スポンサードリンク

« 第15回JFL第33節 SC相模原 2-1 AC長野パルセイロ | メイン | 第93回天皇杯4回戦 横浜F・マリノス 2-1 AC長野パルセイロ »

AC長野パルセイロ J3参入決定

 19日のJリーグ理事会でAC長野パルセイロの来シーズンJ3参入が正式に決定しました。目標としているJリーグ正会員・J2ではなく準会員リーグのJ3ではありますが,来シーズンからパルセイロはJリーグクラブになります。今年になって唐突に話が出てきた新設リーグという事もあり正直今でも『J3ってJリーグなの?』と言う疑問が頭を過ぎりますが,現在広くJリーグと認識され我々が目指しているJ2も発足当初はサッカーファンの間で『J2をJリーグと呼んで良いのか?』と議論されていた記憶がありますのでJ3もいずれJリーグとして認知される事になるのでしょう。

 19日にJ3参入が決定したのは以下の10クラブ
 FC町田ゼルビア
 ツエーゲン金沢
 ブラウブリッツ秋田
 SC相模原
 AC長野パルセイロ
 福島ユナイテッドFC
 Y.S.C.C.
 藤枝MYFC
 FC琉球
 JFA/Jリーグ U-22選抜チーム

 また,J2最下位のガイナーレ鳥取とJFL2位のカマタマーレ讃岐が12/1,8に入替戦を行い勝者がJ2・敗者がJ3に参加する事も決定しました。

 そして地域リーグの3クラブ
 グルージャ盛岡(審査第1優先)
 レノファ山口(審査第2優先)
 アスルクラロ沼津(審査第3優先)
 についてもJ3ライセンスが承認されました。成績順に審査の優先順位が付けられここから1クラブのみJ3参入が認められます。3クラブとも財政・運営面では大きな差が無いとも報道されており,現在開催されている地域リーグ決勝大会で唯一決勝ラウンドに進出しているグルージャ盛岡のJ3参入が有力視されています。

 J2-JFL入替戦の終わる12/8には地域リーグからの参入クラブも含めJ3初年度参加のオリジナル12が決定する見込みです。


このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連コンテンツ(Powered by Google)