スポンサードリンク

« 第14回JFL第25節 V・ファーレン長崎 2-2 AC長野パルセイロ | メイン | PCL2012 第18節 パルセイロ・レディース 1-1 愛媛FCレディース »

第14回JFL第26節 横河武蔵野FC 1-1 AC長野パルセイロ

 第14回JFL第26節(武蔵野陸上競技場/観客:1312人)
 横河武蔵野FC 1-1 AC長野パルセイロ

 パブリックビューイング
 今日はパブリックビューイングで応援

 比較的近場で交通の便も良い首都圏という事もあってか沢山のサポーターが現地に駆け付けた様で,時折映るアウェイ側スタンドはオレンジ一色に埋め尽くされていました。皆が現地に行って応援したのでそれに反比例してNBSホールのパブリックビューイングは目算で100人強と,いつもに比べると少々寂しい入り。それでもタオルマフラーを掲げチャント&コールで楽しく応援しました。

 さて,試合ですが前節が勝ち気分のドローなら今日は負け気分のドローといった感じ。前半は横河武蔵野の堅い守備に攻めあぐね,時折ピンチもあってなかなか厳しい展開。0-0で迎えた後半は一転パルセイロペースになり途中出場の松尾選手が惜しい場面を作るなど攻勢,すると終盤の84分にPKを獲得しこれを宇野沢選手がキッチリ決めて先制。よしこれで今日の試合はもらった!と思ったのもつかの間,直後のプレーで今度は横河武蔵野にPKを与えてしまいます。キッカーは昨年までパルセイロに在籍した冨岡選手,諏訪選手が反応し体に当てますが弾いたボールは無情にもそのままゴールへ吸い込まれ同点。その後もパルセイロが怒涛の攻撃を仕掛けますが最後まで横河武蔵野の堅い守備に阻まれこのまま試合終了,無念のドローとなりました。

 薩川監督
 インタビューに答える薩川監督

 試合後のインタビューで開口一番『やっちまったなあ…』と肩を落とす薩川監督。画面を通しても伝わって来るわかりやすい凹みっぷり,このフランクさが監督の大きな魅力でもありますが今日の借りは来月の天皇杯で返すと約束してくれました。

 休み番や先行消化もあってリーグ戦はしばらくお休み。次戦は10/10の天皇杯3回戦,札幌厚別で横河武蔵野FCとの対戦です。今日の分も含めて札幌で勝ちましょう!


このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連コンテンツ(Powered by Google)

コメントを投稿