スポンサードリンク

« ようこそパルセイロ(立川小太郎選手) | メイン | 2019シーズン カウントダウンバナー運用開始 »

2019 AC長野パルセイロ新体制発表会

 本日行われた 2019 AC長野パルセイロ新体制発表会 に参加してきました。公演中は許可された場面(恐らく新ユニフォームお披露目時のフォトセッションのこと)以外撮影禁止,その写真もSNSでの公開禁止というアナウンスだったので今日の写真は以下の2枚のみ。

 
 公演開始直前にskyを歌うサポーター

 
 公演終了後に展示されていた新ユニフォーム(左:レディース/右:トップチーム)

 発表会は概ね例年通り,背番号順にトップ・レディース選手入場⇒堀江社長挨拶(そういえば退任の報道もありましたが…?)⇒スローガン発表『一体感 for Dream!』⇒トップチーム横山監督挨拶⇒レディース本田監督挨拶⇒ユニフォーム発表⇒ホームタウンパートナープレーヤー抽選(後述)⇒新加入選手紹介コーナー⇒ダルマ目入れ⇒選手代表挨拶 といった流れ。

 ホームタウンパートナープレーヤーは今年から始まった試みで,トップ・レディースの全選手をホームタウン担当に割り当てて1年間担当市町村のイベント参加などで地域交流を図るという物。むしろ何で今までやらなかったんだと思うくらい良い試みだと思います。

 時間の都合か,代わりに無くなったのが選手の余興的な出し物。個人的にはこれが苦手だったので無くなってもどうということはないのですが,逆にこれを毎年楽しみにしているサポーターも多いでしょうからここは人によって感想が分かれそう。

 で,例年だとここでトップ/レディースの正副キャプテンが発表となるのですが。今年は昨日のレディース始動で横山キャプテン/池ヶ谷・野口副キャプテンが発表され驚いていたら今日の選手入場時にトップチームの正副キャプテンは後日公式サイトで発表とのアナウンスがあり唖然。一体何の為の新体制発表会なのか…。

 しかし最後に『トップチーム選手代表』として登壇した遠藤選手の挨拶からは今年に賭ける覚悟・意気込みが伝わり痺れました。後日youtubeにダイジェスト動画がアップされるとのことですがこの挨拶は是非入れて欲しいです。レディース横山キャプテンの挨拶も,人前で話すのは苦手と言いながらも一生懸命自分の言葉で伝えようとする姿勢がとても好印象でした。

 正直発表会自体の運営進行は過去屈指のグダグダ感といった様相だったのですが,選手達は例年より引き締まった印象で好感触でした。仮に直近で思う様な結果が出なくともこの姿勢を続けられれば長い目で見て良い方向に行きそうな気がします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連コンテンツ(Powered by Google)

コメントを投稿