スポンサードリンク

« AFF女子選手権2013 GL#4 ミャンマー女子代表 0-3 日本女子選抜 | メイン | PCL2013 第22節 JSCレディース 3-1 パルセイロ・レディース »

AFF女子選手権2013 準決勝 日本女子選抜 2-1 ベトナム女子代表

 東南アジア女子サッカー選手権2013 準決勝 (@Youth Training Centre[ミャンマー/ヤンゴン])
 日本女子選抜 2-1 ベトナム女子代表

 【得点者】
 35分 [ベトナム女子代表]
 89分 須永愛海(仙台大学)
 94分 高橋美夕紀(新潟医療福祉大学)

 パルセイロ・レディースの橋浦選手が日本女子選抜として参加している東南アジア女子サッカー選手権2013,準決勝が昨日行なわれました。JFA公式の更新はまだですがASEANサッカー連盟のサイトに試合記事が掲載されています。

 拙い英語力をインターネットの力で補いつつ翻訳すると多分こんな感じ。意訳なんで表現等は適当に盛ってます。

 ------------------------------------------------------------------------------------------------------
 東南アジア女子サッカー選手権:
 日本女子選抜が前回大会優勝のベトナム女子代表を破る

 ヤンゴン(2013年9月20日)- Youth Training Centre で行なわれた東南アジア女子サッカー選手権準決勝第2試合は日本女子選抜が前回大会優勝のベトナム女子代表を2-1(延長)で下し決勝進出を決めた。土壇場の2ゴールで逆転勝利した日本女子選抜は2日後に行なわれる決勝でU-19オーストラリア女子代表と対戦する。

 豪雨の中行なわれた試合は両チームのプレーに影響を与えた。日本はカウンター狙いで引いて守るベトナムから得点を奪えず,35分には日本ディフェンス陣のミスを突いたベトナムが先制。

 0-1とベトナムリードで迎えた後半,日本は俊足のMF橋浦さつきを投入しベトナムのバックラインにプレッシャーをかける。このままベトナムが決勝進出かと思われた試合終了間際の89分,DF須永愛海が30mのロングシュートを決め試合は延長戦へ。

 勢いに乗る日本は延長前半4分,コーナーキックのこぼれ球をFW高橋美夕紀が決めて逆転。同点ゴールからわずか6分で逆転した日本が決勝進出を決めた。一方,勝利を目前にしていたベトナムはあと一歩の所で決勝進出を逃した。

 【準決勝結果】
 U-19オーストラリア女子代表 2-1 ミャンマー女子代表
 日本女子選抜 2-1(延長) ベトナム女子代表
 ------------------------------------------------------------------------------------------------------

 橋浦選手は後半から出場した様ですが,途中出場した事が記事になる位なので直接のゴールは無くとも勝利に貢献する活躍が出来た様ですね。それにしてもまた高橋選手が決めましたか。これで5戦連続の通算7ゴール,まだ大学2年生との事ですが卒業後の進路が気になります。


このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連コンテンツ(Powered by Google)