スポンサードリンク

« SAN DIEGO PARCEIRO LADIES | メイン | 第98回天皇杯全日本サッカー選手権大会 組み合わせ »

PNL1 2018 第2節 パルセイロ・レディース 1-0 日テレ・ベレーザ

 プレナスなでしこリーグ1部 2018 第2節(長野Uスタジアム/観客:3005人)
 AC長野パルセイロ・レディース 1-0 日テレ・ベレーザ

 
 日テレ・ベレーザを迎えて

 今日はレディースのホーム開幕戦。僅か4日前に行われた極寒の試合とは打って変わって朝から晴天,気温も15.9℃と絶好の観戦日和でした。

 
 今シーズンもスタジアム外周に選手タペストリー。多分トップチームの時もあったんだと思いますがとてもそこまで見ている余裕はありませんでした。

 
 
 両チームサポーターの様子。

 
 試合に先立ち長野市の加藤市長による始球式。しかしゴールを大きく外してしまいサポーターの催促でやり直し,それだけでも異例ですがこのやり直しをライオーが見事にセーブw ライオー自身も焦っている様子でしたw

 
 そして選手入場時にビッグフラッグ。これが出ると特別な試合という感じが出ます。

 スタメンにA代表選手をズラリと並べた日テレに対しパルセイロ・レディースも奮戦,前半は日テレに負傷者(出血?)が出て一時的に数的優位の時間帯が続いたこともあってかパルセイロ・レディースにもそれなりにチャンスがあり拮抗したまま0-0で終了。後半に入ると日テレペースとなり押し込まれる場面が続きましたが全員で守って得点を許さず『日テレ相手にスコアレスなら万々歳じゃないか?』なんて思い始めた矢先の83分に國澤選手がロングシュート,遠目ではGKにキャッチされたかと思いましたがシュートの勢いが勝ったのかファンブル気味にこぼれてそのままゴール。その後も日テレの攻撃をしのいで1-0で勝利となりました。

 
 今日の入場者数は3005人。アナウンスの時にいつも通り写真を撮ったら42人の表示,なんじゃ?と思ったらボランティアスタッフの人数も一緒に発表する様になったんですね。

 
 日テレ相手に嬉しい勝利,かなり攻め込まれた印象だったのですが公式記録を見ると被シュート数は前半3後半4。あれ?思ったより少ないですね。自陣に持ち込まれてもシュート前にしっかり守れていたということでしょうか。

 
 開幕2連勝と最高のスタートを切れました。一昨年の様な快進撃が期待出来るかも?

 次の試合は3/31,UスタにINAC神戸レオネッサを迎えてのホームゲーム。なでしこリーグカップのグループリーグです。

 ※2018シーズン日程・結果表を更新しました。


このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連コンテンツ(Powered by Google)

コメントを投稿