スポンサードリンク

« 2018年02月 | メイン | 2018年04月 »

2018年03月 アーカイブ

2018年03月05日

a001378

第39回県選手権準決勝 軽井沢ワイルドキャッツ 4-1 AC長野パルセイロIHT

 第39回長野県アイスホッケー選手権 クラスA 準決勝(軽井沢風越公園アイスアリーナ/観客:40人ぐらい)
 軽井沢ワイルドキャッツ 4(0-0,3-1,1-0)1 AC長野パルセイロアイスホッケーチーム

 
 vs軽井沢ワイルドキャッツ

 先週末の土日に長野県アイスホッケー選手権が行われました。今年は5チームが参加,昨年準優勝のパルセイロは準決勝からの登場で対戦相手は軽井沢ワイルドキャッツです。

 試合の様子など。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 試合は1Pこそ拮抗していたものの2Pに入ると徐々に地力差が出てあっと言う間の3失点。1点を返して迎えた3Pもなかなか追加点を奪えず,6人攻撃を試みた終盤にカウンターからエンプティーゴールを決められて勝負有り。6人攻撃に出た判断は間違っていないしこれはもう仕方ありません。ワイルドキャッツが強かった。

 【得点経過】
 [CAT 1-0 PRC] 2P - G:#- A:#-
 [CAT 2-0 PRC] 2P - G:#- A:#-
 [CAT 3-0 PRC] 2P - G:#- A:#-
 [CAT 3-1 PRC] 2P - G:#- A:#-
 [CAT 4-1 PRC] 3P - G:#- A:#-

 【SOG】
 CAT 25(10-10,8-11,7-11)32 PRC

 
 初戦敗退となりましたが大会は続きます。次は同日夕方から順位決定トーナメント1回戦,軽井沢高校との対戦です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年03月06日

a001379

第39回県選手権順位決定戦 軽井沢高校 3-6 AC長野パルセイロIHT

 第39回長野県アイスホッケー選手権 クラスA 順位決定戦(軽井沢風越公園アイスアリーナ/観客:30人ぐらい)
 軽井沢高校アイスホッケー部 3(1-2,2-2,0-2)6 AC長野パルセイロアイスホッケーチーム

 
 vs軽井沢高校

 長野県アイスホッケー選手権,初戦に敗れてしまったパルセイロは3位決定戦進出を賭けて軽井沢高校と対戦しました。

 試合の様子など
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 試合は1Pに幸先良く先制し程無く追加点も挙げる上々のスタート,しかし終了間際に失点すると2Pは一転して激しいシーソーゲームに。3Pに入ると地力に勝るパルセイロが追加点を重ねて勝利しましたが,2Pまでは『もしかしたら初日で大会終わっちゃうかも…?』とドキドキする試合でした。

 【得点経過】
 [KHS 0-1 PRC] 1P 03:46 G:#5 A:#15/#6
 [KHS 0-2 PRC] 1P 09:05 G:#15 A:#5/#12
 [KHS 1-2 PRC] 1P 14:11 G:#18
 [KHS 2-2 PRC] 2P 04:29 G:#21 A:#18/#23
 [KHS 2-3 PRC] 2P 10:44 G:#3 A:#14/#12
 [KHS 3-3 PRC] 2P 12:52 G:#8 A:#17
 [KHS 3-4 PRC] 2P 14:10 G:#15 A:#5/#6
 [KHS 3-5 PRC] 3P 07:17 G:#8 A:#14/#12
 [KHS 3-6 PRC] 3P 14:50 G:#11 A:#12/#3

 【SOG】
 KHS 15(4-15,8-14,3-19)48 PRC

 
 順位決定戦を勝ち上がり次は翌日開催の3位決定戦。対戦相手はWAG軽井沢OVER38です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年03月07日

a001380

第39回県選手権3位決定戦 AC長野パルセイロIHT 8-2 WAG軽井沢OVER38

 第39回長野県アイスホッケー選手権 クラスA 3位決定戦(軽井沢風越公園アイスアリーナ/観客:40人ぐらい)
 AC長野パルセイロアイスホッケーチーム 8(1-0,5-2,2-0)2 WAG軽井沢アイスホッケークラブOVER38

 
 vsWAG軽井沢OVER38

 先週日曜に行われた長野県アイスホッケー選手権の3位決定戦。対戦相手は強豪WAG軽井沢のシニアチーム,WAG軽井沢OVER38です。

 試合や会場の様子など
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 試合はパルセイロが圧倒,と言っていい程に攻め続けたものの1Pは1点止まり。2P開始早々に追い付かれて嫌な雰囲気になりかかりましたがここからゴールラッシュで試合を決定付けます。WAG軽井沢OVER38も2P終盤に1点を返し盛り上がりますが3Pに入ってパルセイロが更に追加点を重ね8-2で勝利,パルセイロは3位で大会を終えました。

 【得点経過】
 [PRC 1-0 O38] 1P - G:#14 A:#7
 [PRC 1-1 O38] 2P - G:#12 A:#20
 [PRC 2-1 O38] 2P - G:#15 A:#7
 [PRC 3-1 O38] 2P - G:#6 A:#15
 [PRC 4-1 O38] 2P - G:#14 A:#12/#13
 [PRC 5-1 O38] 2P - G:#14 A:#12
 [PRC 6-1 O38] 2P - G:#6
 [PRC 6-2 O38] 2P - G:#33
 [PRC 7-2 O38] 3P - G:#14 A:#11
 [PRC 8-2 O38] 3P - G:#14 A:#12

 【SOG】
 PRC -(14-2,10-6,-)- O38

 
 パルセイロは3位の賞品としてビールを獲得。この後行われた決勝はWAG軽井沢のトップチームが軽井沢ワイルドキャッツを破って県選手権連覇,ちなみに優勝・準優勝の賞品もビールだったんですが軽井沢高校が入賞したらどうする予定だったのかちょっと気になりますw

 
 シーズン最終戦を勝利で飾ることができました。選手・スタッフの皆さん,応援されたサポーターの皆さん,今シーズンもお疲れ様でした!

 ※シーズン日程表を更新しました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年03月11日

a001381

2018 J3リーグ第1節 藤枝MYFC 1-0 AC長野パルセイロ

 2018 明治安田生命 J3リーグ 第1節 (藤枝総合運動公園サッカー場/観客:1837人)
 藤枝MYFC 1-0 AC長野パルセイロ

 
 vs 藤枝MYFC

 いよいよ明治安田生命J3リーグの2018シーズンがスタート,昨日は藤枝で開幕戦でした。

 
 
 ここ数年ホームゲーム中心の観戦となっていますが開幕戦は特別なのでアリーナバスツアーに参加。缶バッチと橙宴さんのお弁当も嬉しい。

 しかし長野道は事故処理で塩尻-岡谷間が通行止めとの情報が入りツアーは急遽上信越道で佐久へ回り下道から野辺山を越えるルートに変更。正直なところ通過する頃には事故処理終わってるんじゃないかなと思いましたが結果的にこの変更が大正解,同じ頃に長野道を通った人達は渋滞に巻き込まれキックオフに間に合わなかった様です。

 
 当初予定からは若干遅れたものの迂回ルートが功を奏し試合前に到着。試合より楽しみなんじゃないかというくらい好物の藤枝ハイボールと富士宮やきそばを頂きます。

 
 
 両チームサポーターの様子。前述の事故渋滞で一部サポーターの到着が遅れたものの大勢のパルサポが駆け付けました。藤枝サポーターさんも以前に比べかなり規模が大きくなった印象でホームの雰囲気を作っていました。

 
 新加入選手7人中6人がベンチ入りして3人先発,2人途中出場のフレッシュなメンバー構成は『即戦力として獲得したなら試合に出ろ』と思っていたこともあり納得。新加入選手の中では河合選手が特に良かったので今後も期待,後半途中出場の堂安選手もかなり良さそうだったので先発でもっと長い時間見たい感じでした。

 で,肝心の試合ですが前述の新加入選手がポツポツと目立った他は正直ちょっと厳しい。立ち上がりこそ若干押し気味に進めたものの萬代選手が終始厳しいチェックに合い,迎えた絶好の決定機もキーパーに阻まれて0-0で折り返し。

 
 HTに藤枝のマスコットがお披露目。その名も『蹴っとばし小僧』だそうで,またなかなかアクの強い…。

 後半ややこう着状態かと思われた69分に大島選手がPA内で相手選手を倒し一発レッドで退場。このPKは小澤選手が完璧にセーブしたものの1人少なくなったパルセイロは劣勢となり,81分には一昨年パルセイロでプレーした藤枝の渡辺選手にゴールを奪われ0-1で敗戦。一昨年から続く対藤枝戦の連敗が4に伸びる苦いスタートとなりました。

 
 まだシーズンが始まったばかり,たった1試合終わっただけ,という意見は理屈の上では100%正しい。理屈の上では。

 
 傷心に追い討ちをかける渡辺選手のヒーローインタビュー。あの…できればパルセイロ戦以外でも…。

 次節は3/17にアウェイでSC相模原と対戦,続いて3/21はUスタにFC東京U-23を迎えてホーム開幕戦です。

 ※2018シーズン日程・結果表を更新しました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年03月17日

a001382

2018 J3リーグ第2節 SC相模原 2-2 AC長野パルセイロ

 2018 明治安田生命 J3リーグ 第2節 (相模原ギオンスタジアム/観客:3569人)
 SC相模原 2-2 AC長野パルセイロ

 本日アウェイで行われた相模原戦はDAZNで観戦。

 前節の退場で大島選手が出場停止となり台所事情の厳しいDF陣。どうするのかな,と先発メンバーを見たらDF3人にFW3人だったので3バックにして攻撃的な布陣?と思いきや実際はFW登録の三上選手を右SBで起用の4-4-2でした。そうか,FWのイメージしか無かったけれど三上選手はボランチやSBも経験しているユーティリティープレイヤーでした。

 試合は17分,その三上選手の低いクロスに津田選手がダイビングヘッドで合わせて先制。しばらく得点から離れていたとは言っても津田選手流石だなあと思っていた矢先に相手選手との接触で負傷交代のアクシデント。後頭部を強打していたので大事に至らないと良いのですが。後半に入って50分,河合選手がPKを獲得するとこれを落ち着いて決め2-0。しかしここから相模原の反撃に合い60分,65分と失点しあっと言う間に2-2。その後は両チームとも勝ち越しゴールを奪えずにこのままドローとなりました。

 もったいない試合だったな,と思いますが2点獲れただけまだ救いがあるかな,とも。次節は中3日の3/21,UスタにFC東京U-23を迎えてのホーム開幕戦です。

 ※2018シーズン日程・結果表を更新しました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年03月21日

a001383

PNL1 2018 第1節 アルビレックス新潟レディース 1-2 パルセイロ・レディース

 プレナスなでしこリーグ1部 2018 第1節(デンカビッグスワンスタジアム/観客:4682人)
 アルビレックス新潟レディース 1-2 AC長野パルセイロ・レディース

 いよいよなでしこリーグが開幕,パルセイロ・レディースはアウェイでアルビレックス新潟レディースとの対戦でした。映像配信がほぼ無くなってしまった昨シーズンから一転,今年は1部リーグ戦の大半を動画配信サービスmycujooで視聴することが出来る様になりました。有難いことです。

 試合は前半終盤の43分に先制されたものの50分に齊藤選手のゴールで同点,終盤86分には途中出場のルーキー滝川選手が逆転ゴールを決めて2-1で勝利となりました。監督・選手のコメントなどを見ても課題はありつつも好スタートに手応えを感じている様ですね。

 次節は3/25,Uスタに日テレ・ベレーザを迎えてのホーム開幕戦です。

 ※2018シーズン日程・結果表を更新しました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年03月22日

a001384

2018 J3リーグ第3節 AC長野パルセイロ 1-0 FC東京U-23

 2018 明治安田生命 J3リーグ 第3節 (長野Uスタジアム/観客:3839人)
 AC長野パルセイロ 1-0 FC東京U-23

 
 FC東京U-23を迎えて

 昨日はトップチームのホーム開幕戦でした。数日前までのポカポカ陽気が嘘の様に気温が下がり雪まで降る厳しいコンディション,集客への影響を調べる為に長野エルザ時代の2006年からリーグ戦ホームゲームの天候をまとめているのですが公式記録に『天候:雪』と書かれたのは初めてです。

 
 
 両チームゴール裏の様子。何を撮っても雪が写り込みます。

 
 試合に先立ち長野市の加藤市長によるキックインセレモニー。

 先ほどから書いている通り時間によってはかなり強めの雪が降り,気温も4.1℃とこの時期としては低い上に風も強く体感温度は更に低下。観戦歴はそこそこ長い方だと思いますがその経験上でも過去屈指の厳しいコンディション,しかも前半はほぼ見所が無くハーフタイムにはもう駐車場に引き上げて車の中でテレビ中継を観ようかと考える有様でした。

 後半に入るとポツポツとチャンスらしい形が増え,57分に三上選手のクロスが思いのほか伸びてこれが結果的に見事なループシュートとなり先制,しかし追加点で畳み掛けたかった矢先の64分に河合選手が2枚目のイエローで退場。その後はFC東京U-23の時間帯もありましたが10人で守り切ってなんとか1-0で勝利となりました。

 あまりにも寒すぎて最後の15分ぐらいは『寒い~』『早く終われ~』以外に何も考えられなくなっていました。勝ち試合,それもホーム開幕戦の勝利にも関わらず試合終了と同時に席を立って足早に引き上げる観客が目立ったほどです。

 
 入場者数は3839人。単純に数字だけ見るとホーム開幕戦としてはJ3参入以降ワーストですが,昨日の天候で地上波TV生中継があったことを考えると額面通りに受け取るのはちょっと保留です。

 
 色々と課題はあるでしょうがともかくホーム開幕戦勝利です。あのコンディションの中で勝ち切った選手に拍手。

 
 
 試合後は三上選手と浅野監督のインタビュー。何度も書きますが現地ではあまりに寒すぎて何を言っていたのかさっぱり覚えていません。

 
 次節は休み番なので次の試合は4/1,Uスタにギラヴァンツ北九州を迎えてのホームゲームです。

 ※2018シーズン日程・結果表を更新しました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年03月23日

a001385

SAN DIEGO PARCEIRO LADIES

 日系企業が米国で運営している San Diego Zest FC の女子チームがパルセイロ・レディースと提携し,今シーズンから SAN DIEGO PARCEIRO LADIES として米国女子サッカー2部リーグに参加すると発表されました。クラブエンブレムもパルセイロと同じデザインで AC NAGANO を SAN DIEGO , Since1990 を Since2018 に変更して使用する様です。パルセイロの名称やエンブレム使用についてはJリーグ理事会の承認も受けているとか。

 今月頭に噂が流れた時点では突然のことに驚きましたが,去年発表された2020VISIONにも2018年に米国女子2部チームと提携すると明記されていたので計画通りだったんですね。報道によると当面は現地の選手を中心に編成し,将来的にはAC長野パルセイロ・レディース出身の選手を含め半数程度を日本人選手にする方針とか。海外志向のある選手がまず国内のパルセイロ・レディースで経験を積んでからサンディエゴに渡り更に世界へ,なんて流れが理想でしょうか。

 さて,米国女子2部というと凄い様なよくわからない様な,ということでちょっと調べてみましたが米国では1部相当のNational Women's Soccer League(NWSL),2部相当の Women's Premier Soccer League(WPSL) とこちらも2部相当の United Women's Soccer(UWL) という大きく3つのリーグがある様です。

 NWSLは女子日本代表の川澄選手や宇津木選手が所属しているシアトル・レインFCなど9クラブで争うプロリーグ。WPSLは108クラブが4地域17地区に,UWLも22クラブが3地区に分かれて戦う日本で言う地域リーグ的なポジションでしょうか。 SAN DIEGO PARCEIRO LADIES は WPSL West Region / Pac South Division 所属とのこと。希望すればNWSL参入手続き・審査的な物もあるのかもしれませんがリーグ間の昇降格制度は現状特に整備されていない様子。サッカーに限らず米国ではクラブ自体の昇降格よりは有望選手を育てて上位リーグに輩出するという文化の方が強そうです。

 流石に米国内の2部リーグともなると情報源が少ないのでどこまで動向を追えるか判りませんが SAN DIEGO PARCEIRO LADIES については今後も注目していきたいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年03月25日

a001386

PNL1 2018 第2節 パルセイロ・レディース 1-0 日テレ・ベレーザ

 プレナスなでしこリーグ1部 2018 第2節(長野Uスタジアム/観客:3005人)
 AC長野パルセイロ・レディース 1-0 日テレ・ベレーザ

 
 日テレ・ベレーザを迎えて

 今日はレディースのホーム開幕戦。僅か4日前に行われた極寒の試合とは打って変わって朝から晴天,気温も15.9℃と絶好の観戦日和でした。

 
 今シーズンもスタジアム外周に選手タペストリー。多分トップチームの時もあったんだと思いますがとてもそこまで見ている余裕はありませんでした。

 
 
 両チームサポーターの様子。

 
 試合に先立ち長野市の加藤市長による始球式。しかしゴールを大きく外してしまいサポーターの催促でやり直し,それだけでも異例ですがこのやり直しをライオーが見事にセーブw ライオー自身も焦っている様子でしたw

 
 そして選手入場時にビッグフラッグ。これが出ると特別な試合という感じが出ます。

 スタメンにA代表選手をズラリと並べた日テレに対しパルセイロ・レディースも奮戦,前半は日テレに負傷者(出血?)が出て一時的に数的優位の時間帯が続いたこともあってかパルセイロ・レディースにもそれなりにチャンスがあり拮抗したまま0-0で終了。後半に入ると日テレペースとなり押し込まれる場面が続きましたが全員で守って得点を許さず『日テレ相手にスコアレスなら万々歳じゃないか?』なんて思い始めた矢先の83分に國澤選手がロングシュート,遠目ではGKにキャッチされたかと思いましたがシュートの勢いが勝ったのかファンブル気味にこぼれてそのままゴール。その後も日テレの攻撃をしのいで1-0で勝利となりました。

 
 今日の入場者数は3005人。アナウンスの時にいつも通り写真を撮ったら42人の表示,なんじゃ?と思ったらボランティアスタッフの人数も一緒に発表する様になったんですね。

 
 日テレ相手に嬉しい勝利,かなり攻め込まれた印象だったのですが公式記録を見ると被シュート数は前半3後半4。あれ?思ったより少ないですね。自陣に持ち込まれてもシュート前にしっかり守れていたということでしょうか。

 
 開幕2連勝と最高のスタートを切れました。一昨年の様な快進撃が期待出来るかも?

 次の試合は3/31,UスタにINAC神戸レオネッサを迎えてのホームゲーム。なでしこリーグカップのグループリーグです。

 ※2018シーズン日程・結果表を更新しました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年03月29日

a001387

第98回天皇杯全日本サッカー選手権大会 組み合わせ

 第98回天皇杯全日本サッカー選手権大会の組み合わせが発表されました。今年は4回戦までが決まっていて,ベスト8が出揃った後に準々決勝の組み合わせ抽選となる様です。

 パルセイロは長野県サッカー選手権にエントリーしており,5/13に行われる決勝戦に勝つと長野県代表として天皇杯に出場できます。なお,県選手権の決勝が大町市サッカー場で開催となることも発表されました。てっきりUスタかアルウィンだと思っていたのでちょっとビックリ。大町市サッカー場も良い施設なのですが,県選手権の決勝となると規模的に少々不安が無いでもありません。

 さて天皇杯本戦,長野県代表は5/26にUスタで行われる1回戦で新潟県代表と対戦。新潟医療福祉大学や新潟経営大学といった大学勢にJAPANサッカーカレッジなどお馴染みの面々が参加して新潟県予選が行われており5/13に代表が決定します。2回戦は6/6にNACK5スタジアム大宮で大宮アルディージャ,3回戦はベガルタ仙台ブロックの勝者,4回戦は横浜F・マリノスブロックの勝者と対戦になりますがいづれにせよまずは県代表にならなければ何も始まりません。とはいえパルセイロに関して言えば県代表として天皇杯で勝ち上がって全国に名前を売るぞ,なんて時期はもう過ぎている様な気もしますが…。

 ■トーナメント表(1回戦~4回戦)
トーナメント表(1回戦~4回戦)

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年03月31日

a001388

PNLC1 2018 第1節 パルセイロ・レディース 0-3 INAC神戸レオネッサ

 プレナスなでしこリーグカップ1部 2018 グループB 第1節(長野Uスタジアム/観客:2009人)
 AC長野パルセイロ・レディース 0-3 INAC神戸レオネッサ

 
 INAC神戸レオネッサを迎えて

 今日はなでしこリーグカップの開幕戦でした。2週連続でホーム開幕戦というのもちょっと変な感じです。

 
 Uスタに到着してまずは食事,橙宴さんの中華そばです。先週バタバタしていて食べそびれたのが心残りだったので満足。

 
 カップ戦開幕ということでホーム側には今日もビッグフラッグ

 
 INACサポーターの皆さん

 INACは主力選手5人が代表召集のため不在,と聞いていたのですが今日のスタメンにも代表クラスの選手が並び選手層の厚さを見せ付けられます。試合は13分にセットプレーから失点こそしたもののパルセイロ側もチャンスを作れるなど互角の戦いで後半へ,しかし68分にCKから追加点を許すと78分にも素晴らしいゴールを決められ0-3で完敗。ただ,監督や選手コメントにもある通り内容自体は点差ほど悲観したものでもないかな?という印象。中村選手や西川選手の突破などは目を見張るものがあり,今後に期待が持てそうです。

 
 
 
 
 この後はカップ戦が2試合続き4/7にアウェイでノジマステラ神奈川相模原と対戦,翌週4/14にはUスタにマイナビベガルタ仙台レディースを迎えてのホームゲームです。

 ※2018シーズン日程・結果表を更新しました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

About 2018年03月

2018年03月にブログ「ぬけがら」に投稿されたすべてのエントリです。新しい順に並んでいます。

前のアーカイブは2018年02月です。

次のアーカイブは2018年04月です。

他にも多くのエントリがあります。メインページアーカイブページも見てください。

スポンサードリンク

Powered by
Movable Type
@Style