« 2015年07月 | メイン | 2015年09月 »

2015年08月 アーカイブ

2015年08月02日

a001008

PNL2 2015 第18節 アンジュヴィオレ広島 0-4 パルセイロ・レディース

 プレナスなでしこリーグ2部 2015 第18節(コカ・コーラウエスト広島スタジアム/観客:555人)
 アンジュヴィオレ広島 0-4 AC長野パルセイロ・レディース

 エース横山選手が東アジア選手権で代表召集,主力の齊藤選手が故障で離脱中と厳しい状況でアウェイに乗り込んだアンジュヴィオレ広島戦。苦しい戦いが予想されましたが試合は7分に濵垣選手が先制ゴールを挙げると10分に内山朋香選手,17分に内山智代選手,21分に矢島選手が立て続けに追加点を挙げ前半だけで4得点。後半は広島が攻勢に出た様ですが無失点に押さえて4-0で勝利となりました。主力を欠いた中で上位チーム相手にこの結果,チーム力の底上げを実感します。

 これでリーグ戦は二順目を終了。中断期間に入るため次節は9/6,東和田にスフィーダ世田谷FCを迎えてのホームゲームです。

 ※2015シーズン日程・結果表を更新しました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年08月03日

a001009

2015 J3リーグ第24節 藤枝MYFC 2-1 AC長野パルセイロ

 2015 明治安田生命 J3リーグ 第24節 (藤枝総合運動公園サッカー場/観客:1417人)
 藤枝MYFC 2-1 AC長野パルセイロ

 
 vs藤枝MYFC

 芳しくない内容での2試合連続ドローに嫁さんもサポ仲間も皆しおしおになっているので,ハイライトもろくに確認出来ていない私は『そんなに酷いんかいな?』と確認の為藤枝へ。

 
 藤枝に到着するとそこにはパルサポの開場待ち行列。おお,なんだかんだ言いながらもこの意気込みはまだまだ捨てたもんじゃないな。

 
 開場後,席を確保したらまずはここに

 
 ■藤枝ハイボール(¥500)
 藤枝遠征ではお馴染みのハイボール,これもう本当に大好きで冗談抜きに今回の目的の一つです。美味しい美味しいと喜んでいたらサポ仲間に二杯目をご馳走になってしまって試合前からご機嫌でしたw

 ■まぐろ唐揚げ(¥250)
 ご当地グルメとの事で購入,周りがサクサクで中身はもっちり。思ったより塩分多めなのでお酒が進みます。

 
 ここは俺達のホームだと言わんばかりのパルサポ。ユニ着用の声出しサポは藤枝を圧倒しています。

 
 一方少数精鋭の藤枝サポ…と思いきや何もユニ着用や声出しだけがサポートではありません。メインスタンドの半分以上は藤枝を応援するサポーターで,チャンスでは歓声が挙がりゴール時はかなり盛り上がっていました。

 さて,試合です。夏場に即戦力を補強,本来美濃部監督が志向していた4バックに変更し後半戦から追い上げ…との目論見からわずか4試合で補強選手3人全員をスタメンから外し3バックに戻した辺りにも苦悩が見えます。勝手知ったるフォーメーションとでも言いますか,勝又選手の惜しいシュートがバーをかすめるなど立ち上がりはそれほど悪くない流れ。しかし26分に『藤枝のパルキラー』大石選手に先制ゴールを許すと途端に積極性が無くなり横パスバックパスの繰り返しでげんなり。そんな中でも山田選手が1人気を吐き59分にはその山田選手のクロスから有永選手が同点ゴール。その後しばらく互いにチャンスを作るも得点は動かず,83分勝又選手に代わって小山内選手投入で『あれ?ここに来てまた4バック?』と思っていたらみるみる攻め込まれ,直後の85分またも大石選手が勝ち越しゴール。最後は藤枝がきっちり時間を消費して1-2で敗戦となりました。

 試合を観ての感想は,やる事なす事上手くいかずどうしたら良いのかわからないお手上げ状態といった感じ。次こそ,と期待しても一向に改善の兆しは見られず残り試合だけがどんどん減っていく。数字の上では可能性が残っているんでしょうけれど優勝なんて論外で入替戦進出もかなり難しいだろうな,と言うのが正直なところ。残留争いに苦しんでいた頃のレディースの様に結果は伴わなくとも選手達の気持ちや頑張りがガンガン伝わってくれば『厳しい中であれだけ選手が頑張っているのだから』とこちらも応援に力が入るのですが現状のトップを見るとそれも…うーん。と,結局私もしおしおになって帰って来ました。

 
 出口の見えないトンネルが続きます

 次節は8/9,福島ユナイテッドFCを迎えてのホームゲームです。キックオフ時刻が当初発表の19:00から17:00へと変更になっていますのでご注意下さい。

 ※2015シーズン日程・結果表を更新しました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年08月05日

a001010

美濃部監督辞任

 健康上の理由から本日付で美濃部監督の辞任が発表され,後任の監督に衛藤ヘッドコーチが就任しました。突然の辞任,それも健康上の理由という発表に驚きました。就任初年度でのJFL優勝と天皇杯躍進,翌年意気揚々と臨んだJ3で準優勝し入替戦に進出するも惜敗,今年はこれまで以上に優勝を義務付けられた雰囲気の中で臨むも思う様な結果を残せず,我々には想像出来ないプレッシャーとストレスもあったかと思います。本音を言えばたとえ結果が出なくともシーズン最後まで指揮を執って欲しかったのですが,とにかく今はご自愛下さい。

 シーズン当初から怪我人が続出,積極的に行った補強がなかなか成果を出せない中でも若手選手を続々と放出。おいおいパルセイロ大丈夫か…?と不安が募っていたところに今日の監督辞任。正直しんどいけれどそんな事情なんてお構いなしにシーズンは続きます。色々思うところもありますが試合となれば南長野へ行って選手に声援を送る,これだけは変わりません。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年08月10日

a001011

2015 J3リーグ第25節 AC長野パルセイロ 1-0 福島ユナイテッドFC

 2015 明治安田生命 J3リーグ 第25節 (南長野運動公園総合球技場/観客:4780人)
 AC長野パルセイロ 1-0 福島ユナイテッドFC

 
 福島ユナイテッドFCを迎えて

 美濃部前監督突然の辞任からわずか4日,衛藤監督の初陣です。本当は衛藤元監督とフルネームで書いて『新監督なのに元監督って!』的な小ネタを書こうかと思っていたのですがぼちぼちいこかでぼーさんに先を越されたので涙を呑んで割愛。結局書いてますが。

 それはともかく正真正銘のリスタート,皆が並々ならぬ思いで臨んだ試合です。

 
 今日はJAグリーン長野Presentsと言う事で先着500名に桃を配布。対戦相手の福島は桃の産地として全国的に有名ですが,長野も白桃の人気品種『川中島白桃』発祥の地として知られるなど決して引けを取りません。

 
 福島ブースでサッカースタジアム整備署名をしていたので協力。いちサッカーファンとして専スタの整備が進んで欲しいという思いと,南長野改修署名の時には他クラブのサポーターさん達にとてもお世話になったのでその恩返しも込めて。

 
 なんて綺麗事を並べてますが署名したら何か美味しい物が貰えそうだという下心ももちろんありますw 100%りんごジュースが濃厚で美味しい。

 
 こちらは福島市の観光PRキャラクター『ももりん』。配布用に積んであるのが可愛かったので嫁さんがブースの方に尋ねたらこんなに頂いてしまいました。ありがとうございます。

 
 パルセイロゴール裏は最前列に『魁!!美濃部塾』ダンマクと『美濃さんの想いを繋いでいこう!!! 衛藤監督行こうぜJ2 俺達がついている共に駆け上がれ』のメッセージダンマク。声出し一発目からハッキリと判る声量の違い,いつにも増して気合が入ってます。

 
 福島から駆け付けたサポーターさん。福島サポさんは毎回エール交換をして下さるので清々しい気持ちになります。

 試合はこれまでの停滞感を吹き飛ばす様に立ち上がりから前へ前へと積極的な攻撃,『これがパルセイロ本来の姿だ!』と言わんばかりにガツガツと攻め上がり会場を沸かせます。何度か良い形でチャンスを作った後21分に都並選手のクロスを仙石選手が押し込んで先制,今日の出来なら早い段階で追加点も…と期待が膨らみましたが先制後はやや落ち着き1-0で前半終了。ハーフタイムにはあちこちで『今日はいいね!攻撃的で面白い!』とニコニコ顔のパルサポ,この雰囲気は久しぶりです。しかし後半に入ると一転,バックパスを繰り返しズルズルとラインが下がる先週までの停滞状態に逆戻り。衛藤監督が盛んに『下がるな!』と指示を出しますが福島に主導権を握られる時間が多く厳しい展開。田中選手のビッグセーブや相手のミスに助けられなんとか1-0で勝利となりましたが前半と後半で別チームの様でした。

 衛藤監督の初陣を勝利で飾れた事は何よりですがまだまだ課題も多そう。それでも先週までのどうにもならない閉塞感からは脱出の兆しが見え,次節以降に期待が持てそうな試合でした。

 
 ここから怒涛の巻き返しなるか?

 次節は8/16,Jリーグ・アンダー22選抜を迎えてのホームゲームです。キックオフ時刻が当初発表の19:00から17:00へと変更になっていますのでご注意下さい。

 ※2015シーズン日程・結果表を更新しました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年08月17日

a001012

2015 J3リーグ第26節 AC長野パルセイロ 0-1 Jリーグ・アンダー22選抜

 2015 明治安田生命 J3リーグ 第26節 (南長野運動公園総合球技場/観客:4654人)
 AC長野パルセイロ 0-1 Jリーグ・アンダー22選抜

 
 Jリーグ・アンダー22選抜を迎えて

 前座として野澤・高野・旗手選手の引退試合が行われたホームゲーム。南長野は朝から大勢のサポーターで賑わいました。

 
 試合会場での食事は観戦の大きな楽しみ。ホームゲームでは事前に出店リストが発表されるので何を食べるかある程度目星を付けておくのですが,今日はリストに載っていた第一候補と第二候補が開場時点で共に出店しておらず,第三候補は出店していたものの今日は希望メニューを扱っていない…。さてどうしようかと散策して普段あまり立ち寄っていなかったJAグリーン長野さんのブースへ。

 
 ■牛めし (¥600)
 確か去年東和田でも食べたガッツリ系メニュー。冷めても柔らかくて美味しい,なんて感想を書いた覚えがありますが南長野では設備が整ったのかその場で温め直してくれました。

 
 トップチームの前座試合として行われたのは『Come Back!南長野!』と題した野澤・高野・旗手選手の引退試合。パルセイロOBの参加したNTHパルセイロファミリーと市立長野高校サッカー部の対戦は3-0でNTHパルセイロファミリーの勝利。

 
 試合後には3選手の引退セレモニーと記念撮影。お疲れ様でした。

 
 さて,本番の試合。ゴール裏は引退試合の和やかなムードから一転,臨戦態勢です。

 
 これまで選手個人の横断幕を張ってまったり見ていたJ-22ゴール裏に鳴り物応援が登場。出場選手の所属クラブサポさんでしょうか,それともJ-22専門のサポーター?

 試合は『先週の前半に見えた光明は幻だったのか…』とうなだれてしまう様な展開。以前と比べれば時折縦に放り込んで『おおっ』と思うシーンもあるのですが,やはり打つ手無くバックパスでじりじりとラインを下げる場面が目立ちます。今日はそんな中で山田選手の孤軍奮闘振りが特に際立ち,自身の致命的なボールロストから失点しそうな場面でスーパークリアを見せるなど悪い面良い面共にありましたが試合を通して貪欲にゴールを狙う姿勢・気迫が伝わってきました。そんな山田選手の頑張りもあってか後半はパルセイロ攻勢の場面も増え,何度か惜しいチャンスが続いてゴールの匂いもし始めたのですが得点には至らず,90分にカウンターから痛恨の失点で撃沈。0-1で敗戦となりました。

 リーグ戦二順目を終えて自力2位の可能性が消滅。昇格の可能性が残っている限り諦めない!選手を信じるんだ!と声高に叫んでも星勘定の現実は厳しさを増します。

 
 厳しい戦いが続きます

 次の試合は8/23に南長野で天皇杯出場を賭けた長野県選手権決勝,FC上田ジェンシャンと対戦。リーグ戦次節は9/6,アウェイでカターレ富山と対戦。次回ホームゲームは9/20,南長野に藤枝MYFCを迎えます。

 ※2015シーズン日程・結果表を更新しました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年08月23日

a001013

第20回県選手権決勝 AC長野パルセイロ 2-0 FC上田ジェンシャン

 第20回長野県サッカー選手権決勝(南長野運動公園総合球技場/観客:2837人)
 AC長野パルセイロ 2-0 FC上田ジェンシャン

 
 天皇杯長野県予選を兼ねた第20回長野県サッカー選手権決勝が行われ,パルセイロが2年ぶり4度目の優勝を決めました。

 
 今日は県協会主催試合のため出店もリーグ戦と比べるとやや小規模。メインスタンドに鮪神楽さんが出ていたのでそちらで調達。

 
 ■ホットドッグ(シングルウィンナー/テリヤキ) (¥400)
 いつもはスタンダードですがテリヤキソースもなかなか。

 
 前座としてコートを2面使ってAC長野パルセイロサッカースクール選抜 vs FC上田ジェンシャンジュニアの試合が行なわれました。チームとしてのまとまりはジェンシャンの方が1枚も2枚も上手,それでもパルセイロもカウンターから得点を決めていました。

 
 前座試合が終わりゴール裏もボルテージが上がりますが,やはりカップ戦となるとどうしてもリーグ戦より観客の入りが寂しくなります。

 
 ジェンシャン側ゴール裏は横断幕の多さに驚きました。前座試合を終えたジュニアの選手も合流してかなりの規模に。

 試合は戦前の予想通り攻めるパルセイロに守るジェンシャンと言った展開。ジェンシャンには元エルザ/パルセイロの選手が多数在籍しており今日は藤田信選手(2008-2013年在籍)と小原雅貴選手(2005-2007年在籍)が先発フル出場,横井孝幸選手(2006-2007年在籍)がベンチ入りしていました。メンバー表では藤田選手の1トップかな,と思っていたら実際にはMF登録の#26廣瀬龍弥選手が1トップ状態。この廣瀬選手が小柄な体格にも関わらず豊富な運動量でパルセイロから見て嫌らしいプレーを連発,一際存在感を放っていました。リーグ戦からメンバーをガラッと入れ替えたパルセイロも#26の光永選手が積極的な仕掛けを見せるなど存在感を発揮,今後リーグ戦でも活躍の場があるかもしれません。

 さて,そんなこんなで終始パルセイロが攻め立てますがジェンシャンの堅い守りやGKファインセーブ連発などで終盤まで0-0の状況。最悪このまま延長戦⇒PKもあるか?と思い始めた81分にPAギリギリの位置から大橋選手がミドルシュートをズドンと決めてようやく先制。攻めざるを得なくなったジェンシャンが前がかりになった所で85分にドリブルで仕掛けた菅野選手がゴール隅に流し込み追加点。このまま2-0でパルセイロが優勝を決めました。

 
 表彰式はピッチ上で行うのかと思っていたら選手がメインスタンドに上がって来賓席での表彰。まるで毎年正月にテレビで見ていた天皇杯の表彰の様です。

 
 ここ最近重苦しい雰囲気に包まれているパルセイロ,今日は久しぶりに全員が明るい笑顔を見せました。是非これをチーム浮上のきっかけにして欲しい!

 次の試合は8/30に南長野で天皇杯1回戦,山口県代表のレノファ山口FCと対戦。リーグ戦次節は9/6,アウェイでカターレ富山と対戦。次回ホームゲームは9/20,南長野に藤枝MYFCを迎えます。

 ■トーナメント表(5回戦~決勝)
トーナメント表(5回戦~決勝)

 ■天皇杯トーナメント表(1回戦~3回戦)
天皇杯トーナメント表(1回戦~3回戦)

 ※2015シーズン日程・結果表を更新しました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年08月30日

a001014

第95回天皇杯1回戦 AC長野パルセイロ 1-0 レノファ山口FC

 第95回天皇杯全日本サッカー選手権大会1回戦(南長野運動公園総合球技場/観客:2870人)
 AC長野パルセイロ 1-0 レノファ山口FC

 天皇杯1回戦
 天皇杯1回戦 vsレノファ山口FC

 天皇杯1回戦が南長野で開催との事で観戦してきました。スタジアム改修のおかげでこういった全国規模の試合が開催出来るのは長野にとっても有益な事です。今日は全席自由との事で2階席を転々と周って色々な角度から観戦,生憎の雨模様でしたが全周屋根付きスタジアムの恩恵を思う存分味わいました。

 
 今日も県協会主催試合のため出店は小規模,2試合連続で鮪神楽さんにて調達。

 
 ■ホットドッグ(ダブルウィンナー/スタンダード) (¥450)
 スタンダードのダブル。定番です。

 
 前座試合は AC長野パルセイロU-15 vs 松本山雅FCU-15 のダービーマッチ。所属リーグがパルセイロは北信越で山雅は県1部という事もあってか試合はパルセイロ優勢,1-0で勝利しラインダンスを踊りました。この中から有望な選手がU-18⇒トップチームへと進んでくれると良いのですが。

 
 ゴール裏はやはりリーグ戦に比べると人数少なめ,ただ人数減を感じさせない声量で熱くサポートします。

 
 一方の山口ゴール裏も熱心なサポーターが駆け付け熱い応援を繰り広げます。

 山口はJ3得点ランキング独走中のエース岸田選手がベンチ外など,リーグ戦とは異なる陣容。試合は立ち上がりからパルセイロが攻め込みCKを何度か獲得するも得点ならず,対する山口も鮮やかなパス回しからシュートまで持って行きますがGK田中選手のセーブなどでこちらも無得点。後半に入ってもパルセイロペースは変わらず,山田選手の鋭いシュートがバーを叩いて得点の匂いがし始めると57分にCKから松原選手のヘディングが決まり先制,その後も有永選手のシュートがまたもバーを叩くなど惜しいシーンもありつつ虎の子の1点を守り切って1-0で勝利。2回戦進出を決めました。

 これでリーグ戦のリベンジ,という訳ではありませんが今パルセイロに必要なのはとにかく勝利。2回戦進出によって試合日程も厳しくなりますが目の前の試合を1つ1つ勝ち進んで欲しいです。

 
 1回戦突破!2回戦はJ1神戸に挑戦です!

 ■天皇杯トーナメント表(1回戦~3回戦)
天皇杯トーナメント表(1回戦~3回戦)
 天皇杯2回戦は9/9,神戸でJ1ヴィッセル神戸との対戦。リーグ戦次節は9/6,アウェイでカターレ富山と対戦。次回ホームゲームは9/20,南長野に藤枝MYFCを迎えます。

 ※2015シーズン日程・結果表を更新しました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

About 2015年08月

2015年08月にブログ「ぬけがら」に投稿されたすべてのエントリです。新しい順に並んでいます。

前のアーカイブは2015年07月です。

次のアーカイブは2015年09月です。

他にも多くのエントリがあります。メインページアーカイブページも見てください。

スポンサードリンク

Powered by
Movable Type
@Style