スポンサードリンク

« 2017年08月 | メイン

2017年09月 アーカイブ

2017年09月01日

a001304

ようこそパルセイロ(堂安憂選手)

 トップチームにびわこ成蹊スポーツ大学からMF堂安憂選手の来季加入内定が発表されました。J3で堂安選手と言えば昨年ガンバ大阪U-23で別格の活躍を見せ今年海外移籍した堂安律選手を思い出しますが堂安憂選手は実兄とのこと。セレッソ大阪の下部組織から創造学園高校に進学,2012年には長野県代表として全国高校サッカー選手権に出場しており長野県にも縁がある選手です。

 高校卒業後に進んだびわこ成蹊スポーツ大学のサッカー部は部員数275人で学連登録7チーム+社会人登録チームの大所帯,堂安選手はトップチームの主力選手として関西学生リーグ1部で活躍中。今年は滋賀県代表として天皇杯にも出場し,チームは1回戦でJFLの強豪HondaFCに敗れましたが堂安選手は先制ゴールを挙げています。試合の記事を幾つか読むとCKやFKでキッカーを務めている様ですね。

 9月に入ったばかりでの内定発表はパルセイロとしては異例の早さ,それだけ期待の大きい有望選手ということでしょうか。楽しみです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年09月02日

a001305

PNL1 2017 第13節 INAC神戸レオネッサ 2-0 パルセイロ・レディース

 プレナスなでしこリーグ1部 2017 第13節(高知県立春野運動公園陸上競技場/観客:1683人)
 INAC神戸レオネッサ 2-0 AC長野パルセイロ・レディース

 今日はレディースのアウェイゲーム,INAC神戸レオネッサ戦でした。会場は2010年にトップチームがJFL昇格への関門を越えた思い出の地でもある高知県立春野陸上競技場,なんでも高知県サッカー協会が女子サッカーに熱心で毎年なでしこリーグの試合を誘致しているとのこと。高知県出身の國澤選手にとっては凱旋試合でもあります。

 今シーズンはスポナビライブやCSが中継から撤退した為基本的に長野でアウェイゲームを観る事は出来ないのですが,INACの場合は自前でホームゲームをネット中継しているとのこと。ありがたく視聴させて貰いましたが普通のテレビ中継となんら遜色の無い放送でビックリしました。クラブとしての圧倒的な体力を感じます。

 試合は立ち上がりから攻め込まれる苦しい展開,13分に失点するとその後も押し込まれる場面が目立ちます。それでも前半終盤から後半立ち上がりにかけてボールを持てる様になり,泊選手や齊藤選手の惜しいシュートもありましたが得点はならず。このままの流れなら同点の目もあるか,と思っていた矢先の61分に追加点を奪われるとその後は反撃に移れず2-0で敗戦となりました。

 改めて振り返ってもやはりINACは強いな,という試合でした。これでリーグ戦3連敗となってしまいましたが次の試合でなんとか連敗を止めたいところです。次節は9/16,Uスタにアルビレックス新潟レディースを迎えてのホームゲームです。

 ※2017シーズン日程・結果表を更新しました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年09月04日

a001306

2017 J3リーグ第21節 AC長野パルセイロ 3-0 ガイナーレ鳥取

 2017 明治安田生命 J3リーグ 第21節 (長野Uスタジアム/観客:3484人)
 AC長野パルセイロ 3-0 ガイナーレ鳥取

 
 ガイナーレ鳥取を迎えて

 昨日はトップチームのホームゲーム,ガイナーレ鳥取戦でした。

 
 守れ家族!蹴散らせ特殊詐欺!スペシャルマッチ と銘打った試合で今年もクリアファイルを貰いました。アーカイブスも更新。

 
 
 
 両チームゴール裏の様子。リーグ再開後の苦しい状況にメッセージ横断幕も。

 横断幕に感じる所があったのか試合開始から猛然と攻め込みわずか3分で東選手が先制ゴール,その後も随分長いこと見られなかったアグレッシブさで追加点を狙います。相手GKのファインセーブなどに阻まれ徐々に息切れかと思った63分,カウンターから三上選手が鮮やかなミドルシュートを叩き込んで待望の追加点。75分にも三上選手が決め,前半から何度かあったピンチも阿部選手のファインセーブなどでしのぎ3-0で勝利となりました。

 
 
 3点も獲ったのいつ以来だろうか,という会心の勝利。鳥取の状態が云々と言う向きもありましたが単純に楽しい試合だったので満足です。

 
 ライオー君も大活躍の三上選手とハイタッチ

 
 
 インタビューは三上選手と浅野監督

 
 
 ラインダンスの後は三上選手が挨拶,今日は彼の日でした

 次節は9/10,UスタにSC相模原を迎えてのホームゲームです。今月はホームゲームが多いのでこの勢いをなんとか持続させて欲しいところです。

 ※2017シーズン日程・結果表を更新しました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年09月09日

a001307

PNL1 2017 第14節 伊賀FCくノ一 0-0 パルセイロ・レディース

 プレナスなでしこリーグ1部 2017 第14節(ならでんフィールド/観客:776人)
 伊賀フットボールクラブくノ一 0-0 AC長野パルセイロ・レディース

 えー,いきなりすみません。前回『次節は9/16,Uスタにアルビレックス新潟レディースを迎えてのホームゲームです。』なんて書きましたが日程表を見間違えてました。正しくは9/9にアウェイで伊賀FCくノ一と対戦,です。

 という訳で今日はレディースのアウェイ伊賀戦でした。会場のならでんフィールドはJFL奈良クラブのホームスタジアム,かつてパルセイロのトップチームでも活躍した現奈良クラブの向選手が試合前セレモニーに来場したとか。

 試合は公式記録と各種コメントしか確認できていませんが前半がパルセイロ・レディースのペースで後半は伊賀ペースだった模様。結果は両チームとも得点を奪えずにスコアレスドロー,なんとか4連敗は免れました。勝てなかったのは悔しいところですが無失点で終えられたのは良かったですね。ざっと結果を見返したら無失点は5/20の埼玉戦以来12試合ぶり?

 次節は(今度こそ)9/16,Uスタにアルビレックス新潟レディースを迎えてのホームゲームです。相手は強敵ですがこちらも連敗が止まったことですしここからリーグ終盤に向けて勝利を重ねて行きたいところです。

 ※2017シーズン日程・結果表を更新しました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年09月11日

a001308

2017 J3リーグ第22節 AC長野パルセイロ 1-0 SC相模原

 2017 明治安田生命 J3リーグ 第22節 (長野Uスタジアム/観客:3669人)
 AC長野パルセイロ 1-0 SC相模原

 
 SC相模原を迎えて

 昨日はトップチームのホームゲーム,SC相模原戦でした。

 
 JAグリーン長野のブースでりんごの木とコラボした限定スイーツ「りんこる」を購入。想像していたよりも甘過ぎず,程よい酸味が効いていて美味しく戴きました。

 
 
 長野市出身のラグビー日本代表,松橋周平選手による始球式。ライオーと営業大橋さんを華麗にかわしトライ。

 
 
 
 
 両チームゴール裏の様子,パルセイロ側は今節もメッセージ横断幕が。相模原サポーターさんは試合が始まるや密集隊形になって塊の様に跳ねており目を引きました。

 試合は一進一退の攻防で24分にはリーグ戦初先発のGK武田選手が相手選手を倒してしまいPK献上,これは厳しいかと思いましたが見事なPKセーブで自らのミスを帳消しにすると後半に入って47分,左サイドから松原選手が絶妙なクロスを上げると萬代選手がドンピシャのヘディングを決めてパルセイロが先制。その後も何度か決定機を迎えますがシュートが枠を捕らえず追加点とはならず,終盤に掛けて相模原に攻め込まれる場面が増えヒヤヒヤしましたが何とか逃げ切って1-0で勝利となりました。開幕戦・第2節以来,今シーズン2度目のリーグ戦連勝です。

 
 
 9月も半ばに差し掛かってようやく2度目の連勝という状況でも判るとおり,今シーズンここまでイマイチ乗り切れない試合が続いていたので前節の快勝にも客足は鈍く。しかしここにきてようやくチーム状態に上向きの兆しが見え始めたのでこの調子を持続出来れば集客面でも好循環が生まれそうです。

 
 
 インタビューは萬代選手と浅野監督

 
 
 ラインダンスの後は萬代選手と武田選手が挨拶

 次節は9/17,アウェイでFC東京U-23と対戦。9/20にUスタでの天皇杯を挟んで9/24にはUスタにガンバ大阪U-23を迎えてのホームゲームと過密日程が続きます。

 ※2017シーズン日程・結果表を更新しました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年09月16日

a001310

PNL1 2017 第15節 パルセイロ・レディース 0-1 アルビレックス新潟レディース

 プレナスなでしこリーグ1部 2017 第15節(長野Uスタジアム/観客:1810人)
 AC長野パルセイロ・レディース 0-1 アルビレックス新潟レディース

 
 アルビレックス新潟レディースを迎えて

 今日はレディースのホームゲームでした。

 
 明治安田生命長野支社サンクスマッチと銘打ってうちわが配布されました。ライトくんもうちわを持ってポーズ。(アーカイブスを更新しました。)

 
 
 
 キックオフ直前に入場したので両サポーターとも既に臨戦態勢。

 
 キックオフに先立ちセレモニー。先日の試合で齊藤選手が100試合,今日の試合で中野選手が250試合出場達成です。

 試合は16分に失点し0-1で敗戦。監督や選手のコメントなどを見ると前半は最近練習を重ねた新しいシステムで臨んだもののフィットしなかったとのこと,なかなか結果が出ない中で試行錯誤を続けている様子がうかがえます。後半は少ないながらも何度か決定機を作れましたがもう一歩といったところ。

 
 
 怖い物知らずで快進撃を続けていた時期に比べると随分減ってしまいましたがそれでもリーグでは上位の観客数。私たちは声援で選手を後押しするしかありません。

 
 次節は9/24にアウェイでちふれASエルフェン埼玉と対戦。次回ホームゲームは9/30,Uスタにノジマステラ神奈川相模原を迎えます。

 ※2017シーズン日程・結果表を更新しました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年09月17日

a001311

2017 J3リーグ第23節 FC東京U-23 1-0 AC長野パルセイロ

 2017 明治安田生命 J3リーグ 第23節 (江東区夢の島競技場/観客:1227人)
 FC東京U-23 1-0 AC長野パルセイロ

 本日アウェイで行われたFC東京U-23戦はオーバーエイジ枠をフル活用した相手に0-1で敗戦。出場選手を見た時は流石にババ引いた感もありましたが,最初からこういった可能性があるレギュレーションだと判っていたことなので今日の試合でのフル活用にも特に不満はありません。この敗戦で今シーズンの目標達成は厳しいというよりもう現実的ではなくなったかなといった印象です。

 次の試合は9/20,Uスタにジュビロ磐田を迎えての天皇杯。リーグ戦次節は9/24,こちらもUスタにガンバ大阪U-23を迎えてのホームゲームです。

 ※2017シーズン日程・結果表を更新しました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年09月21日

a001314

第97回天皇杯4回戦 AC長野パルセイロ 0-1 ジュビロ磐田

 第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会4回戦(長野Uスタジアム/観客:6276人)
 AC長野パルセイロ 0-1 ジュビロ磐田

 
 天皇杯4回戦 vsジュビロ磐田

 昨日はUスタで天皇杯4回戦でした。

 
 南長野に着くと平日にも関わらず開場待ちの待機列がビクトリーロードから噴水の裏までズラリ。リーグ戦でもこんなに並んでいるのは見たことがありません。

 
 
 試合開始直前両ゴール裏の様子。ジュビロ磐田は中村選手や川又選手といった主力は不在でしたが昨年パルセイロで活躍した三浦龍輝選手が先発フル出場,選手紹介ではパルセイロサポーターから一際大きな拍手が。

 試合の様子を幾つか。
 
 
 
 
 
 
 
 試合は普通にやったらまあそうなるよね,といった感じで基本的に磐田ペース。パルセイロもなんとか守ってはいますがボールを奪えたところで相手選手の寄せが速くまともに前も向けない様な状態。それでも0-0で前半を終えましたが後半に入って52分,ゴール前でクロスを上げられるとヘディングシュートで失点。逆サイドから見ていたのでクロスがそのままポッカリ空いたスペースを突いてゴールへ入った様にも見えましたがいづれにせよちょっと勿体無い形。その後終盤にかけて選手交代し何度かチャンスらしい場面を作って応援のボルテージも一気に上がりましたが追いつくことは出来ず0-1で敗戦となりました。

 
 入場者数はリーグ戦でもなかなか無い6000人越え。しかし今日は売店がスタジアム全体でたった3店とリーグ戦の1/3ほどしかなく完全にパンク状態。試合前やHTはもちろん,試合中も長蛇の列で結局購入を諦めてしまいました。リーグ戦と違い県協会の仕切りでしたが3回戦までの様に2~3000人と踏んでいたのでしょうか。

 
 
 天皇杯の快進撃も4回戦で終了。ただ感傷に耽る暇も無く次の試合は9/24,Uスタにガンバ大阪U-23を迎えてのホームゲームです。

 ※2017シーズン日程・結果表を更新しました。

 
 最後に三浦龍輝選手が挨拶に来てくれました。頑張れ!

 ■トーナメント表(4回戦~決勝)
トーナメント表(4回戦~決勝)

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

About 2017年09月

2017年09月にブログ「ぬけがら」に投稿されたすべてのエントリです。新しい順に並んでいます。

前のアーカイブは2017年08月です。

他にも多くのエントリがあります。メインページアーカイブページも見てください。

スポンサードリンク

Powered by
Movable Type
@Style