スポンサードリンク

« 2017年12月 | メイン

2018年01月 アーカイブ

2018年01月01日

a001360

2017⇒2018シーズン契約/移籍状況(トップチーム)

 トップチーム選手契約/移籍状況(2018/1/10現在)
 2017⇒2018シーズン契約/移籍状況

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年01月02日

a001361

2017⇒2018シーズン契約/移籍状況(レディースチーム)

 レディースチーム選手契約/移籍状況(2018/1/10現在)
 2017⇒2018シーズン契約/移籍状況

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年01月03日

a001362

ようこそパルセイロ(松村亮選手)

 トップチームにヴィッセル神戸からMF松村亮選手の加入が発表されました。

 松村選手はドリブルが持ち味とのことで,プレースタイルとしては退団した菅野選手に似たタイプでしょうか。2014年にはJ-22の選手としてJ3にも2試合出場,ただパルセイロとの対戦ではベンチ入りしていなかった様です。昨年はレンタルで徳島に在籍しシーズン終了後トライアウトに参加していたとか。

 ちなみに,どんな選手なのかなとGoogleで検索してみたら関連キーワードに『松村亮 イケメン』と出て来て思わず笑ってしまいました。確かに女性ファンが増えそうです。

 ※2017⇒2018シーズン契約/移籍状況を更新しました

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年01月08日

a001363

2017-18市民リーグ Match No.A8 長野ベアーズ 2-29 AC長野パルセイロIHT

 2017-18市民リーグ Match No.A8(エムウェーブ/観客:30人ぐらい)
 長野ベアーズ 2(1-9,0-7,1-13)29 AC長野パルセイロアイスホッケーチーム

 
 vs 長野ベアーズ

 昨日はエムウェーブでアイスホッケーを観戦しました。市民リーグの3試合目,長野ベアーズ戦です。日曜ということもあってパルセイロ11人,ベアーズ12人とまずまず選手も集まりました。

 試合の様子など
 
 
 
 
 
 
 
 
 試合開始直後からパルセイロが得点を重ねてワンサイドゲームの様相もカウンターからベアーズが反撃のゴール。ベアーズのベンチも盛り上がりますがこれで火が付いたのかパルセイロが更なる猛攻で得点を重ねます。しかしベアーズも折れず第3ピリオドにまたもゴール,試合そのものは29-2でパルセイロが大勝したもののなかなか印象に残る試合でした。

 市民リーグは今日が最終戦,エムウェーブで18:30から信州大学と対戦します。

 
 お疲れ様でした

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年01月09日

a001364

2017-18市民リーグ Match No.A10 AC長野パルセイロIHT 22-0 信州大学

 2017-18市民リーグ Match No.A10(エムウェーブ/観客:40人ぐらい)
 AC長野パルセイロアイスホッケーチーム 22(6-0,7-0,9-0)0 信州大学アイスホッケー部

 
 
 vs 信州大学アイスホッケー部

 昨日は市民リーグの最終戦でした。第一試合のFNCとベアーズを含め,この日も各チームとも2セット程度組めるだけの選手が揃いました。開幕当初は(たまたま観戦したのが土曜だったこともあってか)選手が全く揃わずリーグ自体存続できるのかと心配してしまいましたが杞憂だった様です。

 試合の様子など
 
 
 
 
 
 
 
 
 年々力をつけていると評判の信州大学ですが年末のインカレを最後に上級生が引退し代替わりしたとのこと。人数も多く若くて活気があります。前日のシャークス戦も観ましたが素人目にはちょっとまだ実力差があるかな?といった感じでした。

 
 
 パルセイロは市民リーグ5連覇です!

 次の大会はエムウェーブ杯。日程も発表されておりパルセイロは2/24の準決勝からとなります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年01月10日

a001365

ようこそパルセイロ(三谷沙也加選手・風間優華選手)

 レディースに浦和レッズレディースからMF三谷沙也加選手,東海大学付属諏訪高校からGK風間優華選手の加入が発表されました。

 三谷選手はドリブルが得意なMFとのこと。95年生まれで作陽高校出身と言うことは既に加入が発表されている内田選手とチームメイトでしょうか。浦和ではなかなか出場機会を得られなかった様ですが,パルセイロに来て開花した選手も多いので楽しみです。

 風間選手は何と言っても175cmの体格が魅力。昨年6月にUスタで行われた高校総体の県大会決勝にも出場しており,たまたま観戦していたのですがよく覚えています。即戦力と言うよりはパルセイロでしっかり鍛えて今後が楽しみな選手です。

 この他にレディースでは大宮選手・中野選手の契約更新,トップチームでは大木選手が栃木ウーヴァFC・阪田選手が福島ユナイテッドFC・野崎選手がラインメール青森にそれぞれ移籍が発表されています。

 ※2017⇒2018シーズン契約/移籍状況(トップレディース)を更新しました

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年01月12日

a001366

J3リーグ 2018シーズン開幕カード発表

 明治安田生命J3リーグの2018シーズン開幕カードが発表されました。発表されたのは全チームのホーム開幕戦,日付と対戦相手・会場です。キックオフ時刻などの詳細は1/24に発表との事。

 発表されたパルセイロの対戦カードは
 3/10(土) 第1節 vs藤枝MYFC@藤枝総合運動公園サッカー場
 3/17(土) 第2節 vsSC相模原@相模原ギオンスタジアム
 3/21(祝) 第3節 vsFC東京U-23@長野Uスタジアム

 ここ数年パルセイロにとって鬼門となっているアウェイ藤枝でいきなりの開幕戦,スタートから大勝負です。第2節もアウェイの相模原戦と続きホーム開幕は第3節のFC東京U-23戦,Uスタの芝が芳しくないと報道されており例年より1節遅いホーム開幕となりました。

 この後は例年通り。詳細発表後にカウントダウンバナーを更新,なでしこリーグ日程発表後に日程表を更新予定です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年01月19日

a001369

AC長野パルセイロ・レディース 2018シーズン 新加入選手会見

 
 本日AC長野パルセイロ・レディースの2018シーズン新加入選手会見が行われました。今年はサポーター会員も申し込み抽選で見学可となり,撮影やSNSなどへのアップも制限無しということなのでまとめました。なお,全文書き起こしではないのでかなり要約したり端折ったりしています。聞き間違えもあるかと思いますので御了承下さい。

 
本田監督

年々加入選手のレベルが上がっている,育てていく選手も即戦力の選手もいる。期待して欲しい。指揮を執って6年目,5年が1サイクルだとすると2サイクル目に入る。横山や泊といったFWが居ないので5年間で積み上げたものをベースとして新しい選手を混ぜながら魅力ある攻撃的なチームを作りたい。


 
DF 髙橋 奈々(オルカ鴨川FCから移籍)
覚悟を持って移籍してきた。得意なプレーは粘り強いディフェンスとヘディング。若い選手に負けない熱いプレーでチームに貢献したい。

―今期の目標は

1年通して怪我をしない。チームをなでしこリーグ最少失点に抑えたい。


 
MF 滝川 結女(常盤木学園高等学校から加入)
パルセイロの試合は高校時代に何度か観戦している,一緒にプレーしたいと思い入団を決めた。明るく元気にプレーしたい。

―本田監督の印象は

サッカーに対して純粋というかサッカーに賭けている思いが強い

―今期の目標は

背は低いが体を上手く使ったドリブル,積極的にゴールへ向かう姿勢がストロングポイント。昨年チャレンジリーグで11得点だったのでそれを上回りたい

―皇后杯でも対戦しているがパルセイロ・レディースの印象は

一つ一つのプレーの質が違う。楽しそうにやっていてボールに対して貪欲。高校生とは全然違うと思った。

―背番号は14番だがクラブから感じる期待は

前は泊選手が付けていた番号。泊選手を超えたい。自分の持ち味であるドリブルや得点を発揮したい。


 
FW 西川 明花(マイナビベガルタ仙台レディースから移籍)
希望ポジションはFW(注:加入時のクラブ発表はMF)。得意なプレーはシュートをどんどん打つ,色々なボールに飛び込んでいく。

―昨年対戦したパルセイロ・レディースの印象は

最後まで諦めずゴールに迫ってくる印象

―攻撃面でチームの期待もあるが

FWをやるからには得点を狙いたい。横山選手の代わりになれる訳では無いが自分らしく点を取りに行きたい。

―今期の目標は

自分のプレーを取り戻す。去年リーグ戦で2得点だったのでそれ以上取りたい。


 
MF 内田 好美(筑波大学から加入)
得意なプレーは積極的にゴールへ向かう攻撃。小学生の頃から本田監督の近くでサッカーをしていたので本田監督が指揮を執るパルセイロに憧れていた。

―本田監督の印象は

小学生の頃は怖い印象だったが…久しぶりに会ったら…ちょっとだけ優しく…(本田監督『質問が悪いね!(笑)』)サッカーに対する情熱が凄くて私も勝利という方向に向かって一緒に頑張っていきたい

―今期の目標は

まずは試合に出ること。怪我明けなので練習皆勤,1年通して怪我せずにパフォーマンスを維持したい。


 
GK 小髙 愛理(新潟医療福祉大から加入)
長所は身長を生かしたプレー,どんな局面でも体を張ることが出来る。パルセイロのイメージはなでしこリーグの中でも一番サポーターに愛されているチーム。

―本田監督の印象は

女性の監督に見てもらった経験が殆ど無いが,選手と同じ位の情熱を持って指導している印象

―今期の目標は

怪我をしているのでまずはしっかりと完治させる。元の状態まで戻しそこから成長したい。


 
DF 池崎 愛(尚美学園大学から加入)
長所はスピードを生かしたプレー。パルセイロのイメージはサポーターと選手に一体感があり一緒に戦っているチーム。

―本田監督の印象は

大学二年から練習に参加させて貰っているが…申し訳ないが怖いというイメージ。ただ話しているとサッカーに対する情熱が凄い。

―今期の目標は

スピードを生かしてSBで無失点に抑えたい。


 
FW 三谷 沙也加(浦和レッズレディースから移籍)
岡山県出身で小さい頃から本田監督にお世話になっている,本田監督の下で一から頑張りたいと思い移籍を決断した。これまで怪我で思う様なプレーが出来なかったのでここで活躍したい。

―昨年対戦したパルセイロ・レディースの印象は

ディフェンスの粘り強さ,得点を奪いにくい。またカウンターの決定力が怖い印象。サポーターの人数と団結力も力になっていると感じた。

―攻撃面でチームの期待もあるが

ドリブルや二列目からの抜け出しの感覚を取り戻しながら大事なところで決められる選手になりたい

―今期の目標は

大事な試合で得点出来る選手になりたい。怪我無く1年間通して試合に出て得点王を狙いたい。


 
MF 中村 ゆしか(ちふれASエルフェン埼玉から移籍)
以前サッカーが嫌になって辞めようと思ったとき本田監督に声をかけてもらい,いつか本田監督の下でサッカーをしたいと思い移籍を決断した。パルセイロの為,自分の為,支えてくれる人達の為に全力でプレーしたい。

―昨年対戦したパルセイロ・レディースの印象は

全員でゴールに向かって絶対シュートで終わる形が出来上がっている印象。Uスタではサポーター・選手・スタッフの一体感を感じた。この環境でやりたいと思った。

―攻撃面でチームの期待もあるが

攻撃の選手が多い中でどうやって自分らしくやるか考えていきたい。攻撃的なポジションでやるのが希望だったので嬉しい。自分で取るだけでなくチャンスメイクしたい。

―今期の目標は

1試合でも多く試合に出る。自分達も見ている人達にも楽しいと思ってもらえるサッカーをやりたい。


 
GK 風間 優華(東海大学付属諏訪高校から加入)
唯一の長野県出身なので長野魂を見せられる様に日々努力したい。

―本田監督の印象は

とても遠い存在だったが練習に参加したら気さくに話しかけてくれたのでとても嬉しかった

―今期の目標は

まだまだ未熟なのでGKの先輩を見て良いところを沢山吸収して一歩一歩成長したい

―地元入団となるがパルセイロ・レディースの印象は

なでしこ1部のパルセイロ・レディースは自分にとってとても遠い存在で入団の話を頂いたは時はとても嬉しかった。


■小笠原強化ダイレクターによる選手評

髙橋:クレバーなCB。落ち着きのあるプレーでボールをしっかり捌ける。

滝川:皇后杯での対戦でも見たがトップ下からのドリブルなどは高校生でもこうゆうことが出来るのか,と勉強になった。技量,特にドリブル,体力面やフィジカルも評価している。ゆくゆくは代表も期待している。

西川:身体能力・得点感覚に優れたFW

内田:ボールが捌ける。やや華奢なのでこれから鍛えるが伸び代のある選手。

小髙:キーパープロジェクトといった代表レベルも経験しており身長もある。細かい修正点はあるが期待値が高い。

池崎:大学2年の頃からパルセイロの練習に積極的に参加しており著しく成長が見られた。SBからのボールの展開・視野が優れている。大学ではFWをやって2部で得点王になった点も期待値が高い。

三谷:本田監督が以前から目をかけていた。得点力・チャンスメイクが補強ポイントに合致。

中村:スピードのあるサイドMF,守備や攻撃のチャンスメイクに期待。以前から熱望していた。

風間:長野から選手を出したい。本人も言っていたが長野魂を出して欲しい。長い目で見て成長させたい。


■監督による総評
自分の特徴をしっかり話す,「応援よろしくお願いします」といったつまらないことは話さない,自分の個性を出すといったところではまあまあ合格ラインのコメント。そこそこ大きな怪我を背負ってそのリハビリを兼ねて来た選手が今年は非常に多い。怪我無く1年を過ごして欲しい。既存の選手と同じポジションにライバルとなるよう配置したので全体的にレベルが上がって行けることを楽しみにしている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
a001370

AC長野パルセイロ 2018シーズン 新加入選手会見

 
レディースに続いてトップチームの2018シーズン新加入選手会見が行われました。こちらもレディース同様に撮影やSNSなどへのアップに制限無しということなのでまとめました。なお,全文書き起こしではないのでかなり要約したり端折ったりしています。聞き間違えもあるかと思いますので御了承下さい。

 
浅野監督
今年こそ昨年達成できなかった目標を達成すべく,ここに居る新加入の選手達・既存の選手達,パルセイロに関わる全ての皆さまと共に1年間しっかり戦っていきたいと思っております。新加入選手達にしっかりと力を発揮してもらってJ3優勝,そしてJ2昇格という確固たる目標に向けて精一杯努力して参ります。今年1年間,改めてよろしくお願いいたします。

―昨年は得点力不足が課題の一年だった。攻撃陣を中心に補強して新しいメンバーとどんなサッカーを展開したいか。

基本的に私のサッカーのスタイルを大幅に変えるつもりはないので前線の選手にも守備の意識を持って貰わなければならない。が,昨シーズンの課題である得点力を上げるためにある程度前線の選手に対する守備の負担は考えないといけない。前線の選手がストロングポイントを出せるようにするのが大切。なかなか個で突破できなかったのが去年の課題なのでそのような補強をした。


 
MF 河合 秀人(ガイナーレ鳥取から移籍)
J2昇格に向けて全力で頑張る。得点やアシストに絡むプレーを見て欲しい。

―移籍を決断した理由は

長野パルセイロという素晴らしいクラブに声を掛けて頂き熱意を感じた。J3優勝・J2昇格に貢献したいと思い移籍を決断した。

―今期の目標は

二桁得点が最低限の目標。チームの為にハードワークしたい。

―昨年対戦したパルセイロの印象は

Uスタで大敗(長野3-0鳥取)しスタジアムの雰囲気・迫力を感じた。やっているサッカーも面白くて良いチームだと思っていた。

―今期パルセイロでどんな役割を担いたいか

左サイドが主戦場になると思うので前線からのハードワーク,サイドから起点を作ってチャンスメイクだったりフィニッシュの精度を上げて結果を出したい。


 
FW 津田 知宏(横浜FCから移籍)
AC長野パルセイロに入団することになり,関わった皆さんに感謝。恩を返せる様に頑張りたい。(チームの)若返りという面では外れているかもしれないが得点でJ2昇格に貢献したい。

―移籍を決断した理由は

トライアウトの後に連絡を頂き,美濃部GM・小笠原強化Dとは徳島でも一緒にやっており信頼があったので決断した。

―今期の目標は

J2昇格の為にチャンスメイクとフィニッシュで貢献したい

―具体的な数字は

チームがJ2昇格した時に目標が達成できたと思って頂ければ

―新加入選手の中で一番のベテランだが求められているものは

若い選手と一緒にこの場に居るということはピッチ内での結果が求められていると思っている。個人的には何年か得点から遠ざかっているが普段の練習から得意な形を磨いている。とにかく結果が求められている。

―熾烈なFW争いとなるが

良い選手が揃っているし若い選手も意気込みを持っている。自分も負けない様にやっていく。プロ14年目になるが自分の形があるのでそのスタイルは変えずにチャレンジしたい。楽しみにしている。


 
DF 内田 恭兵(京都サンガFCから移籍)
ポジションはSBとサイド全般,スピードに自信があるので攻撃参加でも貢献したい。

―移籍を決断した理由は

昨年京都でパルセイロと練習試合をした際に面白いサッカーをすると思った。契約満了時に声を掛けて頂き,小笠原強化Dに高く評価して頂いたので移籍を決断した。

―今期の目標は

SBをやることが多いと思うのでクロスでのアシストをチーム内で一番取りたい


 
GK 小澤 章人(ブラウブリッツ秋田から移籍)
昨シーズン(秋田で)J3優勝したのでその経験を長野に持ってきたい。J2昇格に向けて頑張ります。

―移籍を決断した理由は

信頼している小笠原強化Dに声を掛けて頂いた。アウェイでUスタに来たときに迫力があってこのチームでやりたいと思ったので決断した。

―今期の目標は

パルセイロには素晴らしいGKが二人おりそこに勝たないと試合に出られないので日々のトレーニングから負けない様に頑張りたい

―昨年対戦したパルセイロの印象は

守備が堅くて攻撃も迫力があるチームという印象。

―今期パルセイロでどんな役割を担いたいか

GKの中で最年少なのでGK陣を盛り上げてJ2昇格に貢献したい


 
MF 松村 亮(ヴィッセル神戸から移籍)
J2昇格に向けて自分の持ち味であるスピードやドリブルを生かして我武者羅にゴールを狙って貢献したい

―移籍を決断した理由は

去年の夏にも声を掛けて頂いたがそのときには決断できなかった。トライアウト後にもう一度声を掛けて頂き,神戸を満了になっていたことからこのチームで這い上がりたいと思い決断した。

―今期の目標は

10点以上取ってチームの優勝に貢献したい


 
MF 堂安 憂(びわこ成蹊スポーツ大学から加入)
ポジションはSHとトップ下,スピードに乗ったドリブルとプレースキックが持ち味。J2昇格に貢献したい。

―浅野監督の印象は

体が大きく威圧感があるので怖い印象だったが実際は話しやすく優しい監督だった。

―パルセイロへ入団を決断した理由は

春先から自分を見てくれていた。長野県の高校(創造学園)出身で練習試合で対戦したこともあり良いチームだと思っていた。このチームでJ2昇格に貢献したいと思い決断した。

―今期目標としている数字を具体的に

具体的な数字は難しいが得点だけでなくアシストも取りたい。1年目とかは関係ないのでスタメンを狙いたい。

―高校時代を長野県で過ごしたがプロの第一歩を長野でスタートすることについて

高校で長野県にお世話になり温かい人が多いイメージ,こうして長野県に戻って来れたことは縁があると感じる。長野県でプロのスタートが切れることは幸せ。


 
FW 竹下 玲王(関西大学から加入)
ポジションはFW,特徴は裏への飛び出しと運動量。1年目だがチームにとって重要な存在となりJ3優勝・J2昇格に貢献したい。

―浅野監督の印象は

昨年に練習参加した際,気さくに話しかけてくれたので良い人だと思った。熱くてサッカーにしっかり向き合っている人という印象。

―パルセイロへ入団を決断した理由は

試合を観てサッカーは勿論,サポーターも熱心でJ2昇格という目標に向けて選手もサポーターも一つになっている。母校の関西大学も応援とピッチ内が一体となって戦うスタイルなので魅力を感じた。

―今期目標としている数字を具体的に

1年目だが試合に絡みたい。半分以上はしっかりスタメンとして出場し二桁得点を目標にしたい。

―プロサッカー選手は憧れだと思うがこれからの夢は

プロは一つの目標だった。子供達に夢や目標を持って貰えるような選手になりたい。


■小笠原強化ダイレクターによる選手評

限られた予算の中で監督と協議をしながら新加入選手を獲得した。昨年の反省点である得点力アップと若返り,そういった面を中心に補強を進めた。前線の選手はチャンスメイク及び結果の出せる選手と期待している。

河合:左サイドから入っていくプレーを見て(チームの補強ポイントに)合致した。J2昇格に向け非常に大事な選手,必要な選手なので獲得した。チャンスメイクだけでなく得点にも期待している。

津田:美濃部GMと徳島で一緒にやっていて得点センスが群を抜いている。得点を取ってもらうことが最大任務,J2昇格の得点源と考えている。

内田:ディフェンスの選手だが攻撃に参加できるSB。スピードもアタッキング力も高い物を持っている。SBだけでなくサイド全般をこなせる。サイドからのクロスも優れているので獲得した。

小澤:大学時代から潜在能力が高く,昨年秋田で前半戦の主力となり優勝も経験している。J2昇格に向けGK争いの中でもっとレベルアップできる選手。シュートストップはもちろんフィードキックも優れている。

松村:年齢的にもまだ若い。これからキャリアアップする。トップ下もサイドハーフから切り込むこともできる。個の部分,ドリブルで切り裂いて行ける部分が優れているので獲得した。

堂安:大学時代に対戦しておりやっかいな選手と思っていた(注:小笠原強化Dは2013~2016京都産業大学ヘッドコーチ)。春先から美濃部GMと視察しており獲得となった。ボールテクニックは勿論キッカーとして優れている。

竹下:こちらも大学時代に対戦しておりやっかいな選手と思っていた。運動量と背後の飛び出しのスピードは関西でも群を抜いている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年01月20日

a001371

2018 AC長野パルセイロ新体制発表会

 
本日長野市芸術館で行われた新体制発表会に行ってきました。昨日の新加入選手会見記事でやりきった感があるので今日はまったりと更新。

 
チケット完売で会場は凄い熱気。今年は全席指定でチケットを見ると1階最後列,発券時には「あー後ろかー」と思っていたのですが選手が入場時に真後ろを通りハイタッチできる良席でした。お隣のご家族もテンションが上がっていた様子。

 
今年のスローガンは『一体感GetUp』。実は昨日の記者会見で背面のスポンサーボードにも載っていました。

 
そしてユニフォーム。トップ・レディース共サプライヤーがペナルティになって以降で一番好みのデザインかも知れません。今シーズンから解禁された鎖骨部分のスポンサーにはまだ馴染めませんが,解禁直後に枠が埋まるのはとても有難いことです。

おっ,となったのは紫色のレディース1stGKユニ。『創部当時をイメージした~』というアナウンスに何のこっちゃと思った方も居られるかもしれませんが,パルセイロトップチームの前身である長野エルザSCが設立当初は紫色のユニフォームだったことを指していると思われます。私も長野エルザの頃からそこそこ長く応援している方ですが,流石に紫ユニ時代は話で聞いたことしかありません。

後は概ね例年通りの流れ。個人的にはレディースは明るく華やかでとにかくシーズンが楽しみ,トップチームは全体的に昇格しなければならない気負いというかやや悲壮感が拭えないかなといった印象でした。ともあれこれで2018シーズンがスタートです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

About 2018年01月

2018年01月にブログ「ぬけがら」に投稿されたすべてのエントリです。新しい順に並んでいます。

前のアーカイブは2017年12月です。

他にも多くのエントリがあります。メインページアーカイブページも見てください。

スポンサードリンク

Powered by
Movable Type
@Style