スポンサードリンク

« PNL1 2018 第13節 パルセイロ・レディース 1-3 ノジマステラ神奈川相模原 | メイン | 第24回長野県サッカー選手権 1・2回戦 »

チャレンジマッチ AC長野パルセイロBC 236-250 北海道コンサドーレ札幌BT/JR北海道BC

 バドミントン チャレンジマッチ 2018(南長野運動公園体育館/観客:150人くらい)
 AC長野パルセイロ・バドミントンクラブ 236(複3+単3 全12セット合計スコア)250 北海道コンサドーレ札幌バドミントンチーム/JR北海道バドミントン部

 
 昨日,レディースホームゲームに先立ち体育館では今シーズン二度目のバドミントンチャレンジマッチが開催されました。

 
 
 会場に入るとパルセイロバドミントンクラブのマスコットがお出迎え,写真撮影用のいわゆる顔ハメまで用意されていました。現在名前募集中とのこと,詳しくはクラブのfacebookまで。

 
 今回は 北海道胆振東部地震復興支援 と銘打ち,北海道コンサドーレ札幌バドミントンチームとJR北海道バドミントン部の合同チームを迎えての試合です。

 バドミンドンの全国リーグは1部と2部がそれぞれS/JリーグⅠ・S/JリーグⅡ,男子の場合更に3部と4部がそれぞれチャレンジリーグ1部・2部。各チーム今シーズンの所属カテゴリはJR北海道がS/JリーグⅠ,パルセイロがS/JリーグⅡ,コンサドーレがチャレンジリーグ1部。カテゴリだけ見ればコンサドーレが一番下ですが,昨シーズン創設されたばかりのチームなのでまだカテゴリが低いだけで実力的にはS/Jリーグレベルと思います。実際今年行われた全日本実業団選手権では2回戦でパルセイロ,3回戦で大同特殊鋼とS/JリーグⅡのチームを立て続けに破ってベスト8まで進出しています。

 試合は今回もダブルス3試合とシングルス3試合を2セットずつ行い総スコアで勝敗を決める団体戦,コート3面を使い3試合同時進行です。以下,試合の様子など。
 
 
 
 
 
 3試合同時進行なので各試合を少しずつ追いながら2階席をグルグル周っていました。12セット合計スコアが14点差ということからも判る通りどの試合も非常に拮抗していましたね。会場も前述のマスコット以外にスポンサーボードが増えたりグッズ売店が出たりと回を重ねる毎に良い雰囲気になっています。惜しむらくは台風の影響か前回に比べ客足がやや寂しかったかなというところ。

 
 試合後は記念撮影で締め。私はレディースのホームゲームへ行きましたがこの後更に講習会があった様です。


このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連コンテンツ(Powered by Google)

コメントを投稿