レディース 2-1 富山レディースSC

 第35回皇后杯全日本女子サッカー選手権北信越大会1回戦(日医工スポーツアカデミー)
 AC長野パルセイロ・レディース 2-1 富山レディースSC

 皇后杯本戦出場を賭けた北信越大会が富山県で開幕,遠征には行けないので今回も速報を追っていました。勝ち進めば3日連続で試合を行なう事になるこの大会,初戦はここまで出場機会の少なかった選手中心で臨んだ様ですが18分に失点し0-1のまま前半終了。後半に入ると主力組の田中選手・内山智代選手・内山朋香選手を相次いで投入,75分に内山朋香選手のゴールで追い付き80+2分(という事は40分ハーフ?)に浦崎選手の逆転ゴールでなんとか初戦突破となりました。

 1回戦,その他の試合結果は以下の通り。
 福井工大付属福井高校 4-0 FCシュロス松本
 富山国際大学付属高校 1-4 FC.TONレディース
 新潟医療福祉大学 0-1 JAPANサッカーカレッジレディース

 この結果明日の準決勝は福井工大付属福井高校との対戦になりました。福井工大付属福井高校は福井県代表として出場した先月の国体北信越予選でパルセイロ・レディース主体の長野県代表に敗れて国体出場を逃しておりそのリベンジに燃えているとか。しかしパルセイロ・レディースとしても負ける訳には行きません。明日勝って最終日を待たずに皇后杯本戦出場を決めたい所です。

 ■トーナメント表
トーナメント表

 ※2013シーズン日程・結果表を更新しました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年09月15日

a000771

第35回皇后杯北信越準決勝 パルセイロ・レディース 1-4 福井工大付属

 第35回皇后杯全日本女子サッカー選手権北信越大会準決勝(日医工スポーツアカデミー)
 AC長野パルセイロ・レディース 1-4 福井工大付属福井高校

 北信越国体のリベンジに燃える福井工大付属福井高校との対戦,パルセイロ・レディースもここで皇后杯出場を決めようと主力メンバーが先発した様です。twitter等で試合の大まかな流れしか追えませんでしたが,前半に内山朋香選手のゴールで先制し1-0でリードしたまま試合終盤まで進んだものの後半終了間際に痛恨のPKを与えてしまい同点。延長に入ると福井工大付属の勢いを止められず延長前半2失点,延長後半にも1失点し1-4の大敗となってしまいました。

 準決勝のもう一試合はJAPANサッカーカレッジレディースがFC.TONレディースに貫禄の7-0勝ち。この結果,福井工大付属福井高校とJAPANサッカーカレッジレディースが皇后杯出場権を獲得,残る1枠をパルセイロ・レディースとFC.TONレディースが争う事になりました。今日の敗戦はちょっと後を引きそうな悪い流れでしたがなんとか切り替えて,明日は是非皇后杯出場を決めて欲しいですね。

 ■トーナメント表
トーナメント表

 ※2013シーズン日程・結果表を更新しました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
a000772

AFF女子選手権2013 GL#2 日本女子選抜 8-0 インドネシア女子代表

 東南アジア女子サッカー選手権2013 グループリーグ第2戦 (@Youth Training Centre[ミャンマー/ヤンゴン])
 日本女子選抜 8-0 インドネシア女子代表

 【得点者】
 17分 大関美優(日本体育大学)
 25分 高橋美夕紀(新潟医療福祉大学)
 38分 高橋美夕紀(新潟医療福祉大学)
 45分 三橋明香(常盤木学園高等学校)
 46分 三橋明香(常盤木学園高等学校)
 52分 小松未奈(FC吉備国際大学Charme)
 67分 三橋明香(常盤木学園高等学校)
 90+1分 堀内沙也香(スペランツァFC大阪高槻)

 パルセイロ・レディースの橋浦選手が日本女子選抜として参加している東南アジア女子サッカー選手権2013,グループリーグの第2戦が昨日行なわれました。…で,現在のところ有力な情報源が現地facebookのスコア速報とJFA公式だけなのでJFA公式の方が更新されないと得点者しか判らず,8-0の大勝は良いのですが肝心の橋浦選手が出場したのかどうかは不明です。前回のフィリピン戦は翌日には更新されたのでインドネシア戦もそろそろ更新されると思うのですが。

 このグループリーグ,日本女子選抜の他にミャンマー・ラオス・フィリピン・インドネシア女子代表が参加しており上位2ヶ国が決勝トーナメントに進出となります。東南アジアの女子サッカーに触れる機会が全く無かったので各国の力関係と言うかレベル差が判らなかったのですが,グループリーグの経過を見ると日本女子選抜と地元ミャンマー女子代表が頭ひとつ抜けていそうな感じです。

 追記)
 JFA公式が更新されました。橋浦選手はベンチ入りしたものの出場は無かった様です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
a000773

第15回JFL第25節 カマタマーレ讃岐 0-0 AC長野パルセイロ

 第15回JFL第25節(香川県立丸亀競技場/観客:4106人)
 カマタマーレ讃岐 0-0 AC長野パルセイロ

 天皇杯関連の中断期間が終わり1ヶ月ぶりにリーグ戦が再開,初戦からいきなりアウェイでカマタマーレ讃岐との首位決戦です。私は今日も留守番組,パブリックビューイングにも行けず結果のみ確認となりました。

 台風が接近し雨が降る中行なわれた今日の試合,現地組によるとピッチが水含みでかなり酷いコンディションだったらしくパスサッカーが信条のパルセイロにとって特に厳しい環境。スタッツなどを見てもやはり劣勢だった様ですが無失点で凌いでスコアレスドロー,もちろん敵地で勝って首位奪還と行きたい所でしたがこの状況でドローは御の字かなと思います。

 次節は9/22,天皇杯でパルセイロ同様ジャイアントキリングを達成したツエーゲン金沢とのアウェイゲーム。次回ホームゲームは9/29のHOYO大分戦,会場はもちろん佐久総合運動公園陸上競技場です。

 ※2013シーズン日程・結果表を更新しました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年09月16日

a000774

第35回皇后杯北信越3位決定戦 パルセイロ・レディース 9-1 FC.TONレディース

 第35回皇后杯全日本女子サッカー選手権北信越大会3位決定戦(日医工多目的緑地グランド)
 AC長野パルセイロ・レディース 9-1 FC.TONレディース

 皇后杯北信越第3代表を賭けた3位決定戦。昨日の準決勝で終盤に逆転負け,今日は台風の影響で試合開始時刻が10:00⇒14:00に変更になるなど色々と難しい状況でしたが終わってみれば前半4点に後半5点の合計9得点で大勝。2年ぶりに皇后杯本戦出場権を獲得しました。

 前述の通り今日は台風の影響で3位決定戦が14:00に変更となったので当初13:00に予定されていた決勝戦は10/20へと延期された様です。北信越の出場枠は3チームなので決勝進出の福井工大付属福井高校とJAPANサッカーカレッジレディースは昨日の時点で既に皇后杯出場を決めており,別に後日決勝をやらなくても両チーム優勝でいいんじゃないの?と思ったのですが北信越第1代表か第2代表かで皇后杯本戦の組み合わせ抽選に影響するのかもしれません。

 皇后杯本戦は11月下旬開幕としばらく先になりますが来週はチャレンジリーグ最終節があります。9/22にアウェイでJAPANサッカーカレッジレディースとの対戦,この北信越大会でパルセイロ・レディースは3試合とも先発メンバーをある程度入れ替えていた様なのでこれを踏まえて選手の入れ替えがあるかもしれませんね。最終戦に勝って1つでも上の順位を目指しましょう!

 ■トーナメント表
トーナメント表

 ※2013シーズン日程・結果表を更新しました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年09月17日

a000775

AFF女子選手権2013 GL#3 ラオス女子代表 1-4 日本女子選抜

 東南アジア女子サッカー選手権2013 グループリーグ第3戦 (@Youth Training Centre[ミャンマー/ヤンゴン])
 ラオス女子代表 1-4 日本女子選抜

 【得点者】
 22分 [ラオス女子代表]
 66分 橋浦さつき(AC長野パルセイロ・レディース)
 70分 高橋美夕紀(新潟医療福祉大学)
 83分 高橋美夕紀(新潟医療福祉大学)
 90+1分 今井晴香(INAC神戸レオネッサ)

 パルセイロ・レディースの橋浦選手が日本女子選抜として参加している東南アジア女子サッカー選手権2013,グループリーグの第3戦が昨日行なわれました。今回はミャンマーサッカー連盟の速報が見当たらなかったのでJFA公式にて結果を確認。

 橋浦選手は0-1とリードされた後半から出場し66分に同点ゴールを決めたとの事。素晴らしい!その後も日本女子選抜が得点を重ねて4-1で逆転勝ちとなりました。日本女子選抜はこれで開幕3連勝,同じく開幕3連勝の地元ミャンマー女子代表と共に決勝トーナメント進出が決まりました。グループリーグ最終戦を含めあと3試合出来る事になりましたので橋浦選手にとっても経験を積む良い機会です。ここまでチャンスを貰った試合は全て結果を残していますからこの調子で頑張って欲しいですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年09月18日

a000776

AC長野パルセイロ J3スタジアム審査・J3ライセンス審査承認

 J3準備室特設サイトによると来シーズンから発足するJ3参入に向け,パルセイロのJ3スタジアム審査・J3ライセンス審査が承認されたとの事。これでJ3参入のステップ2が完了して残るはステップ3のJ3入会審査とステップ4の競技成績,但し後述の通り競技成績については事実上クリアしていますので実質的にはJ3入会審査を残すのみとなりました。

 来シーズンJ3参入の可能性があるクラブの状況は

 【J2ライセンス申請中】
 ・FC町田ゼルビア(JFL)
 ・ツエーゲン金沢(JFL)
 ・カマタマーレ讃岐(JFL)

 【準加盟/J3スタジアム審査/J3ライセンス審査 承認済】
 ・ブラウブリッツ秋田(JFL)
 ・SC相模原(JFL)
 ・AC長野パルセイロ(JFL)

 【準加盟/J3スタジアム審査 承認済】
 ・Y.S.C.C(JFL)
 ・グルージャ盛岡(東北1部)
 ・アスルクラロ沼津(東海1部)
 ・レノファ山口(中国)

 【準加盟 承認済】
 ・福島ユナイテッドFC(JFL)
 ・藤枝MYFC(JFL)
 ・FC琉球(JFL)
 ・ヴァンラーレ八戸(東北1部)
 ・tonan前橋(関東1部)
 ・奈良クラブ(関西1部)

 となっています。

 ステップ4の競技成績は (1)J2からの降格クラブ ⇒ (2)JFL所属クラブ[成績順] ⇒ (3)地域決勝 決勝ラウンド進出クラブ[成績順] ⇒ (4)その他地域リーグ所属クラブ[総合的に判断] の順にJ3参入,となっておりパルセイロは(2)に該当。先ほど挙げたクラブが全てステップ3をクリアしたとしても(2)までで10クラブ,J3は12クラブで発足する事が決まっており若手選抜のJ3特別参加枠が認められたとしても残りは11ですからJFL所属クラブは事実上ステップ4をクリアした事になります。

 J3創設が発表された当初からパルセイロは当確と言われてはいましたが,いよいよ来シーズンからのJ3参入が濃厚になって来ました。そうなると今年はパルセイロにとって最後のJFL,なんとしても優勝して有終の美を飾りたいですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年09月19日

a000777

AFF女子選手権2013 GL#4 ミャンマー女子代表 0-3 日本女子選抜

 東南アジア女子サッカー選手権2013 グループリーグ第4戦 (@Youth Training Centre[ミャンマー/ヤンゴン])
 ミャンマー女子代表 0-3 日本女子選抜

 【得点者】
 60分 橋浦さつき(AC長野パルセイロ・レディース)
 84分 橋浦さつき(AC長野パルセイロ・レディース)
 86分 高橋美夕紀(新潟医療福祉大学)

 パルセイロ・レディースの橋浦選手が日本女子選抜として参加している東南アジア女子サッカー選手権2013,グループリーグ最終戦が昨日行なわれました。結果はミャンマーサッカー連盟のスコア速報ですぐに判りましたが,先ほどJFA公式にてスタメンなど詳細を確認。

 選手コメントを見ると地元ミャンマー女子代表との対戦と言う事で完全アウェーの雰囲気だった様です。橋浦選手は0-0のまま迎えた後半から出場し60分に先制ゴール,続く84分にも貴重な追加点を挙げました。これで今大会4得点,得点王も狙えるか?と思ったらこの試合でダメ押しの3点目を決めた高橋選手は4試合で6得点との事。こちらも凄い!

 これで日本女子選抜は全勝でグループBを1位通過,準決勝でグループA2位のベトナム女子代表と対戦します。グループB2位となったミャンマー女子代表はグループA1位のU-19オーストラリア女子代表との対戦になります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年09月21日

a000778

AFF女子選手権2013 準決勝 日本女子選抜 2-1 ベトナム女子代表

 東南アジア女子サッカー選手権2013 準決勝 (@Youth Training Centre[ミャンマー/ヤンゴン])
 日本女子選抜 2-1 ベトナム女子代表

 【得点者】
 35分 [ベトナム女子代表]
 89分 須永愛海(仙台大学)
 94分 高橋美夕紀(新潟医療福祉大学)

 パルセイロ・レディースの橋浦選手が日本女子選抜として参加している東南アジア女子サッカー選手権2013,準決勝が昨日行なわれました。JFA公式の更新はまだですがASEANサッカー連盟のサイトに試合記事が掲載されています。

 拙い英語力をインターネットの力で補いつつ翻訳すると多分こんな感じ。意訳なんで表現等は適当に盛ってます。

 ------------------------------------------------------------------------------------------------------
 東南アジア女子サッカー選手権:
 日本女子選抜が前回大会優勝のベトナム女子代表を破る

 ヤンゴン(2013年9月20日)- Youth Training Centre で行なわれた東南アジア女子サッカー選手権準決勝第2試合は日本女子選抜が前回大会優勝のベトナム女子代表を2-1(延長)で下し決勝進出を決めた。土壇場の2ゴールで逆転勝利した日本女子選抜は2日後に行なわれる決勝でU-19オーストラリア女子代表と対戦する。

 豪雨の中行なわれた試合は両チームのプレーに影響を与えた。日本はカウンター狙いで引いて守るベトナムから得点を奪えず,35分には日本ディフェンス陣のミスを突いたベトナムが先制。

 0-1とベトナムリードで迎えた後半,日本は俊足のMF橋浦さつきを投入しベトナムのバックラインにプレッシャーをかける。このままベトナムが決勝進出かと思われた試合終了間際の89分,DF須永愛海が30mのロングシュートを決め試合は延長戦へ。

 勢いに乗る日本は延長前半4分,コーナーキックのこぼれ球をFW高橋美夕紀が決めて逆転。同点ゴールからわずか6分で逆転した日本が決勝進出を決めた。一方,勝利を目前にしていたベトナムはあと一歩の所で決勝進出を逃した。

 【準決勝結果】
 U-19オーストラリア女子代表 2-1 ミャンマー女子代表
 日本女子選抜 2-1(延長) ベトナム女子代表
 ------------------------------------------------------------------------------------------------------

 橋浦選手は後半から出場した様ですが,途中出場した事が記事になる位なので直接のゴールは無くとも勝利に貢献する活躍が出来た様ですね。それにしてもまた高橋選手が決めましたか。これで5戦連続の通算7ゴール,まだ大学2年生との事ですが卒業後の進路が気になります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年09月22日

a000779

PCL2013 第22節 JSCレディース 3-1 パルセイロ・レディース

 プレナスチャレンジリーグ2013 第22節(JAPANサッカーカレッジグラウンド/観客:178人)
 JAPANサッカーカレッジレディース 3-1 AC長野パルセイロ・レディース

 チャレンジリーグ最終節,目下順位争いの相手であるJAPANサッカーカレッジレディースとアウェイの地で直接対決です。今日はトップチームの応援で金沢遠征に行っていたので結果のみ確認となりましたが前半立ち上がりから9分・11分と連続失点しいきなり2点のビハインド。71分に浦崎選手のゴールで1点差に詰め寄るも81分に追加点を奪われ1-3で敗戦となりました。公式記録を見てもやはり劣勢が伺えます。

 これでチャレンジリーグの全日程を終了,パルセイロ・レディースは9勝1分12敗の勝点28で16チーム中11位…と言いたい所ですが勝点25で現在12位のバニーズ京都SCが台風で延期となった1試合を残しておりこの結果次第では12位になる可能性もあります。残留争いに喘いだ昨年と比べれば格段に進歩しましたが,上を目指すとなるとその道のりはまだまだ険しそうです。

 リーグ戦は終わりましたがシーズンはまだ続きます。一部の選手は今月末から行なわれる東京国体に長野県代表として出場,パルセイロ・レディースとしても11月末から始まる皇后杯に出場が決まっています。

 ※2013シーズン日程・結果表を更新しました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
a000780

第15回JFL第26節 ツエーゲン金沢 1-2 AC長野パルセイロ

 第15回JFL第26節(西部緑地公園陸上競技場/観客:3377人)
 ツエーゲン金沢 1-2 AC長野パルセイロ

 西部緑地公園陸上競技場にて
 西部緑地公園陸上競技場にて

 JFL昇格以降あまりアウェイには行っていなかったのですが,今回は比較的近場の金沢と言う事で諸々都合付けて遠征に行きました。これまでホームゲーム至上主義的な所もあったけれどやはりアウェイはアウェイで楽しいですね。特に今日の様な勝ち試合だと楽しさも倍増です。

 写真を多めに撮ったのでそちらを中心に。

 金沢12番カレー
 金沢12番カレーなる物を買ってみました。鶏肉が美味しかった。

 金沢12番カレー
 …で,今写真を整理して改めて見たら野菜が売りだったのね。鶏肉以外の具が記憶に無いんですが…

 少年サッカー
 試合前に行なわれていた少年サッカー。チームによって結構実力差があるのかパルセイロ側のピッチではオレンジのチーム緑のチームに対して一方的な試合をしておりテンションが上がりますw

 ゲンゾー君
 ツエーゲンのマスコット,ゲンゾー君が半沢直樹ばりに『倍返しだ!』と煽りに来ました。ブーイングするとしっかりリアクションを返してくれる良い子です。ちなみにゲンゾー君はこの後ゴール裏まで煽りに行ってパルサポと水鉄砲打ち合ってましたw

 西部緑地
 西部緑地には初めて来ましたがスタンドに高さと傾斜があって陸上競技場でも充分観易く,手すりが低いので最前列でもご覧の通り視界良好。Jリーグ規格を満たす為これから改修工事に入るとの事でしたがこんな立派なスタジアムでも現状では規格外なんですね…

 肝心の試合は開始から2分,宇野沢選手がドリブル突破からゴールを決めいきなり先制。あまりに早い時間帯だったので喜ぶより先に呆気に取られてしまいました。開始早々の得点って後の展開が難しくなりがちなんだよな…と思っていると案の定27分に同点ゴールを決められここから金沢ペースに。劣勢かな,と思っていた45+1分に田中恵太選手が勝ち越しゴールを決め2-1で前半を終了します。後半に入っても金沢ペースが続き危ない場面が何度もありましたが無失点で凌ぎこのまま2-1で勝利。公式記録のスタッツを見ても劣勢の試合をなんとか勝った事が判ります。

 ラインダンス!
 勝利のラインダンス!

 他会場では首位の讃岐が秋田に負けた為,第26節を終わってパルセイロが首位返り咲きとなりました。JFLも残り8節,最後まで激しい優勝争いが続きます。次節は9/29,ホーム佐久陸にHOYO大分を迎えてのホームゲームです。

 ※2013シーズン日程・結果表を更新しました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年09月24日

a000781

AFF女子選手権2013 決勝 U-19オーストラリア女子代表 1-1(PK3-5) 日本女子選抜

 東南アジア女子サッカー選手権2013 決勝 (@Youth Training Centre[ミャンマー/ヤンゴン])
 U-19オーストラリア女子代表 1-1(PK3-5) 日本女子選抜

 【得点者】
 20分 [U-19オーストラリア女子代表]
 48分 加賀孝子(仙台大学)

 パルセイロ・レディースの橋浦選手が日本女子選抜として参加している東南アジア女子サッカー選手権2013,一昨日決勝戦が行われ日本女子選抜がPK戦の末U-19オーストラリア女子代表を下し見事優勝しました!パルセイロ所属選手が遂に国際タイトル獲得です!

 JFA公式によると橋浦選手は後半から出場した模様。これで本大会6試合中5試合に出場し4得点,出場した5試合とも45分(決勝は延長含め75分)と限られた時間でしたがきちんと結果を残しました。橋浦選手は今月末に開幕する東京国体でも長野県選抜に選ばれており,パルセイロ・レディースとしても11月に皇后杯が控えています。是非この経験をチームに還元してより上を目指して欲しいですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年09月29日

a000782

第15回JFL第27節 AC長野パルセイロ 2-0 HOYO大分

 第15回JFL第27節(佐久総合運動公園陸上競技場/観客:2119人)
 AC長野パルセイロ 2-0 HOYO大分

 HOYO大分を迎えて
 HOYO大分を迎えて

 中断期間を挟み1ヵ月半ぶりのホームゲームは朝から文句無しの快晴,トップチームの試合で天気を心配しなかったのはいつぶりだろうかと考えてしまいます。対戦相手のHOYO大分は昨年15位,今年も現在13位と苦戦していますがパルセイロが昨年唯一2連敗を喫した相手でもあり難しい試合が予想されます。

 今日も写真をあれこれと。

 だんご
 だんご(あんこ)¥150
 朝食が遅めだったので昼の時点でお腹が空いておらず,小林食品でだんごのみ購入。結構大きくて食べ応えがあります。ハーフタイムに小腹が空いたのでフランクフルト(¥250)を追加購入したけどこっちは写真撮り忘れ。

 佐藤選手セレモニー
 佐藤選手が第25節の讃岐戦でJFL通算100試合出場達成との事でキックオフ前にセレモニー。でも肝心の試合では若干精彩を欠いたかな…

 パルセイロゴール裏
 パルセイロゴール裏は今日も元気一杯

 HOYOゴール裏
 HOYOゴール裏では少数精鋭のサポーターさんが熱く応援。
 キックオフ後更に増えて最終的にはこの写真の1.5倍ほどに。

 さて試合です。HOYOボールでのキックオフ後,パルセイロがボールを奪って速攻から宇野沢選手のヘディングシュートがバーを叩きます。キックオフ直後の速攻に会場のボルテージも一気に上がります…が,その後は折角サイドを駆け上がっても中央に人数が足りずクロスが上げられなかったりゴール前まで持ち込んでも人数をかけて守るHOYOに対してパスの出し所が無くシュートまでいけなかったりとフラストレーションの溜まる展開。しかしこのまま0-0で前半終了かと思われた45分に畑田選手が高い位置で相手のバックパスを奪うとドリブルで持ち込みゴール!良い時間帯に先制し1-0で前半を終えます。
 後半に入って56分,宇野沢選手のシュートが相手DFに跳ね返された所にまたも畑田選手が詰めて豪快に蹴り込み追加点!その後も再三サイドを駆け上がるのですがやはり中央の人数が足りない為か追加点には至らずこのまま2-0で終了。正直もうちょっと出来るかなーとも思いましたがこれでHOYOに初の完封勝ち,連勝で首位キープとなりました。

 試合後挨拶
 お疲れ様でした!次も勝とう!

 次節は10/6にアウェイでホンダロックSCとの対戦,長野駅前でパブリックビューイングのイベントもある様です。次回ホームゲームは10/20に佐久陸でFC町田ゼルビアとの対戦になります。

 ※2013シーズン日程・結果表を更新しました。
 ※今週の選手カードを更新しました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年09月30日

a000783

第68回国体サッカー女子1回戦 長野県女子選抜 1-2 大阪府女子選抜

 第68回国民体育大会サッカー女子1回戦(スポーツと文化の森 谷戸沢サッカー場/観客:525人)
 長野県女子選抜 1-2 大阪府女子選抜

 東京国体が開幕し,今日はサッカー女子1回戦でパルセイロ・レディース主体の長野県女子選抜が大阪府女子選抜と対戦しました。長野県女子選抜にはパルセイロ・レディースから本田監督を始め松本・波多野・小松・篠原・田中・内山(智)・髙木・浦崎・内山(朋)・濵垣・橋浦・吉田の12選手が選出されておりここに信州大学から鈴木梓・大平理恵 両選手と松商学園高校から高橋あすか選手を加えた編成となっています。対する大阪府女子選抜は大学生・高校生を中心にした編成との事。

 国体は35分ハーフの70分。平日開催なので応援には行けず試合後にtwitterと公式記録を確認しましたが,45分に先制されるも62分に橋浦選手のゴールで追い付き10分ハーフの延長戦へ。延長も両チーム得点無くこのままPK戦か,と思われた終了間際の90分に痛恨の失点。惜しくも1回戦敗退となってしまいました。

 これで今シーズン残るは皇后杯のみとなりました。開幕は11/23と2ヶ月近く先になり,それまで公式戦が無い事から調整も難しいかもしれませんがなんとか良いコンディションで臨んで欲しいですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

About 2013年09月

2013年09月にブログ「ぬけがら」に投稿されたすべてのエントリです。新しい順に並んでいます。

前のアーカイブは2013年08月です。

次のアーカイブは2013年10月です。

他にも多くのエントリがあります。メインページアーカイブページも見てください。

スポンサードリンク

Powered by
Movable Type
@Style