スポンサードリンク

« 第22回長野県サッカー選手権 トーナメント表 | メイン | 2016 J3リーグ第25節 AC長野パルセイロ 1-0 大分トリニータ »

PNL1 2016 第17節 日テレ・ベレーザ 0-2 パルセイロ・レディース

 プレナスなでしこリーグ1部 2016 第17節(多摩市立陸上競技場/観客:1189人)
 日テレ・ベレーザ 0-2 AC長野パルセイロ・レディース

 アウェイで行われた日テレ・ベレーザ戦,CSで生中継があったのでテレビ観戦。前節ですでにリーグ優勝を決めている日テレは特にメンバーを落とさず主力選手を揃えてきました。

 前期の対戦では大宮選手のゴールで1点を返したものの攻守に渡り圧倒的な力の差を見せ付けられ1-5で完敗となったパルセイロ・レディース,今日も前半から日テレにゲームを支配される苦しい展開となりましたがなんとか無失点でしのぎます。すると21分,横山選手が自陣でボールを受けると日テレの村松・有吉・岩清水といった日本代表DF3人を翻弄しながらドリブルで駆け上がりPA外からシュートを叩き込む圧巻の先制ゴール。パルセイロ・レディースが1-0でリードして後半に入ると日テレの攻勢がますます強まり防戦一方。67分にはPA内で相手選手を倒してしまいPK献上,遂に失点かと思いましたがこのPKを林﨑選手が完璧に読み切ってキャッチ。直後のカウンターで攻め上がった横山選手が相手DFをごっそり引き付けるとフリーになった泊選手へパス,これをきっちり決めて2-0とリードを広げます。パルセイロ・レディースが後半に放ったシュートはこの1本だけ,逆に日テレからは後半だけで10本ものシュートを浴びますが林﨑選手のファインセーブや全員体を張っての守備で守りきり2-0で勝利となりました。

 前期の対戦で実力を見せ付けられた上に日テレは公式戦11試合連続無失点中ということで試合前はとにかく日テレから点を取りたい,あわよくば失点も最小限に抑えて勝点を…と考えていたので2-0での勝利はちょっと信じられないくらい嬉しいです。試合後のヒロインインタビューは横山選手でこれには全く異論ありませんが今日は林﨑選手も横山選手に匹敵する活躍,全員気持ちの入った素晴らしいプレーで勝ち取った勝利の中でも特にこの2人の活躍が際立ちました。

 次節は10/23,南長野にベガルタ仙台レディースを迎えてのリーグ最終戦です。リーグ戦を締めくくり皇后杯に勢いを付けるいい試合にして欲しいですね。

 ※2016シーズン日程・結果表を更新しました。


このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連コンテンツ(Powered by Google)

コメントを投稿