スポンサードリンク

« 2017-18MW杯 決勝 長野シャークス 1-4 AC長野パルセイロIHT | メイン | 第39回県選手権準決勝 軽井沢ワイルドキャッツ 4-1 AC長野パルセイロIHT »

バドミントン日本リーグ2017 チャレンジリーグ 試合結果

 先週末に行われたバドミントンチャレンジリーグ,パルセイロの結果をまとめました。

 男子が参加したチャレンジリーグ1部(3部相当)は全16チームでまずは前年の順位を元に4チームずつに分けたブロックリーグ,パルセイロはAブロックです。

 【Aブロック】
 ・AC長野パルセイロBC(昨年チャレンジリーグ1部優勝)
 ・トヨタ自動車(同8位)
 ・南那須精工(同11位)
 ・新明和工業(同2部優勝)

 試合はダブルス2試合+シングルス1試合(以下全て同様)
 AC長野パルセイロBC 2-1 トヨタ自動車
 AC長野パルセイロBC 3-0 南那須精工
 AC長野パルセイロBC 3-0 新明和工業

 各ブロック1位が戦う決勝リーグに3戦全勝で進出,今年は決勝リーグ2位以上で日本リーグ(2部相当)自動昇格となります。

 【決勝リーグ】
 ・AC長野パルセイロBC
 ・旭工芸(Bブロック1位/昨年準優勝)
 ・JP日本郵政(Cブロック1位/昨年3位)
 ・BC千葉(Dブロック1位/昨年5位)

 AC長野パルセイロBC 2-1 旭工芸
 AC長野パルセイロBC 3-0 JP日本郵政
 AC長野パルセイロBC 2-1 BC千葉

 決勝リーグも3連勝でチャレンジリーグ二連覇,準優勝の旭工芸と共に日本リーグ昇格を決めました。


 続いて女子,こちらもまずは昨年順位を元に全10チームを5チームずつに分けたブロックリーグ。パルセイロはAブロックです。

 【Aブロック】
 ・トヨタ自動車(昨年日本リーグ8位)
 ・TEAM神奈川(昨年チャレンジリーグ6位)
 ・JR東日本(同7位)
 ・AC長野パルセイロBC(新規参入)
 ・みずほフィナンシャルグループ(新規参入)

 AC長野パルセイロBC 1-2 トヨタ自動車
 AC長野パルセイロBC 3-0 TEAM神奈川
 AC長野パルセイロBC 3-0 JR東日本
 AC長野パルセイロBC 3-0 みずほフィナンシャルグループ

 3勝1敗の2位で決勝リーグに進出,女子も決勝リーグ2位以上で日本リーグ自動昇格です。

 【決勝リーグ】
 ・トヨタ自動車
 ・AC長野パルセイロBC
 ・百十四銀行(Bブロック1位/昨年3位)
 ・丸杉(Bブロック2位/新規参入)

 AC長野パルセイロBC 1-2 トヨタ自動車
 AC長野パルセイロBC 1-2 百十四銀行
 AC長野パルセイロBC 2-1 丸杉

 百十四銀行が全勝優勝。パルセイロを含む3チームが1勝2敗で並び,マッチ率が トヨタ自動車(.444) パルセイロ(.444) 丸杉(.333) でまず丸杉の4位が確定。更にゲーム率が トヨタ自動車(.524) パルセイロ(.474) でトヨタ自動車が2位,パルセイロは僅差の3位となり惜しくも日本リーグ昇格には届きませんでした。


 まだ2018シーズンの日程は発表されていませんが恐らく男子は11月中旬に茨城県で3日間集中開催の日本リーグ,女子は来年2月に東京都立川市で再びチャレンジリーグに挑むことになりそうです。


このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連コンテンツ(Powered by Google)

コメントを投稿