スポンサードリンク

« 土橋宏由樹引退試合 AC長野パルセイロOB 2-2 松本山雅FCOB | メイン | 美濃部直彦監督就任 »

配布カード2007年版

 本格的なオフシーズンに突入し公式サイトを眺める日々,新監督や選手の契約更新といった発表がまだ無いのでその間ブログの方はストックしておいた小ネタでお茶を濁します。

 昨年突然配布を始めて一部サッカーファンの間でも話題になった萌えカード,今年も燃えカードにリニューアルして毎試合楽しませて貰いましたがパルセイロ初年度の2007年シーズンにはこの原型とも言えるカードがありました。シンプルな共通デザインで試合日と対戦相手が書かれたカード,現在はホームゲームで配布していますが当時は主にアウェイゲームで配布していました。

 プレシーズンマッチ
 壮行会
 上田ジェンシャン戦
 松本山雅戦
 ツエーゲン金沢戦
 ヴァリエンテ富山戦
 新潟経営大学戦
 JSC戦

 プレシーズンマッチではサポート会員向け,同日の壮行会でも別のカードを配布しその後はアウェイバスツアー参加者に配っていたと記憶しています。今回改めて見たら経営大戦だけ2007じゃなくて07表記だったり微妙に突っ込み所が。ちなみにアウェイゲームが6試合分しかないのはフェルヴォローザ戦のバスツアーが中止になったから。もしかしたら自走組は現地でクラブ関係者に貰っていたかもしれません。

 …と,ここまで書いておいてなんですがこれってホームゲームでは配って無いですよね…?もしかして配ってたのかな?自信満々で書いたはいいけれど急に心配になってきましたw まあいいか。

 当時は『なんか無駄な金使ってるなあ』としか思いませんでしたが,今は形を変えパルセイロホームゲームの楽しみとして定着しているのがなんだか面白いです。


このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連コンテンツ(Powered by Google)

コメントを投稿