スポンサードリンク

メイン

AC長野パルセイロ・レディース アーカイブ

2010年08月22日

a000410

PCL2010 第11節 (パルセイロ・レディース試合無し)

 変則日程&パルセイロ・レディースの試合が無かった為すっかり忘れていましたが,チャレンジリーグEASTは昨日第11節の残り2試合が行われました。

 8/21開催分
 清水第八プレアデス 0-0 ノルディーア北海道
 常盤木学園高校 3-1 日本体育大学

 順位表
【第11節終了時点】    勝点  勝  分  負  得  失   差
1.常盤木学園高校    29  9  2  0 48 12 +36
2.JFAアカデミー福島 25  8  1  2 31 17 +14
3.日本体育大学     22  7  1  3 25 13 +12
4.AC長野パルセイロ  10  3  1  7 17 31 -14
5.清水第八プレアデス   5  1  2  8  8 37 -29
6.ノルディーア北海道   4  1  1  9  6 25 -19

 正式な試合結果等は公式サイトをご確認下さい。

 次節は来週29日,宮城県サッカー場で常盤木学園高校との対戦になります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年10月17日

a000422

2010なでしこ入替リーグ第2節 (パルセイロ・レディース試合無し)

 2010なでしこリーグ&チャレンジリーグ入替戦出場チーム決定戦 第2節
 スペランツァFC高槻 7-0 バニーズ京都SC

 入替リーグ第2節はパルセイロの休み番,高槻が京都に大勝して首位に立ちました。この結果京都の2位以下が確定しパルセイロが来週の最終節で高槻に5点差以上で勝てば逆転で入替戦出場です。…正直相当厳しい条件ですが。
 ともあれ来週は南長野での試合です。ホームの大声援でパルセイロ・レディースを後押ししましょう!

 順位表
【第2節終了時点】    勝点  勝  分  負  得  失   差
1.スペランツァFC高槻  3  1  0  0  7  0  +7
2.バニーズ京都SC    3  1  0  1  2  7  -5
3.AC長野パルセイロ   0  0  0  1  0  2  -2

 正式な試合結果等は公式サイトをご確認下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年09月04日

a000513

チャレンジリーグ残留決定

 パルセイロの試合はありませんでしたが本日行われたチャレンジリーグEASTの結果,常盤木学園のリーグ優勝・パルセイロレディースの5位(リーグ残留)・ノルディーア北海道の6位(チャレンジリーグ入替戦出場)が決定しました。チャレンジリーグWESTも開催されておりこちらはアギラス神戸の6位(チャレンジリーグ入替戦出場)が決定,リーグ優勝はまだ決まっていませんがスペランツァF.C.高槻の2位以上が確定しました。また,高槻以外のなでしこ準加盟チームは東西共に全チーム3位以下が確定しましたので『チャレンジリーグ東西各2位以内のチームのうち,なでしこ準加盟のチーム』という条件を唯一満たす高槻がなでしこリーグ自動昇格となる見込みです。

 さて,パルセイロは次節9/11に今日リーグ優勝を決めた常盤木学園とアウェイで対戦です。リーグ残留が決まりこれでもう変に気負う必要もありません。リーグ戦残り2試合,全日本選手権や来シーズンに繋がる試合をして欲しいですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年04月04日

a000561

入替レギュレーション

 レディースのお話。

 今シーズンの日程発表後もしばらく古い情報のままだったリーグ概要が更新されていました。なでしこリーグ昇格の為にはチャレンジリーグ4位以内&準加盟チーム内で上位2位に入る必要があるとの事。なでしこ準加盟のパルセイロ・レディースにも昇格の可能性があります…とは言っても過去2シーズン残留争いに喘ぎ今シーズンの目標に勝率5割を掲げているチームにとってはなかなか難しい条件です。

 一方うちにとって昇格よりも可能性がありそうな地域との入替。数年前に発表された中期計画では2013年シーズンからのチーム数増(12⇒16チーム)に伴い2012年シーズンは降格無しとなっていましたが,今回発表されたリーグ概要では地域から4チーム昇格させた上で更に2チーム入替戦を行うとの事。うむむ。

 『地域から4チーム以上のチャレンジリーグ加盟希望がない場合は入替戦は行わない』という一文もありますが,昨シーズンチャレンジリーグ残留の意志を示しながら入替戦を経て降格したノルディーア北海道,同じく参入の意思を示しながら参入決定戦で敗退したつくばフットボールクラブ・清水第八プレアデス・豊田レディースフットボールクラブ・益城ルネサンス熊本フットボールクラブ,更にはチャレンジリーグ参入に意欲を見せるノジマステラ神奈川など有力どころだけで既に5~6チームありますので入替戦が実施される可能性は高いのではないかと思います。

 まずは残留決定となる10位以内を確実に確保した上で目標である勝率5割,昇格の条件である4位以内にどれだけ近付けるかといったところでしょうか。トップチーム同様アウェイの試合はほぼ行けませんが,ホームゲームは積極的に応援に行きたいと思います。

 チャレンジリーグの開幕戦は4/8にアウェイでトップチーム川邊選手のお兄さんが監督を務めるスフィーダ世田谷FCと,ホーム開幕は4/14に南長野でJFAアカデミー福島との対戦になります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年05月13日

a000577

PCL2012 第6節 パルセイロ・レディース 0-6 ベガルタ仙台レディース

 プレナスチャレンジリーグ2012 第6節(南長野運動公園総合球技場/観客:407人)
 AC長野パルセイロ・レディース 0-6 ベガルタ仙台レディース

 今日の対戦相手は今期チャレンジリーグに新加入したベガルタ仙台レディース。新加入とは言ってもなでしこリーグの有力チーム,東京電力マリーゼの休部に伴いマリーゼの選手を受け入れて発足したチームで,今期なでしこリーグ昇格の有力候補と言われる強豪です。チャレンジリーグでは見た事も無い人数のサポーターも仙台から駆け付け,観客数は407人とパルセイロ・レディースの試合として過去2番目に多い人数でした。

 さて,試合です。昨日のトップチーム同様今日も強風の中で前半は風下。ベガルタの猛攻を耐える展開が続き15分に先制点を奪われるものの,失点はこの1点のみで風上となる後半に望みを繋ぎます。しかし後半立ち上がりの46分にいきなり失点するとその後も53分,63分と立て続けに追加点を奪われ,運動量の落ちた終盤にも連続失点を喫し0-6での敗戦となりました。パルセイロの選手が頑張っているのは伝わって来るし実際前半はかなり健闘していたのですが,やはりベガルタは強かったです。

 次節は5/20にアウェイで愛媛FCレディース戦,次回ホームゲームは6/3に南長野で静岡産業大学戦です。厳しい試合が続きますが勝利目指して応援しましょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年10月23日

a000629

2012チャレンジリーグ入替戦予選大会 組み合わせ決定

 2012チャレンジリーグ入替戦予選大会の概要が発表されました。今回出場するのは7チーム,2013年からチャレンジリーグが16チームに拡大されるのに伴いこの中から4チームが自動昇格しさらに2チームがチャレンジリーグ下位2チームと入替戦を行います。パルセイロ・レディースは現在チャレンジリーグ最下位の12位,数字の上では入替戦回避の10位になる可能性もありますが残り全勝した上での他力と言う事もありなかなか厳しい状況です。

 パルセイロ・レディースが入替戦を戦う可能性があるという事と,どんなチームが出場するのか興味があったので入替戦予選大会の日程を含めまとめてみました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年11月02日

a000634

2012チャレンジリーグ入替戦予選大会 1日目

 チャレンジリーグ昇格をかけた2012チャレンジリーグ入替戦予選大会が始まりました。本日行われた大会1日目の結果は以下の通り。

 清水第八プレアデス 3-2 益城ルネサンス熊本FC
 セレッソ大阪レディース 2-1 ノルディーア北海道
 HOYOスカラブFC 2-1 NGU名古屋FCレディース

 この結果 清水第八プレアデス,セレッソ大阪レディース,HOYOスカラブFCの3チームがチャレンジリーグ昇格となりました。清水第八は2010年以来3年ぶりのチャレンジリーグ復帰,セレッソ大阪は選手全員が中学生という非常に若いチーム,HOYOスカラブは3度目の挑戦で悲願の昇格です。

 また,本日敗れた 益城ルネサンス熊本FC,ノルディーア北海道,NGU名古屋FCレディースにノジマステラ神奈川を加えた4チームで明日・明後日とトーナメントを行いここから1チームが昇格,2チームが入替戦となります。パルセイロ・レディースはこの4チームのいづれかと入替戦を戦う事になりますがどのチームになるのか決まるのは明後日。ただ,明日の結果が出ればもう少し具体的に見えて来ますのでそこでまた改めて書きたいと思います。

 トーナメント表

このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年11月03日

a000635

2012チャレンジリーグ入替戦予選大会 2日目

 チャレンジリーグ昇格をかけた2012チャレンジリーグ入替戦予選大会の2日目です。結果は以下の通り。

 益城ルネサンス熊本FC 0-1 ノルディーア北海道
 NGU名古屋FCレディース 1-5 ノジマステラ神奈川

 この結果,明日の対戦カードは

 ○ノルディーア北海道 vs ノジマステラ神奈川
 ⇒勝者はチャレンジリーグ昇格,敗者はチャレンジリーグ12位との入替戦

 ○益城ルネサンス熊本FC vs NGU名古屋FCレディース
 ⇒勝者はチャレンジリーグ11位との入替戦

 となります。

 一方明日はチャレンジリーグ最終節があり,そこでパルセイロ・レディースの順位も確定します。

 ○パルセイロ・レディース勝利&JSCレディース敗戦の場合
 ⇒チャレンジリーグ11位となり 益城ルネサンス熊本FC vs NGU名古屋FCレディース の勝者と入替戦

 ○上記以外の場合
 ⇒チャレンジリーグ12位となり ノルディーア北海道 vs ノジマステラ神奈川 の敗者と入替戦

 これまでの結果から考えるとどのチームとやる可能性が高いかなんとなく見えてきた気がします。とは言えどことやるのが良いとか悪いとか考えたところであまり意味はありません。パルセイロ・レディースとしてはとにかく明日の試合に勝って入替戦に臨みたい所です。

 トーナメント表

このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年11月04日

a000637

2012チャレンジリーグ入替戦予選大会 3日目

 チャレンジリーグ昇格をかけた2012チャレンジリーグ入替戦予選大会最終日の結果は以下の通り。

 ノルディーア北海道 0-4 ノジマステラ神奈川
 益城ルネサンス熊本FC 0-0(PK8-9) NGU名古屋FCレディース

 この結果,ノジマステラ神奈川がチャレンジリーグ昇格,ノルディーア北海道とJSCレディース,NGU名古屋FCレディースとAC長野パルセイロ・レディースで入替戦が行われる事になりました。入替戦の日程は近日中に公式サイトで発表されると思います。パルセイロ・レディースは名古屋レディースに勝って何としてもチャレンジリーグに残留したい所です。

 トーナメント表

このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年11月06日

a000636

2012チャレンジリーグ入替戦 日程発表

 2012チャレンジリーグ入替戦の日程が発表されました。チャレンジリーグ11位のパルセイロ・レディースは入替予選6位のNGU名古屋FCレディースとホーム&アウェイで対戦します。

 ○2012チャレンジリーグ入替戦 第1戦
 11/10(土) 14:00 名古屋学院大学瀬戸キャンパスグラウンド

 ○2012チャレンジリーグ入替戦 第2戦
 11/17(土) 13:00 南長野運動公園総合球技場

 2試合で勝利数の多いチームが勝ち,同数の場合 得失点差・アウェイゴール・延長戦・PK戦 の順に勝者を決定します。まずは10日の第1戦に勝ち,17日の南長野ではホーム初勝利&チャレンジリーグ残留を皆で喜ぶ。これで行きましょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年11月23日

a000650

2013シーズン チャレンジリーグ参加チーム

 本日,2012なでしこリーグ&チャレンジリーグ入替戦が行われFC高梁のなでしこリーグ昇格とAS狭山のチャレンジリーグ降格が決まりました。先週行われたチャレンジリーグ入替戦ではパルセイロ・レディースとJSCレディースが残留を決めておりこれで来シーズンのチャレンジリーグ参加チームが出揃いました。

 ■2013チャレンジリーグ参加チーム(2012年成績)
 ASエルフェン狭山FC(なでしこリーグ9位)
 福岡J・アンクラス(なでしこリーグ10位)
 スフィーダ世田谷FC(チャレンジリーグ3位)
 日本体育大学女子サッカー部(チャレンジリーグ4位)
 JFAアカデミー福島(チャレンジリーグ5位)
 常盤木学園高等学校(チャレンジリーグ6位)
 愛媛FCレディース(チャレンジリーグ7位)
 静岡産業大学磐田ボニータ(チャレンジリーグ8位)
 ジュ ブリーレ鹿児島(チャレンジリーグ9位)
 バニーズ京都SC(チャレンジリーグ10位)
 AC長野パルセイロ・レディース(チャレンジリーグ11位)
 JAPANサッカーカレッジレディース(チャレンジリーグ12位)
 清水第八プレアデス(入替予選勝利/東海リーグ)
 セレッソ大阪レディース(入替予選勝利/関西リーグ1部)
 HOYOスカラブFC(入替予選勝利/九州リーグ)
 ノジマステラ神奈川(入替予選4位/神奈川県リーグ3部)

 ベガルタ仙台レディースとFC高梁吉備国際大学Charmeがなでしこリーグに昇格し,代わりにASエルフェン狭山FCと福岡J・アンクラスがチャレンジリーグ降格。地域リーグからは清水第八プレアデス,セレッソ大阪レディース,HOYOスカラブFC,ノジマステラ神奈川の4チームが新たに昇格して16チーム,ホーム&アウェイ全30試合の長丁場となります。

 今シーズンは最後の最後まで残留争いに苦しみましたので来シーズンは最低でも自動残留,シーズン終盤の出来であれば勝率5割も充分狙えると思います。あとはとにかくホームゲームでの勝利。また来シーズンも頑張って応援したいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年12月12日

a000658

プレナスチャレンジリーグ2013 スケジュール

 早くもプレナスチャレンジリーグ2013のスケジュールが発表されました。来年は4チーム増えて16チームなので2回戦総当りの全30節…と思いきや変則リーグ戦で今年と同じく全22節。開催期間が4月6日or7日~9月22日と今年より1ヵ月半短いので何か日程的な制約があるのかもしれません。25週で22節という事でほぼ毎週試合をこなすタフな日程です。

 その変則リーグ戦ですが,今年の成績を元に16チームを8チームずつ2ブロックに分けてまずはブロック内で2回戦総当りの14節を行い,その後別ブロックと1回戦総当り8節を行って合計22節との事。先日も書きましたが今年の成績順に16チームを並べると多分下記の様になるはず。

 1.ASエルフェン狭山FC(なでしこリーグ9位)
 2.福岡J・アンクラス(なでしこリーグ10位)
 3.スフィーダ世田谷FC(チャレンジリーグ3位)
 4.日本体育大学女子サッカー部(チャレンジリーグ4位)
 5.JFAアカデミー福島(チャレンジリーグ5位)
 6.常盤木学園高等学校(チャレンジリーグ6位)
 7.愛媛FCレディース(チャレンジリーグ7位)
 8.静岡産業大学磐田ボニータ(チャレンジリーグ8位)
 9.ジュ ブリーレ鹿児島(チャレンジリーグ9位)
 10.バニーズ京都SC(チャレンジリーグ10位)
 11.AC長野パルセイロ・レディース(チャレンジリーグ11位)
 12.JAPANサッカーカレッジレディース(チャレンジリーグ12位)
 13.清水第八プレアデス(入替予選勝利)※
 14.セレッソ大阪レディース(入替予選勝利)※
 15.HOYOスカラブFC(入替予選勝利)※
 16.ノジマステラ神奈川(入替予選4位)
 ※入替予選で一発昇格した13~15は本来同順位ですが便宜上組み合わせ表の順に振りました

 前年成績で2ブロックに分ける,となっていますが具体的な分け方は発表されていません。まず思い浮かんだのは1~8と9~16の2ブロックで,実力差の少ないチーム同士が多く対戦する事でリーグ全体の勝点が拮抗して終盤まで昇格・残留争いが盛り上がりそう!なんて思いましたがよく考えてみたら(というかよく考えなくても)公平性に欠けるので多分無いですね。普通に考えれば奇数と偶数で2ブロックとかそんな感じでしょうか。

 各大会の会場・キックオフ時間等については詳細が決まり次第後日発表,となっているのでブロック分けについても一緒に発表されると思われます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年01月05日

a000670

本田美登里監督就任

 レディースチームの監督に本田美登里氏が就任すると発表されました。てっきり今シーズンも勝又監督が指揮を執ると思っていたので驚きましたが,本田監督の経歴を見て更にびっくり。ええと,日本女子代表で監督やコーチを務められた方が2部で監督やるんですか…?ほんとに…?と言うのが正直な感想でした。

 本田監督は岡山湯郷Belleの監督時代に現日本女子代表主将の宮間あや選手など有力選手を育て,2011年からはU-20日本女子代表コーチを務めるなど選手育成の評価が高いとの事。昨シーズンは地域リーグとの入替戦まで行ってしまい最後の最後まで残留争いに苦しんだパルセイロ・レディースですが今シーズンは期待できるかもしれません。もちろん実際に試合をするのは監督ではなく選手なので彼女達の頑張り次第ではありますが。

 個人的にはレディースもトップチーム同様に応援しているのですが,昨シーズンのホームゲーム平均入場者数は218人とトップチームの1/10以下に留まっています。チャレンジリーグは基本的に入場無料で気軽に観戦できますので,トップチームは応援しているけれどレディースは観戦した事が無いと言う方にも是非一度南長野へ足を運んで頂きたいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年01月19日

a000681

パルセイロ・レディース新体制発表

 パルセイロ・レディースの新体制及び新加入選手が発表されました。いつまで経っても終わらないページスクロールに『え,新加入選手何人居るの?』と驚き,背番号一覧を見て昨年の主力メンバー(主力も何もそもそも人数ギリギリでしたが)の大半が残留してくれた事を確認したところでふと『あれ,もしかして紅白戦とか出来ちゃう!?すげえ!!』と次元が高いんだか低いんだか判らない喜び。いや,2010年のチーム発足以来紅白戦どころか炎天下の試合でもベンチ2~3人で控えGK無し,遠路遙々南長野まで来た相手チームの方が充実しているなんて事もザラでしたから…。

 そんな感じで今シーズンの登録メンバーをまとめてみました。
 2012⇒2013シーズン契約/移籍状況

 やはり一際目を引くのが KLAUZENBERG JESSICA LYNNE(クローゼンバーグ・ジェシカ・リン)選手。米国出身の金沢工業大学英語講師で前所属がフットサルクラブという,この時点でもう?マークが3つぐらい付きますが今朝の信毎を見るとU-12からU-18まで米国強化指定選手で一旦は第一線を離れたけれど今回本格復帰と言う事の様です。ポジションはGKで,他にも日体大からGK卯木真緒選手が加入しましたので3年間ほぼ1人でゴールを守り続けて来た守護神アズもうかうかしていられません。

 昨年チャレンジリーグ残留を果たした14選手に新加入の10選手,そして篠原選手も久しぶりの復帰。格段に厚くなった選手層に本田監督の指導が加わる事で今年は好成績が期待できそう。チーム始動は明日20日,チャレンジリーグ開幕は4月上旬の予定です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年02月25日

a000692

プレナスチャレンジリーグ2013 日程発表

 パルセイロ・レディースが参加するチャレンジリーグの日程が発表されました。16チーム参加ですが既報の通り2ブロックに分けて全22節開催の変則リーグ戦。パルセイロ・レディースは下記の通りBブロックとなりました。

 ≪Aブロック≫
 ASエルフェン狭山FC
 日本体育大学女子サッカー部
 JFAアカデミー福島
 静岡産業大学磐田ボニータ
 ジュ ブリーレ鹿児島
 JAPANサッカーカレッジレディース
 清水第八プレアデス
 ノジマステラ神奈川

 ≪Bブロック≫
 福岡J・アンクラス
 スフィーダ世田谷FC
 常盤木学園高等学校
 愛媛FCレディース
 バニーズ京都SC
 AC長野パルセイロ・レディース
 セレッソ大阪堺レディース
 HOYOスカラブFC

 まずはBブロック内でH&Aの2回戦総当りで14節を消化,その後Aブロック全チームと1回対戦し8節消化,チーム数が増えても試合数は昨年と同じ全22節となります。レギュレーションはまだ発表されていませんが,昨年に倣うと4位以内且つなでしこ準加盟の上位2チームが自動昇格&入替戦,逆に15位・16位のチームは地域リーグとの入替戦になるのではないかと思います。

 日程についてはこちらでトップチーム日程と共にまとめました。個人的にはこれまで通りトップ・レディースいづれかがホームゲームを開催していればそれを最優先,アウェイ遠征はホームゲームの無い週末に近場で開催していれば検討といった感じになりそうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年03月19日

a000700

プレナスチャレンジリーグ2013 昇降格レギュレーション

 日本女子サッカーリーグの公式サイトがリニューアルされ,今シーズンの昇降格レギュレーションが発表されました。チャレンジリーグは12チームから16チームに拡大しましたが昇降格レギュレーションは昨年と変わらず,なでしこリーグへの昇格はリーグ4位以内かつ準加盟上位2位以内が条件で1位が自動昇格・2位がなでしこリーグ9位との入替戦になります。地域リーグへの自動降格は今年も無く,チャレンジリーグ15位・16位が地域リーグとの入替戦になります。

 現在チャレンジリーグ所属の準加盟クラブは
 ・ASエルフェン狭山FC
 ・スフィーダ世田谷FC
 ・AC長野パルセイロ・レディース
 ・清水第八プレアデス
 ・静岡産業大学磐田ボニータ
 ・バニーズ京都SC
 ・愛媛FCレディース
 ・福岡Jアンクラス
 ・ジュ ブリーレ鹿児島
 の9クラブ。リーグの半数以上が準加盟,中にはなでしこリーグを経験した強豪クラブも含まれるのでリーグ4位以内はもちろんこの中で2位以内というのもなかなか高いハードルです。

 新体制発表会などでの発言からはクラブとしては今シーズンにしっかりと土台を作ってトップチームと共に来シーズンを勝負の年と位置付けている様です。今月に入って練習試合を見た方がパルセイロ・レディースが見違える程強くなっていて驚いたなんて話も聞きますし,今シーズンはこれまでの残留争いから一転して中位以上に食い込めるかもしれません。開幕が楽しみです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年08月27日

a000761

第35回皇后杯全日本女子サッカー選手権北信越大会 組み合わせ

 先日トップチームが天皇杯出場を決めましたが女子サッカーにも天皇杯に相当する全国トーナメントがあります。2011年まで全日本女子サッカー選手権大会(通称『全女』)と呼ばれていたこの大会,昨年から皇后杯が下賜される様になり皇后杯全日本女子サッカー選手権大会と名称が変更されました。

 今年の細かいレギュレーションは確認中ですが例年ですとなでしこリーグ所属の10チームが本戦シード,その他のチームは県予選⇒地域予選⇒本戦と勝ち上がる必要があります。チャレンジリーグ所属のパルセイロ・レディースはシードで北信越大会(=地域予選)からの出場,前身の大原学園時代から一昨年まで11年連続本戦出場と言う素晴らしい記録を持っていましたが昨年は北信越大会とチャレンジリーグの日程がバッティングすると言うちょっと考えられない事態で棄権。今年は2年ぶりの本戦出場を目指します。

 そんな北信越大会の日程と組み合わせが発表されました。今年は9/14~16の3日間開催で,開催地の富山県から2チーム+その他4県から各1チーム+チャレンジリーグ所属2チームの合計8チームでトーナメント,ここから上位3チームが本戦出場となります。パルセイロ・レディースは1回戦で富山県第1代表の富山レディースSCと対戦します。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年09月12日

a000769

AFF女子選手権2013 GL#1 フィリピン女子代表 1-4 日本女子選抜

 東南アジア女子サッカー選手権2013 グループリーグ第1戦 (@Youth Training Centre[ミャンマー/ヤンゴン])
 フィリピン女子代表 1-4 日本女子選抜

 【得点者】
  4分 田中真理子(スフィーダ世田谷FC)
 21分 高橋美夕紀(新潟医療福祉大学)
 45分 橋浦さつき(AC長野パルセイロ・レディース)
 79分 今井晴香(INAC神戸レオネッサ)
 85分 Heather Cooke[フィリピン女子代表]

 パルセイロ・レディースの橋浦選手が日本女子選抜のメンバーに選ばれてミャンマー遠征に参加する,というビッグニュースが先月末にありました。フル代表(いわゆるなでしこジャパン)では無いものの日の丸を背負って代表ユニで戦う初のパルセイロ所属選手と言う事でブログにどう書こうか悩んでいる内に大会が始まってしまいました。

 でも大会が始まったって日本じゃ殆ど情報が入ってこないだろうな…なんて思っていたら現地ミャンマーのサッカー情報を伝えるtwitterfacebookで試合速報をリアルタイムに確認できる事が判明。すげえ!インターネットすげえ!しかも橋浦選手がゴール決めてる!

 …で,そもそもAFF女子選手権って何よ?という話なんですが『東南アジア女子サッカー選手権』という東南アジア各国のナショナルチームによる女子サッカー国際大会だそうで。今回の日本女子選抜の様に東南アジア以外の招待国が参加する事もある様です。今回は総勢10ヶ国が参加,5ヶ国ずつ2グループに分かれてグループリーグを行い各グループ上位2ヶ国で準決勝・決勝(と3位決定戦)を行うとの事。日本女子選抜はチャレンジリーグの選手を中心に学生やなでしこリーグの若手選手を加えた編成。メンバー詳細や試合日程はJFAのサイトに掲載されています。

 ※なんて調べ物をしながら書いてたら今日の写真が!うわ本当に代表ユニ着てる!うわー!すげー!うわー!(橋浦選手は今大会#9を付けています)

このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年09月15日

a000772

AFF女子選手権2013 GL#2 日本女子選抜 8-0 インドネシア女子代表

 東南アジア女子サッカー選手権2013 グループリーグ第2戦 (@Youth Training Centre[ミャンマー/ヤンゴン])
 日本女子選抜 8-0 インドネシア女子代表

 【得点者】
 17分 大関美優(日本体育大学)
 25分 高橋美夕紀(新潟医療福祉大学)
 38分 高橋美夕紀(新潟医療福祉大学)
 45分 三橋明香(常盤木学園高等学校)
 46分 三橋明香(常盤木学園高等学校)
 52分 小松未奈(FC吉備国際大学Charme)
 67分 三橋明香(常盤木学園高等学校)
 90+1分 堀内沙也香(スペランツァFC大阪高槻)

 パルセイロ・レディースの橋浦選手が日本女子選抜として参加している東南アジア女子サッカー選手権2013,グループリーグの第2戦が昨日行なわれました。…で,現在のところ有力な情報源が現地facebookのスコア速報とJFA公式だけなのでJFA公式の方が更新されないと得点者しか判らず,8-0の大勝は良いのですが肝心の橋浦選手が出場したのかどうかは不明です。前回のフィリピン戦は翌日には更新されたのでインドネシア戦もそろそろ更新されると思うのですが。

 このグループリーグ,日本女子選抜の他にミャンマー・ラオス・フィリピン・インドネシア女子代表が参加しており上位2ヶ国が決勝トーナメントに進出となります。東南アジアの女子サッカーに触れる機会が全く無かったので各国の力関係と言うかレベル差が判らなかったのですが,グループリーグの経過を見ると日本女子選抜と地元ミャンマー女子代表が頭ひとつ抜けていそうな感じです。

 追記)
 JFA公式が更新されました。橋浦選手はベンチ入りしたものの出場は無かった様です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年09月17日

a000775

AFF女子選手権2013 GL#3 ラオス女子代表 1-4 日本女子選抜

 東南アジア女子サッカー選手権2013 グループリーグ第3戦 (@Youth Training Centre[ミャンマー/ヤンゴン])
 ラオス女子代表 1-4 日本女子選抜

 【得点者】
 22分 [ラオス女子代表]
 66分 橋浦さつき(AC長野パルセイロ・レディース)
 70分 高橋美夕紀(新潟医療福祉大学)
 83分 高橋美夕紀(新潟医療福祉大学)
 90+1分 今井晴香(INAC神戸レオネッサ)

 パルセイロ・レディースの橋浦選手が日本女子選抜として参加している東南アジア女子サッカー選手権2013,グループリーグの第3戦が昨日行なわれました。今回はミャンマーサッカー連盟の速報が見当たらなかったのでJFA公式にて結果を確認。

 橋浦選手は0-1とリードされた後半から出場し66分に同点ゴールを決めたとの事。素晴らしい!その後も日本女子選抜が得点を重ねて4-1で逆転勝ちとなりました。日本女子選抜はこれで開幕3連勝,同じく開幕3連勝の地元ミャンマー女子代表と共に決勝トーナメント進出が決まりました。グループリーグ最終戦を含めあと3試合出来る事になりましたので橋浦選手にとっても経験を積む良い機会です。ここまでチャンスを貰った試合は全て結果を残していますからこの調子で頑張って欲しいですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年09月19日

a000777

AFF女子選手権2013 GL#4 ミャンマー女子代表 0-3 日本女子選抜

 東南アジア女子サッカー選手権2013 グループリーグ第4戦 (@Youth Training Centre[ミャンマー/ヤンゴン])
 ミャンマー女子代表 0-3 日本女子選抜

 【得点者】
 60分 橋浦さつき(AC長野パルセイロ・レディース)
 84分 橋浦さつき(AC長野パルセイロ・レディース)
 86分 高橋美夕紀(新潟医療福祉大学)

 パルセイロ・レディースの橋浦選手が日本女子選抜として参加している東南アジア女子サッカー選手権2013,グループリーグ最終戦が昨日行なわれました。結果はミャンマーサッカー連盟のスコア速報ですぐに判りましたが,先ほどJFA公式にてスタメンなど詳細を確認。

 選手コメントを見ると地元ミャンマー女子代表との対戦と言う事で完全アウェーの雰囲気だった様です。橋浦選手は0-0のまま迎えた後半から出場し60分に先制ゴール,続く84分にも貴重な追加点を挙げました。これで今大会4得点,得点王も狙えるか?と思ったらこの試合でダメ押しの3点目を決めた高橋選手は4試合で6得点との事。こちらも凄い!

 これで日本女子選抜は全勝でグループBを1位通過,準決勝でグループA2位のベトナム女子代表と対戦します。グループB2位となったミャンマー女子代表はグループA1位のU-19オーストラリア女子代表との対戦になります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年09月21日

a000778

AFF女子選手権2013 準決勝 日本女子選抜 2-1 ベトナム女子代表

 東南アジア女子サッカー選手権2013 準決勝 (@Youth Training Centre[ミャンマー/ヤンゴン])
 日本女子選抜 2-1 ベトナム女子代表

 【得点者】
 35分 [ベトナム女子代表]
 89分 須永愛海(仙台大学)
 94分 高橋美夕紀(新潟医療福祉大学)

 パルセイロ・レディースの橋浦選手が日本女子選抜として参加している東南アジア女子サッカー選手権2013,準決勝が昨日行なわれました。JFA公式の更新はまだですがASEANサッカー連盟のサイトに試合記事が掲載されています。

 拙い英語力をインターネットの力で補いつつ翻訳すると多分こんな感じ。意訳なんで表現等は適当に盛ってます。

 ------------------------------------------------------------------------------------------------------
 東南アジア女子サッカー選手権:
 日本女子選抜が前回大会優勝のベトナム女子代表を破る

 ヤンゴン(2013年9月20日)- Youth Training Centre で行なわれた東南アジア女子サッカー選手権準決勝第2試合は日本女子選抜が前回大会優勝のベトナム女子代表を2-1(延長)で下し決勝進出を決めた。土壇場の2ゴールで逆転勝利した日本女子選抜は2日後に行なわれる決勝でU-19オーストラリア女子代表と対戦する。

 豪雨の中行なわれた試合は両チームのプレーに影響を与えた。日本はカウンター狙いで引いて守るベトナムから得点を奪えず,35分には日本ディフェンス陣のミスを突いたベトナムが先制。

 0-1とベトナムリードで迎えた後半,日本は俊足のMF橋浦さつきを投入しベトナムのバックラインにプレッシャーをかける。このままベトナムが決勝進出かと思われた試合終了間際の89分,DF須永愛海が30mのロングシュートを決め試合は延長戦へ。

 勢いに乗る日本は延長前半4分,コーナーキックのこぼれ球をFW高橋美夕紀が決めて逆転。同点ゴールからわずか6分で逆転した日本が決勝進出を決めた。一方,勝利を目前にしていたベトナムはあと一歩の所で決勝進出を逃した。

 【準決勝結果】
 U-19オーストラリア女子代表 2-1 ミャンマー女子代表
 日本女子選抜 2-1(延長) ベトナム女子代表
 ------------------------------------------------------------------------------------------------------

 橋浦選手は後半から出場した様ですが,途中出場した事が記事になる位なので直接のゴールは無くとも勝利に貢献する活躍が出来た様ですね。それにしてもまた高橋選手が決めましたか。これで5戦連続の通算7ゴール,まだ大学2年生との事ですが卒業後の進路が気になります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年09月24日

a000781

AFF女子選手権2013 決勝 U-19オーストラリア女子代表 1-1(PK3-5) 日本女子選抜

 東南アジア女子サッカー選手権2013 決勝 (@Youth Training Centre[ミャンマー/ヤンゴン])
 U-19オーストラリア女子代表 1-1(PK3-5) 日本女子選抜

 【得点者】
 20分 [U-19オーストラリア女子代表]
 48分 加賀孝子(仙台大学)

 パルセイロ・レディースの橋浦選手が日本女子選抜として参加している東南アジア女子サッカー選手権2013,一昨日決勝戦が行われ日本女子選抜がPK戦の末U-19オーストラリア女子代表を下し見事優勝しました!パルセイロ所属選手が遂に国際タイトル獲得です!

 JFA公式によると橋浦選手は後半から出場した模様。これで本大会6試合中5試合に出場し4得点,出場した5試合とも45分(決勝は延長含め75分)と限られた時間でしたがきちんと結果を残しました。橋浦選手は今月末に開幕する東京国体でも長野県選抜に選ばれており,パルセイロ・レディースとしても11月に皇后杯が控えています。是非この経験をチームに還元してより上を目指して欲しいですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年09月30日

a000783

第68回国体サッカー女子1回戦 長野県女子選抜 1-2 大阪府女子選抜

 第68回国民体育大会サッカー女子1回戦(スポーツと文化の森 谷戸沢サッカー場/観客:525人)
 長野県女子選抜 1-2 大阪府女子選抜

 東京国体が開幕し,今日はサッカー女子1回戦でパルセイロ・レディース主体の長野県女子選抜が大阪府女子選抜と対戦しました。長野県女子選抜にはパルセイロ・レディースから本田監督を始め松本・波多野・小松・篠原・田中・内山(智)・髙木・浦崎・内山(朋)・濵垣・橋浦・吉田の12選手が選出されておりここに信州大学から鈴木梓・大平理恵 両選手と松商学園高校から高橋あすか選手を加えた編成となっています。対する大阪府女子選抜は大学生・高校生を中心にした編成との事。

 国体は35分ハーフの70分。平日開催なので応援には行けず試合後にtwitterと公式記録を確認しましたが,45分に先制されるも62分に橋浦選手のゴールで追い付き10分ハーフの延長戦へ。延長も両チーム得点無くこのままPK戦か,と思われた終了間際の90分に痛恨の失点。惜しくも1回戦敗退となってしまいました。

 これで今シーズン残るは皇后杯のみとなりました。開幕は11/23と2ヶ月近く先になり,それまで公式戦が無い事から調整も難しいかもしれませんがなんとか良いコンディションで臨んで欲しいですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年10月01日

a000784

プレナスチャレンジリーグ2013 全日程終了

 台風の影響で延期になっていた1試合が先週の日曜に行なわれ,プレナスチャレンジリーグ2013の全日程が終了しました。最終順位は以下の通り。

 優勝:常盤木学園高等学校
 2位:ASエルフェン狭山FC ⇒ なでしこリーグ昇格
 3位:スフィーダ世田谷FC ⇒ なでしこリーグ9位との入替戦へ
 4位:ノジマステラ神奈川
 5位:福岡J・アンクラス
 6位:静岡産業大学磐田ボニータ
 7位:JFAアカデミー福島
 8位:愛媛FCレディース
 9位:日本体育大学女子サッカー部
 10位:JAPANサッカーカレッジレディース
 11位:AC長野パルセイロ・レディース
 12位:バニーズ京都SC
 13位:セレッソ大阪レディース
 14位:清水第八プレアデス
 15位:ジュ ブリーレ鹿児島 ⇒ 地域リーグとの入替戦へ
 16位:HOYOスカラブFC ⇒ 地域リーグとの入替戦へ

 パルセイロ・レディースは昨年と同じく11位。ただし昨年は12チーム中の11位だったので地域リーグとの入替戦に回りましたが,今年は16チーム中の11位なのでチャレンジリーグ残留が確定しています。勝ち点も昨年の10に対して今年は28と大幅増,変則リーグ戦の為チーム数が増えても昨年と同じ全22試合でしたからこの勝ち点は単純に昨年からの上積みと言えます。

 なでしこリーグや地域リーグとの入替戦・昇降格について幾つか発表があった様ですがそちらはまた後日別記事にて。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年10月31日

a000793

第35回皇后杯全日本女子サッカー選手権大会 組み合わせ

 JFA公式サイトで第35回皇后杯全日本女子サッカー選手権大会の組み合わせ(PDF)が発表されました。パルセイロ・レディースは本田監督が長く指揮を執った岡山湯郷Belleと同じブロックに入り,1回戦の対戦相手はASエルフェン狭山FC。8月の対戦では格の違いを見せ付けられた感もありますが,3ヶ月半でどれだけ差が詰められているのか楽しみでもあります。トップチームに続く快進撃に期待したい皇后杯は11/23にテクノポート福井で開幕です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年11月25日

a000808

2014シーズン チャレンジリーグ参加チーム

 昨日行なわれた2013なでしこリーグ&チャレンジリーグ入替戦の結果,FC吉備国際大学Charmeのなでしこリーグ残留とスフィーダ世田谷FCのチャレンジリーグ残留が決まり来シーズンのチャレンジリーグ参加チームが出揃いました。

 ■2014チャレンジリーグ参加チーム(2013年成績)
 スペランツァFC大阪高槻(なでしこリーグ10位)
 常盤木学園高等学校(チャレンジリーグ優勝)
 スフィーダ世田谷FC(チャレンジリーグ3位)
 ノジマステラ神奈川(チャレンジリーグ4位)
 福岡J・アンクラス(チャレンジリーグ5位)
 静岡産業大学磐田ボニータ(チャレンジリーグ6位)
 JFAアカデミー福島(チャレンジリーグ7位)
 愛媛FCレディース(チャレンジリーグ8位)
 日本体育大学女子サッカー部(チャレンジリーグ9位)
 JAPANサッカーカレッジレディース(チャレンジリーグ10位)
 AC長野パルセイロ・レディース(チャレンジリーグ11位)
 バニーズ京都SC(チャレンジリーグ12位)
 セレッソ大阪堺レディース(チャレンジリーグ13位)
 清水第八プレアデス(チャレンジリーグ14位)
 ASハリマアルビオン(関西リーグ3部優勝/昇格決定戦勝利)
 アンジュヴィオレ広島(中国リーグ優勝/入替戦勝利)

 ASエルフェン狭山FCがなでしこリーグに昇格しスペランツァFC大阪高槻がチャレンジリーグに降格。HOYOスカラブFCはチャレンジリーグ退会,ジュ ブリーレ鹿児島が地域リーグに降格しASハリマアルビオンとアンジュヴィオレ広島がチャレンジリーグに昇格しました。

 2014シーズンのチャレンジリーグは今シーズン同様8チームずつ2ブロックに分けてホーム&アウェイ14節を行なった後に別ブロック8チームと1回戦総当りを行う全22節。概要発表では4月開幕で10月一杯まで開催となっている様なので今年より若干余裕のある日程となりそうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年12月27日

a000827

ようこそパルセイロ(池ヶ谷夏美選手・堤喬也コーチ)

 今日はトップチームではなくレディースです。岡山湯郷BelleからGK池ヶ谷夏美選手と堤喬也GKコーチの加入が発表されました(堤コーチの移籍リリースは現在岡山側のみ発表)。岡山と言えば今やなでしこリーグの強豪ですが,現在パルセイロ・レディースで指揮を執る本田監督がかつて1から育て上げたチームでもあります。その本田監督の後任として現在岡山で指揮を執っている種田佳織監督はパルセイロ・レディースの前身である大原学園JaSRAで現役を過ごし監督も努めていたそうでなんとも不思議な縁です。

 パルセイロ・レディースのGKと言えば絶対的な守護神,アズこと松本あずみ選手が居ます。今年は前半こそ故障で出遅れたものの復帰してからは主力として活躍,池ヶ谷選手の加入で正GK争いがどうなるのか注目です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年01月13日

a000838

レディースチーム入退団発表

 レディースチーム始動と入団選手及び退団選手がまとめて発表されました。まずは入団選手。

 MF横山久美(岡山湯郷Belle)
 DF大島稀(国士舘大学女子サッカー部)
 MF重政絵(FC吉備国際大学Charme)
 DF金札杏(静岡産業大学磐田ボニータ)
 MF和田眞琴(岡山作陽高校サッカー部女子)
 MF永井那津希(武蔵丘短期大学女子サッカー部シエンシア)
 MF市川愛雪(日本航空高等学校女子サッカー部)

 注目は湯郷から加入の横山選手。まだ20歳と若い選手ですが昨シーズンはなでしこリーグ全試合に出場,これまで世代別代表にも選出されており特に2010年のU-17女子ワールドカップでは5人抜きゴールを決めるなど目覚しい活躍。また,2012年にはU-20日本代表に選出されているので当時U-20代表コーチだった本田監督からも指導を受けていたと思われます。『長野を日本一にするため挑戦しに来ました』との入団コメントも頼もしく,この補強からもクラブが本気でなでしこ昇格を狙っている事が判ります。

 …で,入団があれば退団もある訳で。

 GK松本あずみ選手,DF久木田祐子選手,DF高橋萌夏選手,MF市川未来選手,DF桧物千穂選手,DF北川みなも選手,DF佐山万里菜選手,GKクローゼンバーグ・ジェシカ・リン選手の退団が発表されました。

 個人的には特にファンだった松本あずみ選手の退団が大ショック。パルセイロ・レディース設立当初から守護神としてゴールを守り続け,気迫溢れるプレーとファインセーブ連発が印象に残っています。思う所あって引退との事なのでそれは本人の意思を尊重しますが,いちファンとしてはやはり続けて欲しいなと思ってしまいます。

 チーム始動は明日,8人入団の8人退団なので昨年と同じ人数でなでしこリーグ昇格を目指すシーズンが始まります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年01月15日

a000841

ようこそパルセイロ(矢島由希選手)

 既に始動しているレディースチームにASエルフェン狭山FCからDF矢島由希選手の加入が発表されました。矢島選手は狭山に3年間在籍してリーグ通算18試合出場1得点,昨シーズンはチャレンジリーグで9試合に出場しパルセイロ・レディースとの対戦でもフル出場していた様です。今シーズンは上位リーグで実績のある選手の補強が目立ちます。

 昨年の登録選手が25人でここまで9人加入の8人退団,他に退団者が無いとすれば現在26人。信毎によるとチームは25人前後の見込みとの事なのでこの辺りで補強は落ち着く感じでしょうか。また,2/8~11まで三重県鈴鹿市でキャンプを予定しているとか。レディースがシーズン前にキャンプをするのは初めて,色々な面からチームの本気度が伝わって来ます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年02月07日

a000850

ようこそパルセイロ(牧井毬音選手)

 レディースチームに聖和学園高等学校からMF牧井毬音選手の加入が発表されました。牧井選手は長野出身,仙台の高校を卒業し地元長野に戻っての入団です。先日,パルセイロ・レディースの育成チームに相当する中高生対象の『AC長野パルセイロ シュヴェスター』が発表され選手募集も始まりましたので今後は県外にサッカー留学せずとも長野でレベルの高いサッカーを続けられる環境が整備されそうです。

 これでレディースは10名退団して10名入団。トップチームと違い契約更新発表は無いので退団発表の無い選手が全員継続するのかは判りませんが,来週15日にはレディースの必勝祈願と新体制発表会がありますのでそれまでには背番号も含めチーム全容が明らかになると思われます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年02月14日

a000852

2013⇒2014シーズン契約/移籍状況(レディースチーム)

 レディースチーム選手契約/移籍状況(2014/9/21現在)
 2013⇒2014シーズン契約/移籍状況

このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年02月19日

a000853

プレナスチャレンジリーグ2014日程発表

 プレナスチャレンジリーグ2014の日程が発表されました。今シーズンも8チームずつ2ブロックに分かれて同ブロック内で2回戦総当り,他ブロックと1回戦総当りの全22節。前年度順位を元にしたブロック分けですがなんとなくAブロック西日本・Bブロック東日本な振り分け,パルセイロ・レディースはBブロックとなりました。

 【Aブロック】
 スペランツァFC大阪高槻
 ノジマステラ神奈川相模原
 福岡J・アンクラス
 愛媛FCレディース
 日本体育大学女子サッカー部
 バニーズ京都SC
 セレッソ大阪堺レディース
 アンジュヴィオレ広島

 【Bブロック】
 常盤木学園高等学校
 スフィーダ世田谷FC
 静岡産業大学磐田ボニータ
 JFAアカデミー福島
 JAPANサッカーカレッジレディース
 AC長野パルセイロ・レディース
 清水第八プレアデス
 ASハリマアルビオン

 開幕は4/6,アウェイで静岡産業大学磐田ボニータとの対戦。ホーム開幕は翌週4/12,佐久陸にスフィーダ世田谷FCを迎えます。レディースのホームゲームはほぼ佐久陸での開催となりますが,東和田で2試合,大町でも1試合開催される様です。

 トップチームとの日程被りが気になりますが,恒例の日程表は後日掲載します。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年03月01日

a000856

2014 AC長野パルセイロレディースチーム新体制発表会

 2014シーズンのレディースチーム新体制発表会に行って来ました。当初先月15日に行われる予定だった発表会ですが大雪の影響で急遽延期,本日の開催となりました。レディースチーム単独での発表会は初めてでどれくらい集まるのか不安でしたが,それでも100名程のサポーターが駆け付けました。

 
 会場のトイーゴ長野市生涯学習センターには200席余りが用意され半分くらいの入り

このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年06月28日

a000893

ようこそパルセイロ(國澤志乃選手)

 米国ロングアイランド大学から國澤志乃選手の加入が発表されました。國澤選手は高知県出身の23才,2009年には世代別代表候補にも選ばれており日本航空高等学校卒業後は米国に留学していた様です。シーズン途中に即戦力として期待出来そうな選手が加入,パルセイロ・レディースのなでしこ昇格に賭ける本気度が伝わって来ます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年09月10日

a000910

ようこそパルセイロ(林﨑萌維選手)

 パルセイロ・レディースにGK林﨑萌維選手の加入が発表されました。前所属がなでしこリーグの岡山湯郷Belleとの事ですが,岡山退団発表からパルセイロ加入発表まで若干期間が空いているのは何か手続き上の都合でしょうか?一般的な移籍とは何か違うのかな?

 林﨑選手は昨年U-19代表にも選出された若手の有力選手,プロフィールを見ると2010年~2012年に常盤木学園在籍と言う事はチャレンジリーグでパルセイロ・レディースと対戦してる?と思って調べてみたら1年生の頃から先発で出場していました。対パルセイロ・レディースの戦績はこんな感じ。

 2010年(1年生)…背番号17
 第7節 先発フル出場3失点(小林菜摘×2/浦崎優香)

 2011年(2年生)…背番号17
 第3節 先発出場で82分に交代、無失点
 第8節 先発フル出場無失点
 第13節 先発フル出場1失点(浦崎優香)

 2012年(3年生)…背番号1
 第3節 先発フル出場無失点
 第14節 先発フル出場1失点(浦崎優香)

 改めて見ると浦崎選手が毎年得点してますね。なお試合は(ry

 そういえばtwitter界隈ではこれでパルセイロ・レディースにサツキとメイが揃ってトップチームにはカンタも居るなんて話題になっていてちょっとツボでしたw

このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年09月11日

a000915

第36回皇后杯全日本女子サッカー選手権北信越大会 組み合わせ

 女子サッカー版の天皇杯に相当する皇后杯全日本女子サッカー選手権。パルセイロ・レディースはチャレンジリーグ所属の為県予選免除で9/13~15に開催される北信越予選からの参加となります。…で,女子サッカーの地域大会となるととたんに情報が得難くなり出場チームや日程組み合わせの公式情報が見当たりません。それでもヒーコラ言いながら掻き集めてトーナメント表にしてみましたが,本当にこれで合っているのかイマイチ自信が無いので非公式の参考情報と言う事でひとつ。

 北信越予選はチャレンジリーグ所属の2チームに北信越5県の代表と開催地新潟県の第2代表を加えたトーナメントで上位3チームに皇后杯本大会の出場権が与えられます。パルセイロ・レディースは1回戦でいきなり強豪の新潟医療福祉大学と対戦,これに勝つと準決勝でFCシュロス松本-北陸大学レディースの勝者と皇后杯出場権を賭けて対戦になります。エースの横山選手がU-23日本女子代表候補合宿に召集されている為参加出来ないのが気掛かりですが普段出場機会の少ない選手にとってはチャンスです。きっちり出場権を獲得して欲しいですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年12月26日

a000940

レディース入退団発表

 ここ数日レディースの入団・退団発表が続いています。現時点では大島・吉田・髙木・浦崎・能本・篠原選手が現役を引退し,金札・永井・青島・小松・卯木選手が退団となりました。大原学園時代からチームを支え続けた選手達が引退し始め,パルセイロ・レディース設立後数年間の大変厳しいシーズンを共に戦った選手も少なくなってきました。彼女達が厳しい環境の中奮戦し,チャレンジリーグに在籍し続ける事が出来たからこそ今のパルセイロ・レディースがあります。彼女達に感謝しつつ,来シーズンこそはトップチームとのダブル昇格を果たして欲しいですね。

 また,なでしこリーグの伊賀からMF高島瑠里子選手・信州大学からDF鈴木梓選手の加入が発表されました。現時点で11人退団ですので今後同程度の加入があると思われます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年01月07日

a000944

2014⇒2015シーズン契約/移籍状況(レディースチーム)

 レディースチーム選手契約/移籍状況(2015/9/1現在)
 2014⇒2015シーズン契約/移籍状況

このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年10月29日

a001033

第37回皇后杯全日本女子サッカー選手権大会 組み合わせ

 少し前になりますが,14日にJFA公式サイトで第37回皇后杯全日本女子サッカー選手権大会の組み合わせ(PDF)が発表されました。女子サッカー日本一を決めるこの大会,例年北信越予選からの出場だったパルセイロ・レディースですが今年はなでしこ2部所属と言う事で予選免除,本戦もシードされ2回戦からの出場となります。

 2回戦は11/14,15の2日間に渡って全国で開催,南長野でも4試合が予定されておりパルセイロ・レディースは15日14:00から 静岡産業大学磐田ボニータ-琉球デイゴス の勝者と対戦します。他の3試合もベガルタ仙台レディース(14日11:00)/日テレ・ベレーザ(14日14:00)/浦和レッズレディース(15日11:00)といったなでしこ1部強豪のカードが組まれ,パルセイロ・レディースが来シーズン参戦するなでしこ1部を一足早く体感出来る絶好の機会。11/3になでしこリーグ2部が閉幕した後も長野の女子サッカーは熱いです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年11月09日

a001038

第37回皇后杯全日本女子サッカー選手権大会 1回戦

 昨日・一昨日と第37回皇后杯全日本女子サッカー選手権大会1回戦が開催され,2回戦から出場するパルセイロ・レディースの対戦相手は静岡産業大学磐田ボニータに決まりました。

 静産大は昨シーズン勝点2差で惜しくもなでしこ2部入りを逃し,今シーズンはチャレンジリーグWESTに所属。WESTで2位となりプレーオフへ進出しましたがまたしても2部昇格には僅かに届かず,来シーズンもチャレンジリーグを戦う事が決まっています。パルセイロ・レディースとは2012年~2014年までチャレンジリーグで5回対戦し静産大の3勝2敗,但し直近の対戦となった2014年はパルセイロ・レディースが2勝しています。

 そして静産大には昨年パルセイロ・レディースに所属していた金札杏選手が在籍,1回戦ではキャプテンとして先発フル出場し琉球デイゴス相手に8-0と完勝しています。お互いにチーム状況が大きく変わっているので正直過去の戦績はあまり参考になりません。パルセイロ・レディースとしては勝ち進んで一足早くなでしこ1部を体感する絶好のチャンス,負ける訳にはいきません。

 2回戦は11/14,15の2日間に渡って全国で開催,南長野でも4試合が予定されており
 14日11:00 ベガルタ仙台レディース vs JAPANサッカーカレッジレディース
 14日14:00 日テレ・ベレーザ vs 藤枝順心高校
 15日11:00 浦和レッズレディース vs 横浜FCシーガルズ
 15日14:00 AC長野パルセイロ・レディース vs 静岡産業大学磐田ボニータ
 と注目カードが目白押し。南長野は今週末も熱いです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年12月27日

a001058

ようこそパルセイロ(鈴木里奈選手)

 浦和レッズレディースからDF鈴木里奈選手の加入が発表されました。浦和ではなかなか出場機会を得られなかった様ですが強豪常盤木学園時代には主力として活躍,パルセイロ・レディースともチャレンジリーグで2010年~2011年に計6回対戦しておりその全てで先発フル出場。2011年にはキャプテンも務めています。常盤木では林崎選手・坂本選手・斉藤選手と共にプレーしている事からチームに馴染むのも早いかも知れませんね。しかし当時は全く歯が立たなかった常盤木学園の主力選手達が時を経てパルセイロ・レディースに揃うと言うのも感慨深い物があります。

 今年は本当にオフシーズンの動きが早いですね。そろそろ入退団一覧を準備しなければ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年01月05日

a001063

2015⇒2016シーズン契約/移籍状況(レディースチーム)

 レディースチーム選手契約/移籍状況(2016/9/8現在)
 2015⇒2016シーズン契約/移籍状況

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年01月10日

a001068

ようこそパルセイロ(木下栞選手)

 レディースに日テレ・ベレーザからDF木下栞選手の加入が発表されました。

 木下選手はU-20女子ワールドカップに2度出場するなど世代別代表を経て,2014年にはなでしこリーグの強豪日テレ・ベレーザで主力選手として活躍した実績の選手。まだ23才と若く,昨シーズンは試合出場が無かった様ですが1部でレギュラー経験の有る即戦力と言う事で期待大です。女優の剛力彩芽さんに似ているなんて話があったので写真を見ましたが確かに似てますねw

 これでレディースは7名が退団し9名が新加入。スケジュールを見ると明日が始動日なのでこれでメンバーが出揃った感じでしょうか。

 ※2015⇒2016シーズン契約/移籍状況を更新しました

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年05月31日

a001116

ようこそパルセイロ(山崎円美選手)

 アルビレックス新潟レディースからFW山崎円美選手の加入が発表されました。シーズン真っ只中に同リーグ間の移籍と言うことで驚きましたが本人コメントを見てもこの移籍に臨む相当な覚悟がうかがえます。

 山崎選手は166cmの長身FWで昨シーズンは新潟の主力として活躍しエキサイティングシリーズ上位リーグで得点王(5試合5得点)を獲得,なでしこリーグ1部で7シーズン通算101試合出場34得点,2013年にはA代表にも選出されている実績充分の即戦力です。今シーズンはここまで出場がありませんが特に怪我の情報も無く,戦術的な事情か何かで出場機会が減っていたのかも知れませんね。

 確かシーズン前のインタビューで本田監督が『概ね希望通りの補強が出来たが欲を言えば横山選手を脅かす即戦力FWも欲しかった』といった趣旨の発言をしていたので,山崎選手の加入で監督が当初思い描いていたチームに近づいた感じでしょうか。今週末から始まるカップ戦が楽しみです。

 ※2015⇒2016シーズン契約/移籍状況を更新しました

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年10月12日

a001158

第38回皇后杯全日本女子サッカー選手権大会 組み合わせ

 JFA公式サイトで第38回皇后杯全日本女子サッカー選手権大会の組み合わせ(PDF)が発表されました。女子サッカー日本一を決める大会,パルセイロ・レディースはなでしこリーグ1部所属ということでシードされて2回戦からの出場となります。

 2回戦は10/29,30の2日間に渡って全国で開催,今年は佐久陸で4試合が予定されておりパルセイロ・レディースは29日14:00から ASハリマアルビオン-日テレ・メニーナ の勝者と対戦します。また,佐久陸では日テレ・ベレーザ(29日11:00)/ベガルタ仙台レディース(30日11:00)/浦和レッズレディース(30日14:00)の試合も予定されています。生憎30日はトップチームのホームゲームと被ってしまいましたが,29日は早めに行って日テレ・ベレーザの試合も楽しもうと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年10月22日

a001163

第38回皇后杯全日本女子サッカー選手権大会 1回戦

 皇后杯1回戦初日の試合が行なわれ,パルセイロ・レディースの2回戦の対戦相手がASハリマアルビオンに決まりました。ASハリマアルビオンは今年なでしこリーグ2部でリーグ戦こそ7位に終わったもののリーグカップ戦では優勝しています。パルセイロ・レディースとは昨年まで同じリーグに所属しており通算5回対戦してパルセイロ・レディースの5勝,しかし昨年南長野で対戦した際には千葉選手に2ゴールを決められており要注意です。また,ハリマと言えば今年8月にパルセイロ・レディースから市川愛雪選手が移籍しています。なかなか出場機会を得られていない様ですが佐久陸凱旋と言うことで元気な姿を見られるでしょうか。

 2回戦は10/29,佐久陸で14:00キックオフです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年10月25日

a001166

2016プレナスなでしこリーグ表彰

 プレナスなでしこリーグ1部・2部・プレナスチャレンジリーグは入替戦を除き先週末で全日程を終了,本日表彰式が行われました。

 チームは既報の通り1部リーグ3位表彰。非常に下世話な話で恐縮ですが3位までは賞金が出るそうで,何らかの形で選手達に還元されるといいなあと思う次第です。

 個人表彰では横山選手が1部リーグベストイレブンと敢闘賞を受賞,おめでとうござます!…で,ベストイレブンは判りますが敢闘賞って何だ?と思って規定を確認したところ『終盤まで優勝争いを行い惜しくも優勝は逃したチームの中から最も貢献した選手1名』とのこと。横山選手本人の活躍はもちろんのこと,チームとして最後まで優勝争いが出来ていないと獲得できない賞なので嬉しさもひとしおですね。

 これでリーグ戦は一段落,残るは皇后杯です。今週末は佐久陸で2回戦,そして3回戦以降はNHK-BSで全試合生中継が決まりました。いや,正確には開催全試合を中継する訳ではないのですがパルセイロ・レディースのブロックは全試合生中継対象になっています。これはNHKから皇后杯でも長野旋風を期待されてるのかな…?なんて。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年11月22日

a001184

2017シーズン なでしこリーグ参加チーム

 各カテゴリの入替戦が終わり,2017シーズンのプレナスなでしこリーグ1部/2部/チャレンジリーグの参加チームが決定しました。パルセイロ・レディースが参加する1部リーグにはノジマステラとエルフェンが昇格し全体的に東日本寄り…というか半分が関東のチームになりました。遠征負担という面では幾らか楽になるのかな?

 ■プレナスなでしこリーグ1部【前年順位/都道府県】
 日テレ・ベレーザ【1部1位/東京都】
 INAC神戸レオネッサ【1部2位/兵庫県】
 AC長野パルセイロ・レディース【1部3位/長野県】
 マイナビベガルタ仙台レディース【1部4位/宮城県】
 アルビレックス新潟レディース【1部5位/新潟県】
 伊賀フットボールクラブくノ一【1部6位/三重県】
 ジェフユナイテッド市原・千葉レディース【1部7位/千葉県】
 浦和レッドダイヤモンズレディース【1部8位/埼玉県】
 ノジマステラ神奈川相模原【2部1位/神奈川県】
 ちふれASエルフェン埼玉【2部2位/埼玉県】

 ■プレナスなでしこリーグ2部【前年順位/都道府県】
 コノミヤ・スペランツァ大阪高槻【1部9位/大阪府】
 岡山湯郷Belle【1部10位/岡山県】
 セレッソ大阪堺レディース【2部3位/大阪府】
 愛媛FCレディース【2部4位/愛媛県】
 スフィーダ世田谷FC【2部5位/東京都】
 日体大FIELDS横浜【2部6位/神奈川県】
 ASハリマアルビオン【2部7位/兵庫県】
 ニッパツ横浜FCシーガルズ【2部8位/神奈川県】
 FC吉備国際大学Charme【2部9位/岡山県】
 オルカ鴨川FC【チャレンジ1位/千葉県】

 ■プレナスチャレンジリーグ【前年順位/都道府県】
 アンジュヴィオレ広島【2部10位/広島県】
 大和シルフィード【チャレンジ2位/神奈川県】
 静岡産業大学磐田ボニータ【チャレンジ3位/静岡県】
 バニーズ京都SC【チャレンジ4位/京都府】
 ノルディーア北海道【チャレンジ5位/北海道】
 JFAアカデミー福島【チャレンジ6位/福島県(静岡県)】
 福岡J・アンクラス【チャレンジ7位/福岡県】
 常盤木学園高等学校【チャレンジ8位/宮城県】
 新潟医療福祉大学女子サッカー部【チャレンジ9位/新潟県】
 NGU名古屋FCレディース【チャレンジ10位/愛知県】
 つくばFCレディース【チャレンジ11位/茨城県】
 FC十文字VENTUS【入替戦予選1位/東京都】

 なんとなく気になったので全32チームを9地域に分けてみると
 北海道:1チーム
 東 北:3チーム(JFAアカデミー福島含む)
 関 東:12チーム
 北信越:3チーム
 東 海:3チーム
 関 西:5チーム
 中 国:3チーム
 四 国:1チーム
 九 州:1チーム

 …関東凄いな。男子サッカーの感覚もあって東海・関西・九州辺りはもっと多いのかなと思っていましたが意外と地域の偏りがありますね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年11月30日

a001189

ようこそパルセイロ(小泉玲奈選手・村社汐理選手・鈴木陽選手)

 レディースチームに東京国際大学からDF小泉玲奈選手,武蔵丘短期大学からDF村社汐理選手,ブラジル FOZ CATARATAS FC からFW鈴木陽選手の加入(内定)が発表されました。

 小泉選手は名前に見覚えがあるな…と思ったら9月に特別指定選手としての受け入れが発表されていました。昨年ユニバーシアード日本代表に選出され,在学中に特別指定選手になってそのまま正式に加入と言うことはかなり期待されている選手でしょうか。活躍が楽しみです。

 村社選手は浦和レッズレディースの下部組織出身でユース時代から評価が高く,進学先の武蔵丘短期大学ではキャプテンも務めていたとか。鈴木選手も浦和レッズレディースの下部組織出身,開志学園JSCからブラジルのクラブチームを経て加入と気になる経歴の選手。しかしここ数年浦和出身選手の獲得が多い気がしますが何かツテがあるんでしょうか。

 そして一足先にシーズンの終わったトップチームからは契約満了のリリースが出始めました。愛媛からレンタルの渡辺選手,鹿児島にレンタル中の金久保選手が共に両チームから契約満了。毎年この時期は寂しい気持ちになりますが新天地での活躍を期待します。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年01月02日

a001209

2016⇒2017シーズン契約/移籍状況(レディースチーム)

 レディースチーム選手契約/移籍状況(2017/7/7現在)
 2016⇒2017シーズン契約/移籍状況

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年01月03日

a001210

ようこそパルセイロ(望月ありさ選手)

 レディースに日テレ・ベレーザからGK望月ありさ選手の加入が発表されました。世代別代表に選ばれ国際大会でも活躍している望月選手ですが,下部組織から昇格した日テレでは曽山選手や山下選手といったA代表GKの前になかなか出場機会を得られずリーグ戦は2013年の1試合,昨年もカップ戦の3試合出場に留まっていた様です。本田監督がコーチを務めていたU-20代表では横山選手・坂本選手・木下選手とチームメイトだった様でその辺りも今回の移籍に影響しているでしょうか。

 しかし年末にトップチームの人事が固まった様なので年明けはレディースだな,なんて思っていましたが三が日の間に発表とは驚きました。レディースも例年より早い動きですね。退団選手は既に発表されていますが未発表選手が全員継続なのかも気になるところです。

 ※2016⇒2017シーズン契約/移籍状況を更新しました

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年01月06日

a001211

ようこそパルセイロ(野口彩佳選手)

 レディースにINAC神戸レオネッサからMF野口彩佳選手の加入が発表されました。高校女子サッカーの強豪十文字高校で主将を務め世代別代表にも選ばれた野口選手は2014年にINAC神戸へ入団するといきなりリーグ戦20試合出場。しかしそこはスター選手ひしめくINAC神戸,以降リーグ戦の出場は無く昨年もカップ戦2試合出場に留まっています。とはいえその実力は確かでしょうし165cmと上背があってMF登録ながらDFもこなせる様ですので活躍に期待です。

 この他,トップチームを退団した渡辺亮太選手がアスルクラロ沼津に加入することも発表されました。沼津には元パルセイロの青木翔大選手も在籍しており対戦が楽しみです。

 ※2016⇒2017シーズン契約/移籍状況(トップレディース)を更新しました

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年05月01日

a001252

横山選手海外移籍へ

 昨日ニュースで流れた横山選手海外移籍の件,本日クラブから正式リリースがありました。ドイツ・女子ブンデスリーガ1部『1.FFCフランクフルト』に2017/7/1~2018/6/30の1年間期限付き移籍とのこと。

 本人の上昇志向や周囲の状況を考えると遠からず海外移籍の話も出るだろうとは思っていましたが,クラブが進めている2020VISIONに米国女子サッカーチームとの提携が挙げられていたこともあって最速で来シーズンにも渡米かなと勝手に想像していたのでシーズン中のドイツ移籍に驚きました。移籍先のフランクフルトには日本代表の永里優季選手も在籍,初の海外挑戦でチームメイトに日本人が居るのは頼もしいですね。

 移籍期間は7/1からなので来月一杯まではパルセイロ・レディースの選手として試合に出場,ひとまず長野での最終戦は6/27にUスタで行われるリーグカップの新潟戦です。1年間の期限付き移籍なので期間満了後に更なるステップアップを目指すもよし,成長した姿で国内凱旋するもよし。サポーターとしては海外でも大活躍して,いつか国内復帰となるならその時にはまたパルセイロでプレーして欲しいなと思う次第です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年06月27日

a001279

長野から世界へ!横山久美トークショー

 日曜日に行われた横山選手のトークショーを観覧しました。約200人が集まった会場は終始笑顔で和やかなトークショーでした。

 
 司会進行はFMぜんこうじでフォルサ☆パルセイロのパーソナリティを勤める宮島さん

 
 
 第一部は横山選手がパルセイロに加入するまでの話や加入後の活躍について,横山選手・本田監督・美濃部GMの3人で対談。当初は横山選手と本田監督の二人でということだったけど,それだとやりづらい(?)ので美濃部GMに進行をお願いしたとか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年06月28日

a001280

ようこそパルセイロ(中野真奈美選手)

 レディースにMF中野真奈美選手の加入が発表されました。5月に前所属のマイナビベガルタ仙台レディースから退団リリースがあったのでもしかしたら…と思っていましたが7/1からパルセイロ・レディースの一員となります。

 中野選手は北海道出身で高校卒業後にパルセイロ・レディースの前身,大原学園JaSRA女子サッカークラブに加入。2年間主力として活躍した後に当時本田監督が指揮を執っていた湯郷に移籍,湯郷でも長く主力選手として活躍しなでしこジャパンにも選出されています。2015年に仙台へ移籍し活躍していましたが今年5月に突然退団,去就が注目されていました。

 運営母体が変わったとはいえ一応10年ぶりの古巣復帰という形になるでしょうか。流石に10年も経つと当時を知る選手は…と思ったら濱垣選手が2年とも一緒にプレーしてますね。というか濱垣選手は大原学園から通算14シーズン目(!)でしたか。これも凄いことです。

 ともあれ1部リーグで10年以上の実績があるベテラン選手の加入は比較的若いチームにとって頼もしい限り。7/1のノジマステラ戦から早速出場可能とのことですので楽しみです。

 ※2016⇒2017シーズン契約/移籍状況を更新しました

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年10月10日

a001323

第39回皇后杯全日本女子サッカー選手権大会 組み合わせ

 JFA公式サイトで第39回皇后杯全日本女子サッカー選手権大会の組み合わせ(PDF)が発表されました。パルセイロ・レディースはシードで2回戦からの出場となります。

 2回戦は11/3~5の3日間に渡って全国で開催,パルセイロ・レディースは4日14:00から佐久陸で バニーズ京都SC-ニッパツ横浜FCシーガルズ の勝者と対戦します。これに勝つと3回戦は11/12に藤枝で開催,ASハリマアルビオンの山を勝ち上がったチームと対戦です。これにも勝つと準々決勝は11/18に栃木でジェフユナイテッド千葉レディースの山を勝ち上がったチームと対戦になりますが,とにかく初戦を勝たないことには始まりません。でも出場チームのカテゴリを考えると準々決勝までは行きたいな,できればその先も可能な限り,といった感じでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年10月23日

a001325

MS&ADカップ2017 日本女子代表 2-0 スイス女子代表

 MS&ADカップ2017 (長野Uスタジアム/観客:6261人)
 日本女子代表 2-0 スイス女子代表

 
 昨日はUスタで日本女子代表戦,MS&ADカップ2017が開催されました。Uスタでの代表戦は2015年以来2度目ですが前回は平日開催だった為に行けず,この試合が発表されてからとても楽しみにしていました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年10月26日

a001326

ようこそパルセイロ(滝川結女選手)

 2週間程前になりますがレディースに常盤木学園高校からMF滝川結女選手の加入内定が発表されました。滝川選手は世代別代表経験もある常盤木学園の主力選手,今年のインターハイでは優秀選手にも選出されています。MF登録ながら得点力も抜群でチャレンジリーグの得点王も獲得しています。ちょっと調べただけでも相当な逸材の様で,ドリブル・キック・得点力の評価などは横山選手を彷彿とさせます。有望とはいえ高卒ルーキーが即戦力として活躍出来るかは判りませんが,楽しみな選手なのは間違い無さそうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年10月30日

a001328

第39回皇后杯全日本女子サッカー選手権大会 1回戦

 皇后杯1回戦が行なわれ,パルセイロ・レディースの2回戦の対戦相手がバニーズ京都SCに決まりました。チャレンジリーグ時代には何度も対戦していますが今回2014年以来3年ぶりの対戦,バニーズはなでしこ2部昇格を賭けた入替戦を控えており士気も上がっているのではないでしょうか。

 2回戦は11/4に佐久陸で開催,気温も随分下がってきましたので防寒対策をお忘れなく。

 ※2017シーズン日程・結果表を更新しました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年12月22日

a001354

ようこそパルセイロ(中村ゆしか選手)

 レディースにちふれASエルフェン埼玉からMF中村ゆしか選手の加入が発表されました。

 中村選手は世代別代表で活躍し,U-20代表では当時コーチだった本田監督の指導も受けていたとか。その後スフィーダ世田谷で2年間主力として活躍,今年ちふれASエルフェン埼玉でも1年通して活躍しており即戦力として期待出来る選手です。もちろんパルセイロ・レディースとも対戦しており,皆印象に残っていたのかSNSなどでは『いい選手が来た!』と喜びの声も。

 個人的にちょっと気になるのは世代別代表ではDF登録,スフィーダではFW登録,そしてエルフェンではMF登録だった様なのでパルセイロでの登録はどうなるんでしょうか。今回MFとして発表されているので普通にそのままMFですかね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年12月27日

a001359

ようこそパルセイロ(西川明花選手・小髙愛理選手・池崎愛選手)

 レディースにマイナビベガルタ仙台レディースからMF西川明花選手,新潟医療福祉大からGK小髙愛理選手,尚美学園大学からDF池崎愛選手の加入が発表されました。

 西川選手は先日加入した中村選手と同じく本田監督がコーチを務めていた当時のU-20日本代表,この世代の選手達が随分集まってきました。仙台からと言うことでパルセイロ・レディースと対戦しているのはもちろん,吉備国際大学時代にも当時のチャレンジリーグで対戦しゴールを決められていますね。

 小髙選手は高校時代に世代別代表にも選ばれているGK。新潟医療福祉大は確かチャレンジリーグに参加していたはず…と調べたのですが去年・今年と出場どころかベンチ入りした形跡すら無く不思議に思っていたところ長期リハビリ中だったとか。幸い本日行われたインカレで2年ぶりに復帰したそうなのでまずは一安心です。

 池崎選手はDFとして発表され尚美学園大学のサイトを見てもDF登録の様ですが,一方で試合記録を見るとFWとして出場し関東大学女子リーグ9試合9得点/関東女子リーグ14試合8得点と抜群の決定力を発揮しています。パルセイロレディースでどんなプレーをするのかとても気になる選手です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年01月02日

a001361

2017⇒2018シーズン契約/移籍状況(レディースチーム)

 レディースチーム選手契約/移籍状況(2018/7/25現在)
 2017⇒2018シーズン契約/移籍状況

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年01月10日

a001365

ようこそパルセイロ(三谷沙也加選手・風間優華選手)

 レディースに浦和レッズレディースからMF三谷沙也加選手,東海大学付属諏訪高校からGK風間優華選手の加入が発表されました。

 三谷選手はドリブルが得意なMFとのこと。95年生まれで作陽高校出身と言うことは既に加入が発表されている内田選手とチームメイトでしょうか。浦和ではなかなか出場機会を得られなかった様ですが,パルセイロに来て開花した選手も多いので楽しみです。

 風間選手は何と言っても175cmの体格が魅力。昨年6月にUスタで行われた高校総体の県大会決勝にも出場しており,たまたま観戦していたのですがよく覚えています。即戦力と言うよりはパルセイロでしっかり鍛えて今後が楽しみな選手です。

 この他にレディースでは大宮選手・中野選手の契約更新,トップチームでは大木選手が栃木ウーヴァFC・阪田選手が福島ユナイテッドFC・野崎選手がラインメール青森にそれぞれ移籍が発表されています。

 ※2017⇒2018シーズン契約/移籍状況(トップレディース)を更新しました

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年01月19日

a001369

AC長野パルセイロ・レディース 2018シーズン 新加入選手会見

 
 本日AC長野パルセイロ・レディースの2018シーズン新加入選手会見が行われました。今年はサポーター会員も申し込み抽選で見学可となり,撮影やSNSなどへのアップも制限無しということなのでまとめました。なお,全文書き起こしではないのでかなり要約したり端折ったりしています。聞き間違えもあるかと思いますので御了承下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年03月23日

a001385

SAN DIEGO PARCEIRO LADIES

 日系企業が米国で運営している San Diego Zest FC の女子チームがパルセイロ・レディースと提携し,今シーズンから SAN DIEGO PARCEIRO LADIES として米国女子サッカー2部リーグに参加すると発表されました。クラブエンブレムもパルセイロと同じデザインで AC NAGANO を SAN DIEGO , Since1990 を Since2018 に変更して使用する様です。パルセイロの名称やエンブレム使用についてはJリーグ理事会の承認も受けているとか。

 今月頭に噂が流れた時点では突然のことに驚きましたが,去年発表された2020VISIONにも2018年に米国女子2部チームと提携すると明記されていたので計画通りだったんですね。報道によると当面は現地の選手を中心に編成し,将来的にはAC長野パルセイロ・レディース出身の選手を含め半数程度を日本人選手にする方針とか。海外志向のある選手がまず国内のパルセイロ・レディースで経験を積んでからサンディエゴに渡り更に世界へ,なんて流れが理想でしょうか。

 さて,米国女子2部というと凄い様なよくわからない様な,ということでちょっと調べてみましたが米国では1部相当のNational Women's Soccer League(NWSL),2部相当の Women's Premier Soccer League(WPSL) とこちらも2部相当の United Women's Soccer(UWL) という大きく3つのリーグがある様です。

 NWSLは女子日本代表の川澄選手や宇津木選手が所属しているシアトル・レインFCなど9クラブで争うプロリーグ。WPSLは108クラブが4地域17地区に,UWLも22クラブが3地区に分かれて戦う日本で言う地域リーグ的なポジションでしょうか。 SAN DIEGO PARCEIRO LADIES は WPSL West Region / Pac South Division 所属とのこと。希望すればNWSL参入手続き・審査的な物もあるのかもしれませんがリーグ間の昇降格制度は現状特に整備されていない様子。サッカーに限らず米国ではクラブ自体の昇降格よりは有望選手を育てて上位リーグに輩出するという文化の方が強そうです。

 流石に米国内の2部リーグともなると情報源が少ないのでどこまで動向を追えるか判りませんが SAN DIEGO PARCEIRO LADIES については今後も注目していきたいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年09月20日

a001438

ようこそパルセイロ(中村恵実選手)

 レディースに常盤木学園高校からFW中村恵実選手の来季加入内定が発表されました。中村選手は長野市出身で中学時代はシュヴェスターに所属,下部組織出身の選手が加入するのはトップ・レディース通じて初めてです。

 本田監督が就任して間もない頃,まだ中学生になったばかりだが見所のある選手が練習に参加していると聞いて驚いた覚えがありますが,確かそれがこの中村選手だったかと思います(違ったらすみません)。2015年にはシュヴェスターに所属しながらレディースにも選手登録してなでしこリーグ2部の開幕戦に出場,その後強豪の常盤木学園に進学し今年は主力として高校総体初優勝に貢献。チャレンジリーグでもMF登録だった昨年1ゴール,FW登録の今年は5ゴールを挙げています。

 長野市,それもUスタのある篠ノ井出身ということで地元の期待も相当なものになりそうですね。楽しみな選手です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年10月18日

a001451

ようこそパルセイロ(原海七選手)

 レディースにINAC神戸レオンチーナからMF原海七選手の来季加入内定が発表されました。レオンチーナはINACの下部組織,パルセイロ・レディースだとシュヴェスターに相当するチームですね。原選手はレオンチーナ所属ながら今シーズンはトップチームのレオネッサにも選手登録してベンチ入りの経験も有り,本人コメントによるとスピードあるハードワークが持ち味だとか。また,クラブ発表のポジションはMFですが以前はFWをやっていた様ですね。

 下部組織所属ながらトップチームに登録,という経歴は同じく加入内定している中村選手と重なりますが2人とも今日まで行われていたU-18日本代表候補合宿に参加。逸材である事は間違い無さそうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年11月05日

a001459

第40回皇后杯全日本女子サッカー選手権大会 1回戦

 週末に皇后杯1回戦が行なわれ,パルセイロ・レディースの2回戦の対戦相手が武庫川女子大学に決まりました。女子サッカー部は創部20年以上の歴史あるチームでこれまで関西学生女子サッカーリーグ1部や全日本大学女子サッカー選手権で活躍,皇后杯本戦は今回が初出場だとか。また,隣のブロックでは常盤木学園が勝ち上がり。来シーズン加入内定の中村選手も先発出場,1アシストを決めて勝利に貢献している様ですね。

 2回戦は11/24~25に開催,パルセイロ・レディースは11/25に佐久陸で前述の武庫川女子大学と対戦します。例年この時期の佐久陸は結構な寒さになるので観戦される方はしっかりと防寒対策をしましょう。

 ※2018シーズン日程・結果表を更新しました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

About AC長野パルセイロ・レディース

ブログ「ぬけがら」のカテゴリ「AC長野パルセイロ・レディース」に投稿されたすべてのエントリのアーカイブのページです。新しい順番に並んでいます。

前のカテゴリはAC長野パルセイロです。

次のカテゴリは長野エルザSCです。

他にも多くのエントリがあります。メインページアーカイブページも見てください。

スポンサードリンク

Powered by
Movable Type
@Style