スポンサードリンク

« AC長野パルセイロ・レディース 2018シーズン 新加入選手会見 | メイン | 2018 AC長野パルセイロ新体制発表会 »

AC長野パルセイロ 2018シーズン 新加入選手会見

 
レディースに続いてトップチームの2018シーズン新加入選手会見が行われました。こちらもレディース同様に撮影やSNSなどへのアップに制限無しということなのでまとめました。なお,全文書き起こしではないのでかなり要約したり端折ったりしています。聞き間違えもあるかと思いますので御了承下さい。

 
浅野監督
今年こそ昨年達成できなかった目標を達成すべく,ここに居る新加入の選手達・既存の選手達,パルセイロに関わる全ての皆さまと共に1年間しっかり戦っていきたいと思っております。新加入選手達にしっかりと力を発揮してもらってJ3優勝,そしてJ2昇格という確固たる目標に向けて精一杯努力して参ります。今年1年間,改めてよろしくお願いいたします。

―昨年は得点力不足が課題の一年だった。攻撃陣を中心に補強して新しいメンバーとどんなサッカーを展開したいか。

基本的に私のサッカーのスタイルを大幅に変えるつもりはないので前線の選手にも守備の意識を持って貰わなければならない。が,昨シーズンの課題である得点力を上げるためにある程度前線の選手に対する守備の負担は考えないといけない。前線の選手がストロングポイントを出せるようにするのが大切。なかなか個で突破できなかったのが去年の課題なのでそのような補強をした。


 
MF 河合 秀人(ガイナーレ鳥取から移籍)
J2昇格に向けて全力で頑張る。得点やアシストに絡むプレーを見て欲しい。

―移籍を決断した理由は

長野パルセイロという素晴らしいクラブに声を掛けて頂き熱意を感じた。J3優勝・J2昇格に貢献したいと思い移籍を決断した。

―今期の目標は

二桁得点が最低限の目標。チームの為にハードワークしたい。

―昨年対戦したパルセイロの印象は

Uスタで大敗(長野3-0鳥取)しスタジアムの雰囲気・迫力を感じた。やっているサッカーも面白くて良いチームだと思っていた。

―今期パルセイロでどんな役割を担いたいか

左サイドが主戦場になると思うので前線からのハードワーク,サイドから起点を作ってチャンスメイクだったりフィニッシュの精度を上げて結果を出したい。


 
FW 津田 知宏(横浜FCから移籍)
AC長野パルセイロに入団することになり,関わった皆さんに感謝。恩を返せる様に頑張りたい。(チームの)若返りという面では外れているかもしれないが得点でJ2昇格に貢献したい。

―移籍を決断した理由は

トライアウトの後に連絡を頂き,美濃部GM・小笠原強化Dとは徳島でも一緒にやっており信頼があったので決断した。

―今期の目標は

J2昇格の為にチャンスメイクとフィニッシュで貢献したい

―具体的な数字は

チームがJ2昇格した時に目標が達成できたと思って頂ければ

―新加入選手の中で一番のベテランだが求められているものは

若い選手と一緒にこの場に居るということはピッチ内での結果が求められていると思っている。個人的には何年か得点から遠ざかっているが普段の練習から得意な形を磨いている。とにかく結果が求められている。

―熾烈なFW争いとなるが

良い選手が揃っているし若い選手も意気込みを持っている。自分も負けない様にやっていく。プロ14年目になるが自分の形があるのでそのスタイルは変えずにチャレンジしたい。楽しみにしている。


 
DF 内田 恭兵(京都サンガFCから移籍)
ポジションはSBとサイド全般,スピードに自信があるので攻撃参加でも貢献したい。

―移籍を決断した理由は

昨年京都でパルセイロと練習試合をした際に面白いサッカーをすると思った。契約満了時に声を掛けて頂き,小笠原強化Dに高く評価して頂いたので移籍を決断した。

―今期の目標は

SBをやることが多いと思うのでクロスでのアシストをチーム内で一番取りたい


 
GK 小澤 章人(ブラウブリッツ秋田から移籍)
昨シーズン(秋田で)J3優勝したのでその経験を長野に持ってきたい。J2昇格に向けて頑張ります。

―移籍を決断した理由は

信頼している小笠原強化Dに声を掛けて頂いた。アウェイでUスタに来たときに迫力があってこのチームでやりたいと思ったので決断した。

―今期の目標は

パルセイロには素晴らしいGKが二人おりそこに勝たないと試合に出られないので日々のトレーニングから負けない様に頑張りたい

―昨年対戦したパルセイロの印象は

守備が堅くて攻撃も迫力があるチームという印象。

―今期パルセイロでどんな役割を担いたいか

GKの中で最年少なのでGK陣を盛り上げてJ2昇格に貢献したい


 
MF 松村 亮(ヴィッセル神戸から移籍)
J2昇格に向けて自分の持ち味であるスピードやドリブルを生かして我武者羅にゴールを狙って貢献したい

―移籍を決断した理由は

去年の夏にも声を掛けて頂いたがそのときには決断できなかった。トライアウト後にもう一度声を掛けて頂き,神戸を満了になっていたことからこのチームで這い上がりたいと思い決断した。

―今期の目標は

10点以上取ってチームの優勝に貢献したい


 
MF 堂安 憂(びわこ成蹊スポーツ大学から加入)
ポジションはSHとトップ下,スピードに乗ったドリブルとプレースキックが持ち味。J2昇格に貢献したい。

―浅野監督の印象は

体が大きく威圧感があるので怖い印象だったが実際は話しやすく優しい監督だった。

―パルセイロへ入団を決断した理由は

春先から自分を見てくれていた。長野県の高校(創造学園)出身で練習試合で対戦したこともあり良いチームだと思っていた。このチームでJ2昇格に貢献したいと思い決断した。

―今期目標としている数字を具体的に

具体的な数字は難しいが得点だけでなくアシストも取りたい。1年目とかは関係ないのでスタメンを狙いたい。

―高校時代を長野県で過ごしたがプロの第一歩を長野でスタートすることについて

高校で長野県にお世話になり温かい人が多いイメージ,こうして長野県に戻って来れたことは縁があると感じる。長野県でプロのスタートが切れることは幸せ。


 
FW 竹下 玲王(関西大学から加入)
ポジションはFW,特徴は裏への飛び出しと運動量。1年目だがチームにとって重要な存在となりJ3優勝・J2昇格に貢献したい。

―浅野監督の印象は

昨年に練習参加した際,気さくに話しかけてくれたので良い人だと思った。熱くてサッカーにしっかり向き合っている人という印象。

―パルセイロへ入団を決断した理由は

試合を観てサッカーは勿論,サポーターも熱心でJ2昇格という目標に向けて選手もサポーターも一つになっている。母校の関西大学も応援とピッチ内が一体となって戦うスタイルなので魅力を感じた。

―今期目標としている数字を具体的に

1年目だが試合に絡みたい。半分以上はしっかりスタメンとして出場し二桁得点を目標にしたい。

―プロサッカー選手は憧れだと思うがこれからの夢は

プロは一つの目標だった。子供達に夢や目標を持って貰えるような選手になりたい。


■小笠原強化ダイレクターによる選手評

限られた予算の中で監督と協議をしながら新加入選手を獲得した。昨年の反省点である得点力アップと若返り,そういった面を中心に補強を進めた。前線の選手はチャンスメイク及び結果の出せる選手と期待している。

河合:左サイドから入っていくプレーを見て(チームの補強ポイントに)合致した。J2昇格に向け非常に大事な選手,必要な選手なので獲得した。チャンスメイクだけでなく得点にも期待している。

津田:美濃部GMと徳島で一緒にやっていて得点センスが群を抜いている。得点を取ってもらうことが最大任務,J2昇格の得点源と考えている。

内田:ディフェンスの選手だが攻撃に参加できるSB。スピードもアタッキング力も高い物を持っている。SBだけでなくサイド全般をこなせる。サイドからのクロスも優れているので獲得した。

小澤:大学時代から潜在能力が高く,昨年秋田で前半戦の主力となり優勝も経験している。J2昇格に向けGK争いの中でもっとレベルアップできる選手。シュートストップはもちろんフィードキックも優れている。

松村:年齢的にもまだ若い。これからキャリアアップする。トップ下もサイドハーフから切り込むこともできる。個の部分,ドリブルで切り裂いて行ける部分が優れているので獲得した。

堂安:大学時代に対戦しておりやっかいな選手と思っていた(注:小笠原強化Dは2013~2016京都産業大学ヘッドコーチ)。春先から美濃部GMと視察しており獲得となった。ボールテクニックは勿論キッカーとして優れている。

竹下:こちらも大学時代に対戦しておりやっかいな選手と思っていた。運動量と背後の飛び出しのスピードは関西でも群を抜いている。


このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連コンテンツ(Powered by Google)

コメントを投稿